« バトル・オブ・ザ・セクシーズ | トップページ | ウインド・リバー »

2018/08/01

ジュラシック・ワールド 炎の王国

CINEMOREにて『ジュラシック・ワールド 炎の王国』についての記事を二本、執筆させていただきました。

夏シーズンの超目玉作品として今なお快進撃を続けている本作ですが、これまでのテイストとはどこか違う印象を秘めているのも事実。バヨナ監督の作家性に関する考察に加え、アニマトロニクスの増加という技術的な変化についても取り上げてみました。

・恐竜たちを呑み込んだ、監督J・A・バヨナの世界

・CG全盛の現在、アニマトロニクスが息を吹き返した理由

映画をご覧になられた方はぜひご覧いただければ嬉しいです。


この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« バトル・オブ・ザ・セクシーズ | トップページ | ウインド・リバー »

【生きるためのファンタジー】」カテゴリの記事

【素晴らしき、黙示録の世界】」カテゴリの記事