« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013/03/28

【レビュー】シュガーマン 奇跡に愛された男

あらゆる時代において人は自分に与えられた使命を精一杯に全うしたいと願う。そしてそれが叶う者もいれば、叶わずシーンから消え去っていく者もいる。ロドリゲスと呼ばれたアーティストは後者の典型だった。

60年代、彼はデトロイトの街角にギターを抱えてフラリと現れた。彼の奏でる鮮烈な音楽はプロデューサーの目と耳に留まる。寂れたバーの、タバコの煙が立ちこめるその向こう側から聞こえてきたのは、心に突き刺さるリリック。そして胸を揺るがすギターの音色。プロデューサーらは「これこそ探し求めてきた音楽だ!」と確信する。しかし現実は厳しいものだった。肝入りで製作されたロドリゲスのアルバム2枚はいずれも鳴かず飛ばず。契約は打ち切りとなり、彼は音楽業界から消えていく。彼を知る者の間では実しやかな伝説だけが伝えられた。ロドリゲス?ああ、どうやら彼は、ライブの途中で拳銃自殺を計ったとかー。

Sugarman
ドキュメンタリー映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』は、原題の"Serching for Sugar Man"そのままに、ロドリゲスの“その後”を辿る旅である。けれど、これは決して敗者の弁を聴きにいく旅ではない。というのも、ロドリゲスが不在のうちに事態は大きく動いていたから。彼は確かにアメリカでは不発だったが、彼の音楽は時代を超え、国境を越え、いつしか南アフリカにてアパルトヘイト撤廃運動の象徴的楽曲として人々の心の中で鳴り響いていたのだ。

後半はそのロドリゲス本人の消息を追い求めて、点と線を繋ぐロードムービーとしてカメラは大陸を果敢に行き来していく。人は「奇跡の映画」と言うかもしれない。だが、この映画は2段構えの驚きで出来ている。

ひとつは我々がまだグローバルという言葉の意味を知らなかった時代、国境がまだまだあまりにも高くて乗り越えられなかった時代に、本国アメリカで苦杯を舐めた楽曲が遠い遠い国を苦しみの過去から解き放ったソウルソングとして絶大なる支持を集めたという事実。筆者はこの顛末に、かつてドラえもんの映画にあったような「畳の向こう側に広がる別の惑星では、のび太も無敵のスーパーマン」といった人生大逆転のカタルシスを彷彿とした。この星のどこかにはきっと自分の才能を理解してくれる人がいる。そうだ、頑張れば報われるのだ。よし、俺もこの奇跡を信じて、精一杯がんばってみようじゃないか!

そんな安直な感慨は、ふたつめの驚きでガツンとやられる。それはロドリゲスの生き方にあった。彼自身はあまり多く物事を語らない。その代わりに彼の音楽が存在し、そしてサングラスをかけた彼はいつも優しく微笑んでいる。クライマックスで明かされる彼の子供達が語るエピソードには胸が震えた。父がどのようにして自分たちを育て、生きてきたのか。決してヨイトマケの歌のように寝食惜しんで働き続けたことを強調するわけでもない。

なんと彼は2枚のアルバムをリリースして撃沈した後も、別段変わりなく穏やかに暮らし続けたというのだ。彼の人生においては絶望も、成功も、挫折も、屈折も存在しない。あともう2年続けていたら、という後悔さえもまるでない。彼には自分の音楽活動のために子供らを犠牲にしようなどといった想いは毛頭なかったのだろう。そして彼にとって音楽とは、別に売れようが売れまいがスタンスに違いのない、日常の中のテラスから注ぎ込む日差し、美しいものに触れたときの微笑みと同意語のような表現手段だったに違いない。しかし逆説的にいうと、だからこそ彼の人生にはクリエイティビティを失う瞬間など一度もなかったのだ。

Sugaeman02
そのことは彼の娘たちを見ていてもよくわかる。彼女らは父について「貧乏なはずなのに、必要なことには惜しまずお金を費やしてくれた。時間があれば美術館や博物館につれていってくれた」と語る。彼女たちが楽器を弾けるのか、あるいはソウルフルな歌が歌えるのかについては分からないが、ロドリゲスのアーティスティックな感性は別の形で受け継がれていることが、その表情、発言、服装、自宅の調度品の数々から自ずと伝わってくる。

また、ロドリゲスと一緒に建設現場で働いていたという男は、「彼はいつもジャケットを羽織ってきちんとした身なりで現れた」と語る。まさか隣で汗水垂らして労働していた同僚がそんなに凄いミュージシャンだったなんて、彼は想いもしなかっただろう。けれどそんな事実について同僚は素直に「嬉しかった」と語る。その瞬間に、なぜだか分からないが、筆者の目から涙がこぼれた。

身近なところに神様はいる。そして本当の神様は、自分が神様であることすら気づかずに、いつも笑顔で、苦を語らず、穏やかに笑っている。『シュガーマン 奇跡に愛された男』が示す最も大きな奇跡とは、革命やセンセーションではなく、ロドリゲスがそのようにして生きてきたという人生の証だ。誰もがそう生きたいと願う。しかしそう簡単にはいかない。"Serching for Sugar Man"とはそんな、神をめぐる宗教的な物語のようにさえ思えてくるのだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2013/03/27

【レビュー】イノセントガーデン "STOKER"

『イノセントガーデン』という英国庭園風な、ともすれば韓国ドラマ風にも思える邦題が付けられているが、原題は"STOKER"。これを見ると瞬間的にアンドレイ・タルコフスキーの名作やロビン・ウィリアムズ主演のサイコサスペンス、果てには「ドラキュラ」を執筆した作家ブラム・ストーカーなども思い浮かべる人もいるだろうから、映画業界にとっては少々厄介な原題かもしれない。ちなみに本作の中では巨大な屋敷に暮らす主人公一家の“名字”として掲げられる象徴的なものだ。

Stoker
この家族、といっても母と18歳の誕生日を迎えたばかりの娘といったふたりなのだが、なんだか変。そもそも物語が始動すると同時に怪死した父親の葬儀が行われているし、母親は夫が死んだのにそれほど落ち込んだ様子でもない。娘に至ってはそれが生まれ持った性格なのか、常に気難しい顔をして自分の精神世界に埋没している。

そんな彼らの元に“死んだ父の弟”を名乗る男性が現れる。これまで実家に寄り付かず、世界中を放浪して暮らしてきたのだそうだ。完璧な容姿、それに優雅な物腰を併せ持つ彼が「しばらくここに居てもいいかな?」と切り出したことで一家の関係性は少しずつ変容していく。しかしその分、彼らの周囲ではおかしな事件が立て続けに起こる。登場人物の言を借りれば「周囲から人が消えていく・・・」のだった。果たしてストーカー家では何が起きているのか。そしてこの奇妙な伯父さんの目的、そして正体とはー。

監督を務めるのは『オールドボーイ』などで知られる韓国の奇才パク・チャヌク。これがハリウッド初進出作となるわけだが、それにしても今回、彼はあまりに高い評価を手にしている。まさに観客がアジアの枠組みではなく、ワールドワイドな物差しでもって彼の真価を計る機会が訪れ、それが見事に結実したというわけだ。

Stoker02
まずもってその映像美に圧倒される。冒頭、シャッターを切るかのように一瞬停止しては再び流れ行く映像世界に、主人公の少女のモノローグがかぶさっていく。そもそもシークエンスとは瞬間の点描であり、また一連の淀みない流れでもある。18歳の誕生日を経て生まれ変わった彼女の意識も、そして人生もまたこれに同じ。そんな理解が冒頭とクライマックスに2度、観客の中の滝壺へと華麗に流れ落ちてくる。

韓国時代には壮麗な音楽のもとで時にこれ見よがしにも思えることもあったパク・チャヌクの映像演出だが、本作ではクリント・マンセルのピアノ曲が耳に小鳥のさえずりのようなささやかな刺激を与えながら、それが見事に血肉化されてひとつの身体の中に結実していく。誕生日ケーキを彩るロウソクの煙。道路に伸びる黄色の標示、庭園を包み込む緑。屋敷内の暗黒。足下から忍び込む蜘蛛。人混みを掻き分けて紡がれる視線と視線の交錯。そしてパク・チャヌク作品では珍しいほど一点集中的に炸裂する鮮血ー。

