« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013/08/26

【興行】北米週末TOP10 Aug 23-25

先週までの復習は各自こちらにて行ってください。

【Aug.23-25 weekend 推計

01 The Butler  $17.0M
02 We're the Millers  $13.5M
03 The Mortal Instruments: City of Bones  $9.3M
 
04 The World's End  $8.9M
05 Planes  $8.5M
06 Elysium  $7.1M
07 You're Next  $7.0M
08 Percy Jackson: Sea of Monsters  $5.2
M
09 Blue Jasmine  $4.3M
10 Kick-Ass 2  $4.2M

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2013/08/19

【興行】北米週末TOP10 Aug16-18

先週までの復習は各自こちらにて行ってください。

【Aug.16-18 weekend 推計

01 The Butler  $25.0M
02 We're the Millers  $17.8M
03 Elysium  $13.6M
 
04 Kick-Ass 2  $13.5M
05 Planes  $13.1M
06 Percy Jackson: Sea of monsters  $8.4M
07 Jobs $6.7M
08 2 Guns  $5.6
M
09 The Smurfs 2  $4.6M
10 The Wolverine  $4.4M

081513_ent_butler_640

■初夏にふたつのアクション大作にて壊滅的な損傷を被ったホワイトハウス。まさにその公邸を舞台に、今度は大人の上質な鑑賞に堪えうるヒューマンドラマが登場。『プレシャス』や『ペーパーボーイ』のリー・ダニエルズ監督が紡ぐ、歴代大統領に仕えた黒人執事の物語"The Butler"が興行成績No.1にてデビューを飾った。もともとは10月に公開されるはずだった本作だが、晩夏のこの時期に同ジャンルのライバルが存在しないことを見据えてハーヴェイ・ワインスタインが大英断。それが見事に功を奏し、大作続きの映画界で荒れた胃ぶくろを優しくいたわる結果となった。

その製作費は3000万ドル級だというから、大方のところ現時点の北米興収でカバーしてしまったことになる。同作は2011年にロングランを記録した『ヘルプ』に似た興行推移を遂げるのではないかとも見られている。もっとも本作に関していえば、全米で圧倒的な支持を誇るオプラ・フィンフリーによるパブリシティ露出なども大きな効果をもたらしたであろうことは想像に難くない。

今のところ初日観客の6割が女性客で、35歳以上が76パーセントに及んだとのこと。観客の反応も良好で、早くもアカデミー賞候補入りの可能性もウワサされはじめている。

■2位は先週と変わらず、"We're the Millers"。大方の新作は2週目で売り上げが半減するのだが、本作は下落率が33パーセントに留まっている。それだけ底支えが働いているというわけだ。製作費は3700万ドルんがら、すでに興収は7000万ドル近くにまで到達している。

■先週の覇者だったマット・デイモン主演の"Elysium"は結局のところ同週デビューの"We're the Millers"に順位の逆転を許してしまった。下落率は55パーセント。良くも悪くもないと言ったところか。累計興収は5600万ドル。製作費1億1500万ドルなので、今後の海外展開でどれだけカバーできるかがポイントとなりそうだ。

■初登場"Kick-Ass 2"は興収1357万ドルに留まり4位デビューとなった。製作費は2800万ドルというからそれほどリスキーなビジネスというわけではないが、劇場公開後にカルト的に人気を拡大させていった前作のオープニング興収が1980万ドルだったことを考えるとかなりのパワーダウン感が否めない。観客層は男性が63パーセント。そして25歳以下が58パーセントを占める。

■アップル社創始者にまつわる映画として注目を集めていた"Jobs"は7位スタートとなった。アシュトン・カッチャー演じるジョブズが本人に劇似であることも話題を集めていたが、結果的に実った果実には思ったほど観客が関心を示さなかったようだ。興収は670万ドル。

■日本が舞台として登場することで話題を集める"The Wolverine"は10位。興収的に見てすでに勢いは失っているが、4週目にして製作費である1億2000万ドルを米興収のみで回収しおえることができたのは吉報と言える。現在までに世界興収は3億3526万ドルに達している。

■リーアム・ヘムズワース、ゲイリー・オールドマン、ハリソン・フォードが出演するサスペンス"Paranoia"は2500館規模で幕を開けたにも関わらずトップ10にもエントリーできない惨憺たる結果となった。製作費が3500万ドルながら、興収はその10分の1の350万ドル。今年を代表する不発作品と言えそうだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2013/08/12

【興行】北米週末TOP10 Aug09-11

先週までの復習は各自こちらにて行ってください。

【Aug.09-11 weekend 推計

01 Elysium  $30.4M
02 We're the Millers  $26.5M
03 Planes  $22.5M
 
04 Percy Jackson: Sea of Monsters  $14.6M
05 2 Guns  $11.1M
06 The Smurfs 2  $9.5M
07 The Wolverine $8.0M
08 The Conjuring  $6.7
M
09 Despicable Me 2  $5.7M
10 Grown Ups 2  $3.7M

Elysium_2

■『第9地区』(米興収1億1564万ドル/世界興収2億1000万ドル)で鮮烈な商業映画デビューを飾ったニール・ブロムカンプ監督の最新作"Elysium"が遂に発進。この映画のためにスキンヘッドにまでなったマット・デイモンの姿も強烈なこのSFは、製作費も前作の3000万ドルから1億1500万ドルへ大幅アップ。しかしながらオープニング3日間の興収は3040万ドルに留まり、『第9地区』の3735万ドルには及ばなかった。前作が無名俳優、新人監督を配してまさにアイディアとそれを具現化する手腕によってアカデミー賞作品賞候補にまでのし上がったのに対して、今回はやや期待を下回る結果と言うべきか。しかしながらかつて『第9地区』が公開後も長期に及ぶ根強い人気を博したように、この『エリジウム』も予測不能な興収推移を見せかねない。来週以降の維持率にも注目したいところだ。

ちなみに本作の初日出口調査によると観客層は女性客が39パーセントと顕著な低さを記録しており、年齢的にも48パーセントが30代以上とのこと。

■2位には『ドッジボール』のローソン・マーシャル・サーバー監督によるR指定コメディ"We're the Millers"が登場。水曜日公開ゆえ、今回の週末興収(金〜日)には初日の売り上げが含まれていない。5日間の累計興収はほぼ製作費と並ぶ3800万ドル。観客層を紐解くと男女比はほぼ半々、25歳以上が6割を占める。

■『カーズ』シリーズのスピンオフ作"Planes"は興収2250万ドルにて3位スタート。いかにもピクサーっぽい絵作りながら、手掛けているのはディズニーのアニメ部門(主にDVDダイレクト作品を手掛ける部門)。男女比は半々で、85パーセントが家族連れ客で占められた。製作費は5000万ドル。ディズニーは更なる続編を来夏に劇場公開する予定。

■"Percy Jackson: Sea of Monsters"は水曜日に公開され、金〜日の週末興収では1460万ドルを売り上げた。前作が3120万ドルデビューだったことを考えると、期待値を下回る数字だ。水曜から日曜までの5日間累計興収は2350万ドル。前作の最終興収1億3700万ドルを越えるのは現時点では不可能だ。製作費は9000万ドル。前作はクリス・コロンバスが監督を務めたが、今作では"Diary of a Wimpy Kid"や"Hotel for Dogs"のトール・フロイデンタールが担当している。

■トップ10圏外では、ウディ・アレンの"Blue Jasmine"が11位にまで迫る進撃ぶり。徐々に劇場数を増やして現在では116館に達しているものの、1館あたりのアベレージは2万1千ドルと相変わらずハイレベルを維持している。また、サンダンスで脚本賞を受賞した"In a World"も全米3館にて封切られ、1館あたりのアベレージ2万3600ドルという好調な数字をマークしている。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2013/08/08

【レビュー】パシフィック・リム

映画.comにて『パシフィック・リム』のレビューが掲載されております。

Pacificrim2_2
今やハリウッドを代表するフィルムメーカーとなったギルレモ・デル・トロ監督。その脳内で巻き起こっているであろうクリエイティビティの臨戦態勢をそのままフィルムへ昇華させたような作りを持つ映画です。本編を観ながらつい「胆力」という言葉が思い浮かんできました。怪獣退治も胆力なら、映画作りもダム建設にも等しい胆力が必要。

この『パシフィック・リム』、製作費が1億9000万ドル。現在までの世界興収は3億ドル3億8400万ドル(8/18)突破目前まで迫っています。興味深いのはその内訳で、通常のハリウッド大作ならば5割を米興収が占めるところを、本作では3割28パーセント25パーセント程度に留まっており、あとの7割72パーセント75パーセントは海外興収が席巻。特に中国では爆発的デビューを飾っており、今後の日本を含む更なる海外展開が期待されるところです。

パシフィック・リム』長文レビューはこちら

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2013/08/05

【興行】北米週末TOP10 Aug02-04

先週までの復習は各自こちらにて行ってください。

【Aug.02-04 weekend 推計

01 2 Guns  $27.3M
02 The Wolverine  $21.7M
03 The Smurfs 2  $18.2M
 
04 The Conjuring  $13.6M
05 Despicable Me 2 $10.4M
06 Grown Ups 2  $8.1M
07 Turbo $6.4M
08 Red 2  $5.6
M
09 The Heat $4.7M
10 Pacific Rim  $4.5M

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2013/08/03

【レビュー】マジック・マイク

 この映画を試写したとき、周囲は女性ばかりだった。いつものスティーヴン・ソダーバーグ作品とはえらく異なり、客席側には映画鑑賞とは思えないほどのフェロモン臭が漂っていたように思う。だがそれも当然と言えば当然か。なにしろ本作は、今ハリウッドでヒット作を連発するチャニング・テイタムが、かつて男性ストリッパーだった頃の逸話をベースにした物語なのだから。しかもその特殊なキャリアは主人公のキャラ付けとして用いられるのみならず、煌びやかなステージ・シーンとなって幾度となく観客の前にサーブされるのだ。この迫力。しなやかさ。そして観客を瞬時に魅了する力ーーー。

Magic_mike2

続きを読む "【レビュー】マジック・マイク"

|

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »