« デッドプール | トップページ | ロイヤル・ナイト »

2016/05/31

素敵なサプライズ

それほど数多くあるわけではないけれど、オランダ映画には日本人に考え付かないとうな奇想天外なアイディアがつまった作品が多いように思います。以前公開さくれた『孤独のススメ』という作品も嫉妬したくなるようなヘンテコ極まりない作品でした。

そして今回、新たに『素敵なサプライズ』というコメディが到着。いやはや、これもまた、日本人が考え付かないような、おかしな、おかしな作品なんです。そんなわけで、今回はこのサプライズな作品についてレビュー執筆しております。

Surprisew

オランダの”消えた名匠”、18年ぶりの復活!『素敵なサプライズ』の奇想天外な仕掛け/リアルサウンド

ただ漠然と、「生きててもしょうがないから、死にたいなあ」という主人公が、とある代理店に「できるだけ早く死にたいんです」と死を一つご注文。その到着を今か今かと待ちわびるうちに、今度は思いがけなくも人生の輝きに気づき始め、「ああ、死よ!もうちょっとだけ待ってくれ〜」とアタフタしはじめてしまうーー。

またしてもオランダって国は面白いなあと、感心しながら大いに楽しませてもらった一作でした。レビューでは映画の中身とともに、この監督について論じています。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« デッドプール | トップページ | ロイヤル・ナイト »

【レビュー】」カテゴリの記事

【生きるためのファンタジー】」カテゴリの記事