« 素敵なサプライズ | トップページ | レジェンド 狂気の美学 »

2016/06/04

ロイヤル・ナイト

レビューを書きました。今回は『ロイヤル・ナイト』という映画についてご紹介しています。

A_royal_night_out_poster

エリザベス女王は”お忍びの外出”でなにを見た?『ロイヤル・ナイト』の史実とフィクション/リアルサウンド

1945年5月8日、ナチス・ドイツの降伏を受けてヨーロッパ戦線は終結を迎え、ロンドンでは大勢に市民が外に飛び出して祝福ムードに包まれたのだとか。その様子を宮殿の外で体感しようと、まだ若かりし頃のエリザベスは理路整然と両親を説得し、妹マーガレットと共に”お忍び”で外の世界へと飛び出していくーー。『ロイヤル・ナイト』はそんな「マジっすか!?」と突っ込みたくなるような展開が満載の、たった一晩の冒険物語。

もちろん映画なのでフィクションも盛りだくさん。でもそれを差し引いても、当時のロンドンの雰囲気が味わえて面白い。少女だったエリザベスが、徐々に将来の君主としての凛々しさと自覚を帯びていくくだりにも、グッとくるものがあります。

そうそう、『英国王のスピーチ』でおなじみのジョージ6世も登場しますよ。


この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 素敵なサプライズ | トップページ | レジェンド 狂気の美学 »

【メモ】英国王のスピーチ」カテゴリの記事

【レビュー】」カテゴリの記事

【地域:英国発】」カテゴリの記事

【家族でがんばる!】」カテゴリの記事

【映画×偉人】」カテゴリの記事

【生きるためのファンタジー】」カテゴリの記事