« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015/08/26

わたしに会うための1600キロ

旅する映画って、それだけで尊いというか、ずっと見ていられる気がする。それは景色の雄大さなどもあるのだろうけれど、主人公の心や気持ちがそのまま目の前の壮大な距離移動と重なって、ダイレクトに胸に響いてくるからなんだと思う。そんなジャンルにまたひとつの名作が生まれました。

Bannerwildfilm_1

映画.comにて『わたしに会うまでの1600キロ』という作品のレビューを執筆しています。『ダラス・バイヤーズクラブ』のジャン=マルク・バレ監督が手掛け、主演のリース・ウィザースプーンが自ら製作を担っています。彼女といえば、デヴィッド・フィンチャー監督作『ゴーン・ガール』の製作も手掛けており、この時、自分自身の主演作として動いていたものの、フィンチャーと話し合った上で「自分は出ない」という結論に達したのだとか。なんという決断力でしょうか。最近、彼女の第3の波が到来しているのをひしひしと感じています。

また、本作は終盤に差し掛かるにつれて、しんと映画が静謐感に包まれていくところも印象的です。旅の終わり、景色や視野が静かに広がっていくーー。そんな様を目の当たりにしながら、ああ、自分も旅に出たいなと、強く感じました。8月28日(金)より公開。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2015/08/16

ヴィンセントが教えてくれたこと

Stv

9月に日本公開となるビル・マーレイ主演作『ヴィンセントが教えてくれたこと』について寄稿しております。「無名の新人監督による初長編はいかにして全米興収4400万ドルのヒット作となったか?」 『ゴーストバスターズ』や『恋はデジャ・ブ』などでも知られるビル・マーレイが、本作では子役の少年と最高のコンビネーションを見せつけています。ぜひご一読のほどお願い致します。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2015/08/09

スパイ映画について寄稿しました

8月6日にオープンしたばかりの映画サイト「リアルサウンド映画部」に、『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』と『キングスマン』を切り口としたスパイ映画に関する寄稿を行っております!今年の下半期はスパイ映画が続々登場しますので、ジャンルガイドとしてもご活用頂けますと幸いです。

1427127141095_2

「なぜ人々はスパイ映画を好むのか?『M:i5』『キングスマン』からジャンルの魅力を探る/リアルサウンド」

Kingsmanthesecretservicecolinfirths
リアルサウンド映画部にはかなり著名かつ個性的な書き手が勢揃いしており、僕も日々アップされる原稿を楽しみに拝読している状況です。ぜひ他の記事もチェックしてみてくださいね。応援のほど、よろしくお願い致します!

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »