« 『サウルの息子』インタビュー | トップページ | ロパートキナ 孤高の白鳥 »

2016/01/28

ラジオ出演

今朝のJ-WAVE 「TOKYO MORNING RADIO」のワンコーナー「TOKYO DICTIONARY」に出演させていただきました。今回は、「映画と練馬」の深いつながりについてご紹介しました。

このエリアは1931年には「としまえん」のすぐそばに撮影所がオープンし、また1935年には大泉に現在の東映撮影所の元となる施設が誕生。黒澤明監督の『野良犬』や、高倉健主演の『網走番外地』などもここ練馬で誕生しています。

また近隣でもロケが多数行われ、例えば江古田駅では『Shall We ダンス?』で役所広司がダンス教室を見つめる場所として有名ですし、また『踊る大捜査線 the Movie』で日本映画史に残る名ゼリフとも言える「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」と叫ぶシーンも、練馬の光が丘団地で撮られたというのはファンの間ではおなじみの話です。

それに、もともと農業が盛んで畑が広がっていたこのエリアは、宅地開発される際に「ロマンティックな映画都市」などという売り文句も用いられたそうです。ほんと、土地に歴史ありですね。私も調べてみて驚きました。詳しくホームページ、およびポッドキャストをチェックしてみてくださいね!

|

« 『サウルの息子』インタビュー | トップページ | ロパートキナ 孤高の白鳥 »

【地域:TOKYO発】」カテゴリの記事

イベント、取材」カテゴリの記事