« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018/08/29

アントマン&ワスプ

『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』でマーベル・ユニバースが大混戦を迎える一方、この世界一ちっちゃな全長1.5センチのヒーローこと”アントマン”が3年ぶりの続編となってお目見えです。

今回は前作以上のアイディアとイマジネーション満載で、大きくなったり、小さくなったりと、見る側も常に自らのサイズ感覚が揺さぶられっぱなし。さらに小ささの壁を超えて量子の領域にまで入り込んでいく世界観は、もはや大きいのだか小さいのだか、一言では言い表せないほどに無限の広がりを見せつけてくれます。

そんな『アントマン&ワスプ』のレビューを映画,comにて書かせていただきました。ご興味ある方は是非ごらんください。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

トゥモロー・ワールド

『ブレード・ランナー』が描いた未来世界2019年を間近に控え、何かと「未来」や「技術」というものを問い直す機会が多くなってきた昨今。もちろん映画史には『ブレード・ランナー』という揺るぎない金字塔が存在する一方、個人的にはさらに高くそびえる山として、いつもこの傑作映画『トゥモロー・ワールド』の事を思い出さずに入られません。これほど胸に突き刺さって抜けない未来映画は他にないでしょう。そんな「知る人ぞ知る」この一作について、二本の記事を書かせていただきました。

0115

・時を重ね存在意義を増す『トゥモロー・ワールド』式リアルな未来

・圧倒的な”状況”を描き尽くした長回しの裏側

ちなみに本作の舞台となるのは2027年のロンドン。2006年の公開から数えるとすでに折り返し地点を越えましたが、いまだにこんな未来が本当に訪れるのではないかと怖くなります。微塵も古びることのないリアルなビジョンもまた秀逸です。是非、映画本編をもう一度見直しながらご覧頂ければ幸いです。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

ウインド・リバー

今年観た映画の中で10本の指に入る名作『ウインド・リバー』についてCINEMOREに二本の記事を書かせていただきました。

ネイティブ・アメリカン居留地にて起こった事件の真相に迫るダーク・サスペンス。一枚、一枚と襞をめくるかのように展開しつつ、この居留地システムそのものがこの国(アメリカ)の抱えるもう一つの歴史の闇でもあることを痛いほど突きつけられる作品です。

・傑作サスペンス『ウインド・リバー』が現代の”西部劇”でもある理由

・脇役俳優テイラー・シェリダンが、大注目の脚本家/監督になるまで

本作に興味ある方、すでにご覧になった方は是非お読みいただけると幸いです。そして11月にはこのテイラー・シェリダンが脚本を務める『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』も日本公開。こちらも非常に楽しみです。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2018/08/01

ジュラシック・ワールド 炎の王国

CINEMOREにて『ジュラシック・ワールド 炎の王国』についての記事を二本、執筆させていただきました。

夏シーズンの超目玉作品として今なお快進撃を続けている本作ですが、これまでのテイストとはどこか違う印象を秘めているのも事実。バヨナ監督の作家性に関する考察に加え、アニマトロニクスの増加という技術的な変化についても取り上げてみました。

・恐竜たちを呑み込んだ、監督J・A・バヨナの世界

・CG全盛の現在、アニマトロニクスが息を吹き返した理由

映画をご覧になられた方はぜひご覧いただければ嬉しいです。


この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »