« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »

2018/05/31

『ヘンリー・フール』三部作

現在、渋谷アップリンクで開催中の「ハル・ハートリー復活祭」(上映中〜6月8日)にて、ハル・ハートリー監督による『ヘンリー・フール』三部作が上映されています。第一作目は日本でも公開済みですが、二作目、三作目に関しては日本初上映。長らく「幻の三部作」と言われてきたものが、ついに日本でそのベールを脱ぐことに!それを記念して、CINEMOREにて各作品の記事を執筆しております。是非ご覧いただけますと幸いです。

・まさかのトリロジーとなって日本再上陸する幻の傑作『ヘンリー・フール』 巧みな語り口の肝となったハル・ハートリー流の”見せない”技術とは?

・トリロジ−2作目はスパイ・サスペンス。奇才ハートリーが仕掛けた”カメラの傾き”がもたらすもの 『フェイ・グリム』

・家族の物語、ついに完結。クラウドファンディングがもたらした最終章は、ユーモラスな中にギリシア悲劇的な香りが際立つ 『ネッド・ライフル』

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2018/05/30

デッドプール2

この世はアメコミヒーロー映画が乱立する戦国時代。その中でもひときわ異色の香りを放つ珍ヒーロー『デッドプール』がついにスクリーンに帰ってきました。

Deadpool2cable

続編には、むやみやたらとスケールだけを広げようと空回りしてしまうパターンと、むしろ『ターミネーター2』みたいに大化けしてしまうパターンとがありますが、本作に関して言えば完全に後者でしょう。いやあ、本当に面白い仕上がりでした。相変わらず過激だけれど、すべてを捧げ尽くすライアン・レイノルズのサービス精神と、どこまでもアイディアを詰め込むデヴィッド・リーチの演出が相まって、素晴らしい笑いとアクションのケミストリーが生まれていた。ちょっと感動を覚えるほど。

そんな『デッドプール2』のレビューを映画.comに書きました。この映画が気になっている方は是非チェックしてみてくださいませ。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2018/05/29

馬の骨

6月2日より公開を迎える邦画『馬の骨』について書かせていただきました。

カッコ悪いけれど、カッコいい。映画『馬の骨』が描く、『イカ天』魂にあふれた渾身の生き様/リアルサウンド映画部

意表をついた面白さで、すっかりやられてしまいました。かつてTVで「イカ天」を観ていた世代にとっては、昔と今を繋いでくれる”熱い一本”となるはず。是非ご覧ください。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

ビューティフル・デイ

映画.comの「ビューティフル・デイ」特集ページに寄稿させていただきました。

1798124_medium

怪優ホアキン・フェニックスと、リン・ラムジー監督がタッグを組んだこの強烈な作品は、観る者を惑わせ、狂わせ、そして虜にする傑作。是非ともスクリーンに挑みかかるような覚悟で、本作と心ゆくまで格闘していただきたいです。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法

2017年、世界中で多くの人の心を魅了した映画『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』。一見、「ドキュメンタリーかな?」と見まごうタイトルですが、列記とした劇映画です。それも元気いっぱいの子役たちと、演技初体験のヒロインと、そして誰もが知る名優の演技が輝かしい化学反応を巻き起こす異色作。

Odi1l3vfms9jy19kzmy5oc9wlziwmtcvmt

この作品についてCINEMOREで二本の記事を執筆しております。

・演技未経験者、子役、名優まで、常識破りのキャスティングがもたらす個性のハーモニー

・iPhoneから35mmフィルムカメラへ、変幻自在の撮影方法がもたらす映像力

ご興味ある方は是非ご覧くださいませ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

さよなら、僕のマンハッタン

『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督が描く珠玉の人間ドラマ『さよなら、僕のマンハッタン』。この映画についてCINEMOREさんで二本の記事を書かせていただきました。

一本目は「サイモン&ガーファンクルの名曲から読み解く『さよなら、僕のマンハッタン』」、そして二本目は「二人の”ウェブ”から見えてくる、マーク・ウェブ監督の試行錯誤と再起への誓い」。

つい先日も映画関係者の人とこの映画のことをお話ししていたのですが、最終的には「やっぱりウェブ監督は、本当に心が優しい。優しすぎるくらい、優しい」という結論に達しました。ニューヨークという変わりゆく街を本当に優しく包み込んだ作品です。個人的にはまるでポール・オースターの小説のような香りに酔いしれました。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2018/05/06

ホース・ソルジャー

思えば最近、ジェリー・ブラッカイマー製作の映画にお目にかかる機会がめっきりと減った。90年代から00年代にかけて、特に『ザ・ロック』や『アルマゲドン』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの頃は、あの道脇の木に落雷するプロダクションマークが映画の高揚感を否応なく高める序曲の一部だった気がする。同じような勢いが再来することはないにしろ、久方ぶりに「そうそう、このノリ!」と笑みがこぼれそうになったのが『ホース・ソルジャー』だ。今回は想像力を駆使した荒唐無稽な戦場アクションというわけではない。きちんと史実に基づく、それも9.11以降のアフガン戦線において長らく軍事機密として伏せられてきた内容の映画化だという。

12_strong

原題を『12 Strong』と銘打っている割には、12人のキャラクターを満遍なく印象付けるには尺も描写も足りない。が、少なくともクリス・ヘムズワースとマイケル・シャノン、それにマイケル・ペーニャあたりの個性は彼らの演技力も相まって実に際立っている。絶妙な呼吸や些細なやり取りで怒りや戸惑いやおかしみを分かち合うヘムズワースとシャノンの関係性は本作のまさに大黒柱となる部分だ。それに上官役としてブラッカイマー映画の常連であるウィリアム・フィクトナーが顔を出しているのも嬉しいところ。気になって調べると、フィクトナーもすでに還暦を超え、ブラッカイマーに至ってはもう74歳だという。そりゃ、製作本数が減少するわけだ。

続きを読む "ホース・ソルジャー"

|

2018/05/01

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー

映画.comにて『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のレビューを執筆しました。ご興味おありの方は是非ご覧ください。

本作は北米のオープニング週末興収にて2億5570万ドルという桁違いの数字を叩き出し、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を上回る歴代最高記録を樹立しています。これから興収がどれくらいまで伸びていくのか見当もつきませんが、きっとこれまた北米興収のトップに君臨する『フォースの覚醒』(9億3660万ドル)を脅かすほどの猛追を見せてくれることでしょう。

*ちなみに時間軸からすると本作の直前に位置する『マイティ・ソー バトルロイヤル』のレビューも執筆しておりますので、参考までにご覧いただければ幸いです。

さてさて、上記のレビューは基本的にネタバレなしで書いていますが、でも実際問題として今回の『』アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』は、見た後にどうしても今後の展開を予測してあれこれ語りたくなる映画でもあります。以下、結末にモロに触れていますので、本編をご覧になった方のみ、個々の責任のうえでお読みください。


*******************

*******************

続きを読む "アベンジャーズ インフィニティ・ウォー"

|

« 2018年4月 | トップページ | 2018年7月 »