« アントン・コービン監督インタビュー | トップページ | 『ピンクとグレー』菅田将暉さんインタビュー »

2015/12/24

2015年のMY BEST選出

年の瀬も迫ってきました。いつもは年越しにゆるゆると選んでいるのですが、今年は執筆者としてお声がかかりましたので、いささか真剣に「BEST10」と向き合ってみました。でも最終的にはやっぱり個人的な想いしか残らなかったけれども。

00top

牛津厚信の「2015年 年間ベスト映画TOP10/リアルサウンド

ずっと映画周辺の仕事をしていると、こういった「ベスト」の類が精神分析のように思えてくる瞬間があります。頭の中をちょっと覗き見る、的な。で、経験則的に言うと、表面を取り繕いがちな1位から10位までに比べて、むしろその陰になりやすい11位から15位あたりの余白部分に、その人の本性が出やすいのではないか、とも感じています。

そんな意味合いも込めて、改めて1位〜15位までのタイトルを並べてみると・・・

1:マッドマックス/怒りのデス・ロード
2:キングスマン
3:アメリカン・ドリーマー 理想の代償
4;海街diary
5:セッション
6:サンドラの週末
7:ヴィヴィアン・マイヤーを探して
8:恋人たち
9:光のノスタルジア
10:ミッション:インポッシブル/ローグネイション
11:グッド・ライ
12:ワイルド・スピード SKY MISSION
13:スター・ウォーズ フォースの覚醒
14:わたしに会うまでの1600キロ
15:イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

皆様にとって、この一年は、映画的にいかがでしたか?

来年もどうか、素敵な映画と共にあらんことを。


この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« アントン・コービン監督インタビュー | トップページ | 『ピンクとグレー』菅田将暉さんインタビュー »

今年のベスト」カテゴリの記事