ほんのワンシーンを撮り上げるのにどれだけの趣向が、芸術性が詰まっていることか。そのすべてが調和して川のように流れ行く。それでいてこの映画は観客に、我々の向かうべき場所をも決して見失わせない。ヒッチコック的なミステリーの様式を保ちながら、気品豊かに終着地に向けたダンスが旋回していく様は極めて心地よいものだ。

また、この映画で少女は言う。「私はとても耳がいい。遠くのいろんな物事が聞こえてくる」。その言葉通り、彼女の耳は視覚に先行して様々な音をキャッチする。その意味でも本作における“サウンド”は非常に重要な位置を占めている。つまりは18歳になったばかりの少女の心理状況を視覚的、聴覚的、そしてひとつの鮮烈な寓話世界において覗き見て、なおかつ体感するのがこの"STOKER"という映画なのだろう。

と同時に、この広大なストーカー家の屋敷がそのまま家名に潜む闇やヒロインの血、そして深層心理をめぐる迷宮でもあることを、観客は深く飲み込みながらも、その結果、何にも増して静かに茂みに分け入るおぞましくも神秘的な筆致に目が眩み、なおかつ陶酔してしまうことだろう。

Stoker03
え?例の奇妙な伯父さんの正体は誰なのか、って?

それに触れる事は本作の結末を明かすことにも繋がるので、ぜひご自分の目で見極めてほしい。

ちなみに本作の原案と脚本を手がけたのはTVシリーズ「プリズン・ブレイク」の俳優ウェントワース・ミラーだというから驚きだ。彼は一発屋として消えてしまったのかと思いきや、ずっと脚本を書いていた。そして本作が「どうせ俳優が書いた脚本だろ」と一蹴されてしまうことを恐れてペンネームで発表した。その結果は見ての通り。最初は1プロットだけ自分で書いてみようと始めたところ、結局最後まで書き上げてしまったそうだ。

先日ニューズウィークを読んでいたら彼のインタビューが掲載されていた。面白かったのは「プリズン・ブレイク」時代に多くの仕事人たちと一緒にやれたことで多くを学んだと語っていたこと。彼の周囲では毎回、脚本家たちが複雑なプロットを繋ぎ合わせてブレスレスな展開を作り出していた。そんな仕事ぶりに自ずと実践的なドラマの紡ぎ方を学んだそうだ。

なるほど、人生とはやはり、様々な点描の積み重ねのようなもの、らしい。無駄な瞬間など何一つ存在しない。


この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2013/03/25

【興行】北米週末TOP10Mar22-24

先週までの復習は各自こちらにて行ってください。

【Mar.22-24 weekend 推計

01 The Croods $44.7M
02 Olympus Has Fallen $30.5M
03 Oz The Great and Powerful  $22.0M

04 The Call $8.7M
05 Admission  $6.4M
06 Spring Breakers $5.0M
07 The Incredible Burt Wonderstone  $4.3M
08 Jack the Giant Slayer  $2.9M
09 Identity Thief  $2.5M
10 Snitch  $1.9M

■ドリームワークスの3Dアニメーション"The Croods"が首位獲得。同じタイミングで封切りされたアクション大作"Olympus Has Fallen"に1千万ドル以上の大差を付けてのフィニッシュになるなんて、ちょっとした驚きだ。過去のドリームワークス作品のオープニング興収では"How to Train Your Dragon"が4370万ドル、"Megamind"が4600万ドルという値を記録しているが、"The Croods"もそれに並ぶ数字ということになる。観客層は女性の比率がやや多くて57パーセント、そして本来ならアニメーションはファミリー層への訴求力が強まって然るべきだが、本作に限っては年齢層がやや高く。25歳以上の観客が55パーセントを占めるという。ちなみに3Dシェアは38パーセントにとどまっている。制作費は1億3500万ドル。

■さて、アクション映画に厳しい風当たりの続く米映画興行だが、アントワン・フークア監督によるホワイトハウス占拠を題材にしたアクション・スリラー"Olympus Has Fallen"も初登場首位を獲れなかった点においてはやや苦味が残るが、けれど3050万ドルという数字だけ見るとなかなかの好スタートと言える。こちらはジェラルド・バトラーやアーロン・エッカート、それにモーガン・フリーマンらが揃い踏み。観客層を見ると、男性客が53パーセントとややリードし、一方の年齢層では25歳以上が73パーセントを占めた。制作費は7000万ドル。

