« 【予告編】マイケル・ウィンターボトム監督作"Everyday" | トップページ | 【興行】北米週末TOP10 Mar.08-10 »

2013/03/04

【興行】北米週末TOP10 Mar.01-03

先週までの復習は各自こちらにて行ってください。

【Mar.01-03 weekend 推計

01 Jack the Giant Slayer  $28.0M
02 Identity Thief $9.7M
03 21 and Over  $9.0M

04 The Last Exorcism Part2  $8.0M
05 Snitch  $7.7M
06 Escape From Planet Earth  $6.7M
07 Safe Haven  $6.3M
08 Silver Linings Playbook  $5.9M
09 A Good Day to Die Hard  $4.5M
10 Dark Skies  $3.5M

■ブライアン・シンガー監督が長年温めてきた企画"Jack the Giant Slayer"が遂に公開。初登場1位の座を獲得した。しかしながら栄作日が2億ドル近くということを考えると、1位としてのオープニング興収が2800万ドルというのはあまりに心もとない。思えば昨年の3月もディズニーが『ジョン・カーター』で撃沈してしまった時期だった。どうやら3月には映画業界を獲物にした魔物が棲んでいるようだ。

■同作の観客を男女比で見ると、55パーセントを男性が占めているとのこと。そして年齢層では56パーセントが25歳以上。本作のメインターゲットであるファミリー層にはどういうわけか訴求力が行き届いていないようだ。

■1位の"Giant Slayer"の影が薄く感じられてしまうのは、やはり2位のこの作品が俄然勢いに乗っているからかもしれない。セス・ゴードン監督作"Identity Thief"は先週末に比べて30パーセント級の落ち率の少なさを維持して、ついに4週目にして北米興収1億ドルを突破。"Four Christmas"や"Horrible Bosses"といったコメディで培ってきたゴードン流のコメディはまたもアメリカの映画ファンの心をガッチリと掴み前作同様の大ヒットラインに乗ったことになる。

■その他の新作はどれも一点突破ならず。"21 and Over"は男女比ほぼ半々。年齢層は25歳以下が7割以上を占めた。毎度の低予算ホラー"The Last Exorcism Part2"は1作目と同じドジョウを掴むことはできず、今回は興収800万ドルと低迷した。それでも制作費の500万ドルはカバーしているところが凄いのだが。男女比では男性が52パーセントとわずかにリード。年齢別では25歳以下が65パーセントを占めた。

さて、アカデミー賞のウィナー作品はその後、興行的な変化に見舞われたのだろうか。まず作品賞に輝いた"Argo"はすでにDVDやBlu-rayが発売されているにも関わらず受賞効果で上映館数が180をほど追加され、興収も20パーセントほどアップした。累計興収は1億3276万ドル。制作費が4500万ドルだったことを考えると、同作はオスカー像と興行的成果の言わば2冠を獲得したことになる。

■監督賞を受賞したアン・リーの"Life of Pie"も劇場数を54館追加し、興収を43パーセントも増加させた。こちらの累計興収は1億1700万ドルほど。制作費の1億2000万ドルのラインに達するまであと僅かだが、同作は海外、とくにアジアでの興行が強く、世界興収は6億ドル突破目前まで迫っている。

■アルゴやパイのサプライズ受賞組とは違い、祈願通りの受賞が叶わなかった"Zero Dark Thirty"は劇場数がドラスティックに475館も減らされ、興収も40パーセント減少(累計9360万ドル)。すでに封切り後から好調で今や完走感すら醸し出している"Lincoln"も劇場数220館減で、興収も32パーセント減となった(累計1億8000万ドル)。"Les Miserables"でさえ劇場数は110館も目減りし、興収は12パーセント減(累計1億4762万ドル)。唯一、"Silver Linings Playbook"だけは劇場数を180館近く減らしてもなお興行が僅かにプラスに転じるという根強い人気を見せている。同作は制作費2100万ドルのところ、累計では1億1552万ドルに達している。どの作品も制作費を大幅に上回る興行的な快挙を成し遂げていることには変わりはない。

■そんな中、北米7館にて『オールド・ボーイ』のパク・チャヌク監督によるハリウッド進出作"Stoker"が限定公開。1館あたりのアベレージ2万2千ドルを越える好成績を記録している。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【予告編】マイケル・ウィンターボトム監督作"Everyday" | トップページ | 【興行】北米週末TOP10 Mar.08-10 »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事