« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016/05/31

素敵なサプライズ

それほど数多くあるわけではないけれど、オランダ映画には日本人に考え付かないとうな奇想天外なアイディアがつまった作品が多いように思います。以前公開さくれた『孤独のススメ』という作品も嫉妬したくなるようなヘンテコ極まりない作品でした。

そして今回、新たに『素敵なサプライズ』というコメディが到着。いやはや、これもまた、日本人が考え付かないような、おかしな、おかしな作品なんです。そんなわけで、今回はこのサプライズな作品についてレビュー執筆しております。

Surprisew

オランダの”消えた名匠”、18年ぶりの復活!『素敵なサプライズ』の奇想天外な仕掛け/リアルサウンド

ただ漠然と、「生きててもしょうがないから、死にたいなあ」という主人公が、とある代理店に「できるだけ早く死にたいんです」と死を一つご注文。その到着を今か今かと待ちわびるうちに、今度は思いがけなくも人生の輝きに気づき始め、「ああ、死よ!もうちょっとだけ待ってくれ〜」とアタフタしはじめてしまうーー。

またしてもオランダって国は面白いなあと、感心しながら大いに楽しませてもらった一作でした。レビューでは映画の中身とともに、この監督について論じています。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/05/24

デッドプール

マーベル・コミックからまたもや新たなヒーロー映画が誕生した。

彼の名は”デッドプール”。真っ赤なコスチュームに身を包み、なんだかスパイダーマンのようにも見えるものの、その中身は従来のヒーロー像とは180違う。第一、人助けなんて全然しない!しかも全編にわたって過激さ満載で、お子様出入り不可。これが全米で大ヒットしてしまうのだから、全くもってスゴイとしか言いようがない。そんな『デッドプール』のレビューを執筆しました。

Deadpool

珍ヒーロー爆誕!超過激な”赤の旋風”が、正義の概念をこっぱみじんに破壊する。/映画.com

はてさて、あなたの中でこんなヒーローってあり?なし?

泣いても笑っても、6月1日(水)、いよいよ日本上陸です。


この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/05/14

マクベス

今年はシェイクスピア没後400年の節目なのだそうです。シェイクスピアが生きたのは1564年〜1616年で、日本でいうとNHK大河ドラマ「真田丸」の主人公、真田信繁が生きた1567年〜1615年と微妙に重なるという不思議もあります。ちょうど今、大河では歌舞伎の開祖とされる出雲阿国が舞を披露する場面が出てきていますが、ちょうど同じ頃、海と大陸を隔てた英国ではシェイクスピアの作品群がロンドンをはじめとする市井の人々の心を歓喜させていたんですね。

というわけで、シェイクスピア物の映画の最新版として高い評価を獲得した『マクベス』について書きました。

Wheresmelmichaelfassbe009

マイケル・ファスベンダーが暴君を怪演する『マクベス』、その狂気の裏側にあるものとは?/リアルサウンド

本作は吉本興業が配給することでもニュースになりました。と言っても本作に笑いはありません。むしろ狂気が悲劇を生む壮絶な物語です。

本作に触れると「どうしてこんな狂気が人の心を支配してしまうんだろう?」と誰もが不思議に思うはずなんですが、今回のレビューでは(原作にはない)冒頭シーンからその背景について推察しています。これまで敷居が高すぎてシェイクスピアに関心が持てなかったあなた。大人になってからのシェイクスピアは案外楽しいものですよ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/05/04

追憶の森

マシュー・マコノヒー、渡辺謙が共演する『追憶の森』についてレビューを執筆しました。

90

人気絶頂マシュー・マコノヒーは、なぜ異色作『追憶の森』出演を決めたのか?/リアルサウンド

舞台となるのは富士の樹海。てっきりダークな、あるいはホラーな内容になるのだろうと予想していたものの、ところがどっこい、生きる希望を模索する人間ドラマに仕上がっていました。ファンタジックな要素さえ兼ね備えた本作は、ある意味、大人のための寓話とも言えるのかもしれません。

『ダラス・バイヤーズクラブ』で晴れて主演男優賞オスカーを獲得したマコノヒーはなぜ今この映画を選んだのか。彼のフィルモグラフィーから見えてくる背景について触れています。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/05/02

スッキリできる名作5選

P&Gが提供するサイト「マイレピ」からお声掛けいただき、梅雨のシーズンの憂鬱な気分を吹き飛ばす映画を5本ご紹介しています。

気分爽快!梅雨の日に見たい映画5選/マイレピFOR MEN

コアな映画ファン向けではなく、あえて誰もが一度や二度そのタイトルを耳にしたことがあり、なおかつ近くのレンタル屋やネット配信などですぐに借りることのできる作品ばかりをピックアップ。

いつも監督さんや俳優さんに取材する側なので、自分が取材されるなんてなんだか勝手がわからないなあ、などと戸惑いながらお話しさせていただきました(スタッフの皆様、お世話になりました!)。GW中、お時間ある方はぜひリンク先を覗いてみていただければ嬉しいです。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »