« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016/07/28

『めぐりあう日』インタビュー

648x415_celinesalettevussouhaiteetr

あなたが狂おしいほどに愛されることを私は願ってるーー『めぐりあう日』ウニー・ルコント監督インタビュー/NeoL

韓国で生まれ、両親の存在を知らないまま施設で育ち、その後は養子となってフランスへと渡った異色の経歴の持ち主、ウニー・ルコント。この女性監督が紡いだ長編第2作目となる『めぐりあう日』が今週末より順次公開されます。 彼女にしか紡ぐことのできない視線、物語、親子関係、ファッション、風景、息づかい。様々なところに発見のつまった作品でした。そんなルコント監督へのインタビュー、お時間ございましたらご覧ください。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/07/21

ロック・ザ・カスバ!

ビル・マーレイ主演の珍作『ロック・ザ・カスバ!』についてレビューしています。

Rockthekasbah2015

ビル・マーレイがアフガンでロックを叫ぶ!?異色コメディ『ロック・ザ・カスバ!』の挑戦

ザ・クラッシュの名曲をタイトルにするとは、なんと恐れ知らずで、大胆不適な。。。こんな所業が許されるのも主演がマーレイだからこそ。劇中では彼が上手いのか下手なのかなんとも言いようのない「Smoke on the Water」を熱唱する場面もあります。なにはともあれ、ビル・マーレイを語る上では欠かすことのできない一作かと。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/07/13

ファインディング・ドリー

映画.comで「ファインディング・ドリー」のレビューを執筆しました。

もう前作から13年も経つのか、、、と感慨深い気持ちに浸りながら観てしまいました。すっかりパパ、ママになった人もいれば、職場の中で後輩や部下に囲まれ、泳ぎを教わる側から教える側になってる人も多いことでしょう。

けれどこのおなじみのキャラクターたちはほとんど歳を取っていないんです。なにせ今回のおはなしは前作からたった1年後、という設定。それはそれで、彼らには彼らなりの歳の重ね方があるような気がして、不思議な余韻がこみ上げてきました。

いよいよ今週末の公開です。ぜひご家族揃ってご覧ください。


この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/07/07

TOO YOUNG TO DIE

宮藤官九郎監督、脚本作『TOO YOUNG TO DIE』について書きました。

主演二人の15年史から紐解く「TYTD」の魅力/リアルサウンド

暑くて、熱くて、イマジネーションに満ち溢れたとっても楽しい映画でした。本作で共演した長瀬さんと神木さんについて書いております。いくつもの物語、いくつもの役柄を演じては転生を繰り返す”俳優”という職業は、どこかこの映画の輪廻転生と似た部分があるのかもしれません。それにしてもこの二人が走り抜けてきた15年の輝きたるや凄まじいものがありますね。これから15年、どのような変化を見せてくれるのかも非常に楽しみです。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »