« ハッピーエンドの選び方 | トップページ | 消えた声が、その名を呼ぶ »

2015/12/08

ディーン、君がいた瞬間(とき)

神に魅入られた才能、そして今なお崇高に光り輝く存在、ジェームズ・ディーン。

今年は彼が亡くなって60年にあたる。そんな節目に、在りし日のディーンをしのんだ一作、『ディーン、君がいた瞬間』が到着。本作は無名時代のディーンと若き写真家をメインに据え、映画史の隙間にこぼれ落ちた秘話を丹念に掘り起こして提示した逸品です。そんな注目の一本についてレビュー執筆しました。

Hqnewlifestill

伝説の映画スターと写真家の邂逅をみずみずしく切り取った、知られざる実話/映画.com

ジェームズ・ディーンの主演作3本を観ていなくても充分楽しめる。でもおそらく見終わったら必ずと言っていいほど、彼の遺した偉業を観てみたくなること請け合いです。彼のカリスマ性、そして映画史に刻んだ偉業に新たな光を差し込ませる意味でも、素晴らしいきっかけとなる映画体験。ぜひ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« ハッピーエンドの選び方 | トップページ | 消えた声が、その名を呼ぶ »

【アート×映画】」カテゴリの記事

【映画×偉人】」カテゴリの記事