« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016/10/05

ジェイソン・ボーン

あの男がついに帰ってくる。マット・デイモンとポール・グリーングラスが再びタッグを組んで放つシリーズ最新作は、その名も『ジェイソン・ボーン』。30代前半でこの当たり役を手にしたデイモンは40代なかばとなり、一体どのような形で10年という年月の経過を描き、かつ彼にしか体現しえない独自の”ボーン”像を復活させているのかにも注目したいところ。今回はそんな本作についてレビューしています。

妥協を許さぬ黄金タッグが、圧倒的な臨場感の中で放つ渾身の一撃/映画.com

Jasonbournegun

旧シリーズと本作を比較するにあたっては、スタッフ・クレジットを見比べてみるのも面白いかもしれません。例えば撮影は、これまでシリーズを3作連続で牽引してきたオリバー・ウッド(彼の最新作は『ジャック・リーチャー/ネバー・ゴー・バック』)から、”ボーン”以外のグリーングラス作品(『キャプテン・フィリップス』、『グリーン・ゾーン』、『ユナイテッド93』)の担い手、バリー・アクロイドへとバトンタッチ。

さらにこれまでシリーズの屋台骨を支えてきた脚本家のトニー・ギルロイが戦線離脱し、今回はグリーングラスと編集のクリストファー・ロウズが二人で脚本執筆するという不思議なコラボレーションが展開されています。その影響もあって、どちらかというとこれまでのストーリー重視を翻し、むしろグリーングラスが”ボーン”以外の自作で追究してきた生々しい「臨場感をちりばめた有機的な映画作り」が貫かれている印象。とにかく、おびただしい数の群衆を駆使しながらストーリーが展開していくので、観ている側もその圧倒的なパワーに気圧されぬように万全の体調で臨んだ方が良いかと思われます。

このジェイソン・ボーンの新たなる一手、あなたはどう見ますか?

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »