« ホース・ソルジャー | トップページ | フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法 »

2018/05/29

さよなら、僕のマンハッタン

『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督が描く珠玉の人間ドラマ『さよなら、僕のマンハッタン』。この映画についてCINEMOREさんで二本の記事を書かせていただきました。

一本目は「サイモン&ガーファンクルの名曲から読み解く『さよなら、僕のマンハッタン』」、そして二本目は「二人の”ウェブ”から見えてくる、マーク・ウェブ監督の試行錯誤と再起への誓い」。

つい先日も映画関係者の人とこの映画のことをお話ししていたのですが、最終的には「やっぱりウェブ監督は、本当に心が優しい。優しすぎるくらい、優しい」という結論に達しました。ニューヨークという変わりゆく街を本当に優しく包み込んだ作品です。個人的にはまるでポール・オースターの小説のような香りに酔いしれました。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« ホース・ソルジャー | トップページ | フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法 »

【家族でがんばる!】」カテゴリの記事

【文芸】」カテゴリの記事

【生きるためのファンタジー】」カテゴリの記事