« さよなら、僕のマンハッタン | トップページ | 心と体と »

2018/04/06

『ウィンストン・チャーチル』関連の執筆記事

日本でも絶賛上映中、『ウィンストン・チャーチル』関連の記事をCINEMOREに執筆させていただきましたので、ご興味おありの方はご覧ください。

一本目は「ゲイリー・オールドマンが切り開いた演技×特殊メイクのハイブリッドな役づくり」。そして二本目は「ジョー・ライトが描いた二つの”ダンケルク”」です。

Telemmglpict000150077463_1_trans_nv

映画の面白さは、一作だけにとどまらず、そこから芋づる式に様々な作品へと繋がっていくところ。本作はまさに、ゲイリー・オールドマンの演技やジョー・ライトの作家性、さらには第二次大戦やダンケルクの戦いといった要素を介して様々な作品へと接続する「ジョイント」とも言える作品だと思います。小難しい歴史劇だと思わず、ぜひ思い切りこの世界へ飛び込んで、チャーチルという人間に真正面からぶつかってみてください。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« さよなら、僕のマンハッタン | トップページ | 心と体と »

【メモ】英国王のスピーチ」カテゴリの記事

【地域:英国発】」カテゴリの記事

【家族でがんばる!】」カテゴリの記事

【映画×偉人】」カテゴリの記事

【監督:ジョー・ライト】」カテゴリの記事