« E.T. | トップページ | ヒッチコック『三十九夜』 »

2019/05/14

ジョーズ JAWS

『E.T.』に続いてスピルバーグ作品の『ジョーズ』について書かせていただきました。

単なるパニックホラーにとどまらない『ジョーズ』が描く巧みな人間ドラマ

本作の劇場公開は1975年。私は幼い頃、この映画をガクガクと震えながら、自宅のTVで観たのを断片的に覚えているのですが、いま大人になってから改めて観ると、意外にも社会や人間をめぐるドラマ性がしっかりしていて驚かされます。個人的にもあの主人公の警察署長と同世代になったからこそ、感じ入ってしまう部分が大きいのかもしれません。いやはやこれほど鑑賞年齢によって全く異なる受け止め方ができる作品だったとは。スピルバーグ、恐るべし。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« E.T. | トップページ | ヒッチコック『三十九夜』 »