« 【興行】北米週末TOP10 May17-19 | トップページ | 【興行】北米週末TOP10 May31-June02 »

2013/05/27

【興行】北米週末TOP10 May24-26

先週までの復習は各自こちらにて行ってください。

【May.24-26 weekend 推計

01 Fast & Furious 6  $98.5M
02 The Hangover part 3  $42.4M
03 Star Trek into Darkness $38.0M
 
04 Epic  $34.2M
05 Iron Man 3  $19.4M
06 The Great Gatsby  $13.7M
07 Mud
 $1.9M
08 42  $1.24M
09 The Croods  $1.21M
10 Oblivion  $0.8M

アメリカでは月曜日がメモリアル・デイ(戦没者追悼記念日)でお休みのため、週末には強力打線が出揃った。その首位を飾ったのは、ユニバーサル映画が誇るドル箱シリーズ『ワイルドスピード』の最新作。週末3日間で9850万ドルを売り上げ、ユニバーサル史上最高となるオープニング興収を打ち立てた。制作費は前作よりもスケールアップして1億6000万ドル。ちなみに本作はちょっとしたサプライズも隠されているので、日本公開日までできるだけネタバレ情報に触れないようにご注意を。

対する『ハングオーバー3』はシリーズ最終作にして波に乗り切れず、期待を下回る結果に終わった。ちなみに前作はオープニング興収8595万ドル(最終興収は2億5446万ドル)、そしてスロースターターにして後に口コミが加速してゴールデングローブ賞受賞にまで至った第1作目のオープニング成績は4500万ドル(最終興収は2億7700万ドル)だった。これらの数字と比較しても勢いが失われていることが分かるだろう。

2週目となる『スタートレック・イントゥ・ダークネス』はさすがJ.J.エイブラムスの監督作らしく、2週目の下落率も46パーセント程度と大いに下げ止まりが働いている。累計興収は1億4700万ドルほど。制作費は1億9000万ドル。まだまだ好調飛行を続けられそうだ。

4位にはアニメーション作"Epic"が登場してファミリー層の獲得に尽力した。そのため、これまでファミリー層から大量集客に務めてきた"The Croods"は一気に1300館レベルの劇場数減となった。

5位の『アイアンマン3』は累計興収3億6750万ドルをマーク。6位の『華麗なるギャツビー』は制作費となる1億500万ドルを越えて、累計興収は今や1億1440万ドルとなった。

10位の『オブリビオン』は累計が8730万ドルほど。制作費が1億2000万ドルということを考えると、まだまだ伸びの欲しい成績と言えそうだ。日本での公開はもう間もなくだが、昨今のSF映画の中ではミニマルな世界感を描いたなかなかの秀作なので、ご興味おありのかたはぜひチェックのほどを。

ちなみにトップ10圏外では"Before Midnight"が5館にて限定公開。1館あたりのアベレージ興収が5万5千ドルに迫る人気ぶりを獲得している。本作はご存知ジュリー・デルピーとイーサン・ホーク、それに監督のリチャード・リンクレイターが奏でる人気シリーズの最新作。10年に1本の割合で奏でられてきたふたりの関係性は本作でどのように締めくくられるのか。そしてシリーズ3本の年月と同じく私たち観客側の人生もその分だけ年輪が刻まれているわけで、ある意味そういった並走感に満ちた作品と言えるのかも知れません。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 【興行】北米週末TOP10 May17-19 | トップページ | 【興行】北米週末TOP10 May31-June02 »

全米BOX OFFICE」カテゴリの記事