ちなみにソニーが準備中のローランド。エメリッヒ監督作"White House Down"もおんなじホワイトハウス占拠アクションとなる予定。こちらは6月末の公開で、チャニング・テイタムとジェイミー・フォックスが主演する。

■3位の"Oz"は先週末に比べて47パーセントの下落ながらも、いまだ2000万ドル級の興収をキープしている。公開17日目にして累計は1億7760万ドルに達している。

■ティナ・フェイとポール・ラッドというコメディ界の人気者がタッグを組んだ"Admission"は思い通りの成果が上げられず苦杯を舐める結果に。

■逆に今週になってアートシーンより急激に飛び出してきたのが、「Kids」や「ガンモ」といった作品群で知られるハーモニー・コリン監督による"Spring Breakers"だ。先週末に全米3館にて限定公開され、1館あたりのアベレージ興収8万7千ドルを記録した本作。前週よりも劇場数が1100館も増え、一気にTOP10入り。口コミが功を奏したのか興行も500万ドルと手堅い数字を獲得している。制作費は200万ドル。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2013/03/18

【興行】北米週末TOP10 Mar15-17

先週までの復習は各自こちらにて行ってください。

【Mar.15-17 weekend 推計

01 Oz The Great and Powerful  $42.2M
02 The Call $17.1M
03 The Incredble Burt Wonderstone  $10.3M

04 Jack the Giant Slayer  $6.2M
05 Identity Thief  $4.5
M
06 Snitch  $3.5M
07 21 and Over  $2.6M
08 Silver Linings Playbook  $3.7M
09 Safe Haven  $2.5M
10 Escape from Planet Earth  $2.3M

■興行レビューは執筆中・・・。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2013/03/11

【興行】北米週末TOP10 Mar.08-10

先週までの復習は各自こちらにて行ってください。

【Mar.08-10 weekend 推計

01 Oz The Great and powerful  $80.3M
02 Jack the Giant Slayer $10.0M
03 Identity Thief  $6.3M
 
04 Dead Man Down  $5.3M
05 Snitch  $5.1M
06 21 and Over  $5.0M
07 Safe Haven  $3.8M
08 Silver Linings Playbook  $3.7M
09 Escape From the Planet Earth  $3.2M
10 The Last Exorcism Part2  $3.1M

■『スパイダーマン』シリーズのサム・ライミ監督が手がける"OZ The Great and the Powerful"が初登場1位を記録。奇才ライミの面目躍如となったばかりか、主演のジェームズ・フランコにしても、当初ロバート・ダウニーJr.だったキャスティングの穴を埋める以上の働きを見せつけることに。本作のオープニング興収は8000万ドル。観客層は同じディズニーによる"Alice in Wonderland"とも大きく被りそうだが、興収の面では"Alice"のほうがオープニング興収だけで1億ドルを越えるなど、『アバター』に続く3Dの黎明期なりの猛ダッシュを記録したことは記憶に新しい。制作費は2億1500万ドル。

観客層をひもとくと、男女比は女性の方が52パーセントと若干のリード。ファミリー層は41パーセント、カップル層は43パーセントを占めているとのこと。単なるファミリームービーというだけではないようだ。

■2位は先週の首位から1ランクダウンの"Jack the Giant Slayer"。通常は先週比50パーセント程度の下落率に留まるところを63パーセントも下落しており、累計興収は4400万ドル近辺に留まっている。制作費が2億ドルもかかっているだけに、日本をはじめとする世界興収にて巻き返しを計りたいところだが・・・。

■3位の"Identity Thief"は依然として好調が続く。累計興収は1億1650万ドル。早くもセス・ゴードン監督による過去のヒット作、"Horrible Bosses"や"Four Christmas"の最終興収と並んでおり、キャリア最高値を更新していくことになりそうだ。

■初登場"Dead Man Down"もオープニング興収535万ドルという不発に終わった。コリン・ファレル、ノーミ・ラパスが主演。今年度に入ってからこの手のアクションスリラーが軒並み不発弾となって埋もれていく傾向が強まっている。同作の観客層は男女比では男性が6割とリード。また、25歳以上が75パーセントを占めている。

■ランク外では日本を舞台にした"Emperor"が全米260館にて封切り。1館あたりのアベレージ4000ドル越えの好成績を見せている。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2013/03/04

【興行】北米週末TOP10 Mar.01-03

先週までの復習は各自こちらにて行ってください。

【Mar.01-03 weekend 推計

01 Jack the Giant Slayer  $28.0M
02 Identity Thief $9.7M
03 21 and Over  $9.0M

04 The Last Exorcism Part2  $8.0M
05 Snitch  $7.7M
06 Escape From Planet Earth  $6.7M
07 Safe Haven  $6.3M
08 Silver Linings Playbook  $5.9M
09 A Good Day to Die Hard  $4.5M
10 Dark Skies  $3.5M

■ブライアン・シンガー監督が長年温めてきた企画"Jack the Giant Slayer"が遂に公開。初登場1位の座を獲得した。しかしながら栄作日が2億ドル近くということを考えると、1位としてのオープニング興収が2800万ドルというのはあまりに心もとない。思えば昨年の3月もディズニーが『ジョン・カーター』で撃沈してしまった時期だった。どうやら3月には映画業界を獲物にした魔物が棲んでいるようだ。

■同作の観客を男女比で見ると、55パーセントを男性が占めているとのこと。そして年齢層では56パーセントが25歳以上。本作のメインターゲットであるファミリー層にはどういうわけか訴求力が行き届いていないようだ。

■1位の"Giant Slayer"の影が薄く感じられてしまうのは、やはり2位のこの作品が俄然勢いに乗っているからかもしれない。セス・ゴードン監督作"Identity Thief"は先週末に比べて30パーセント級の落ち率の少なさを維持して、ついに4週目にして北米興収1億ドルを突破。"Four Christmas"や"Horrible Bosses"といったコメディで培ってきたゴードン流のコメディはまたもアメリカの映画ファンの心をガッチリと掴み前作同様の大ヒットラインに乗ったことになる。

■その他の新作はどれも一点突破ならず。"21 and Over"は男女比ほぼ半々。年齢層は25歳以下が7割以上を占めた。毎度の低予算ホラー"The Last Exorcism Part2"は1作目と同じドジョウを掴むことはできず、今回は興収800万ドルと低迷した。それでも制作費の500万ドルはカバーしているところが凄いのだが。男女比では男性が52パーセントとわずかにリード。年齢別では25歳以下が65パーセントを占めた。

さて、アカデミー賞のウィナー作品はその後、興行的な変化に見舞われたのだろうか。まず作品賞に輝いた"Argo"はすでにDVDやBlu-rayが発売されているにも関わらず受賞効果で上映館数が180をほど追加され、興収も20パーセントほどアップした。累計興収は1億3276万ドル。制作費が4500万ドルだったことを考えると、同作はオスカー像と興行的成果の言わば2冠を獲得したことになる。

■監督賞を受賞したアン・リーの"Life of Pie"も劇場数を54館追加し、興収を43パーセントも増加させた。こちらの累計興収は1億1700万ドルほど。制作費の1億2000万ドルのラインに達するまであと僅かだが、同作は海外、とくにアジアでの興行が強く、世界興収は6億ドル突破目前まで迫っている。

■アルゴやパイのサプライズ受賞組とは違い、祈願通りの受賞が叶わなかった"Zero Dark Thirty"は劇場数がドラスティックに475館も減らされ、興収も40パーセント減少(累計9360万ドル)。すでに封切り後から好調で今や完走感すら醸し出している"Lincoln"も劇場数220館減で、興収も32パーセント減となった(累計1億8000万ドル)。"Les Miserables"でさえ劇場数は110館も目減りし、興収は12パーセント減(累計1億4762万ドル)。唯一、"Silver Linings Playbook"だけは劇場数を180館近く減らしてもなお興行が僅かにプラスに転じるという根強い人気を見せている。同作は制作費2100万ドルのところ、累計では1億1552万ドルに達している。どの作品も制作費を大幅に上回る興行的な快挙を成し遂げていることには変わりはない。

■そんな中、北米7館にて『オールド・ボーイ』のパク・チャヌク監督によるハリウッド進出作"Stoker"が限定公開。1館あたりのアベレージ2万2千ドルを越える好成績を記録している。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

続きを読む "【興行】北米週末TOP10 Mar.01-03"

|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »