« スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム | トップページ | 炎のランナー(1981) »

2019/07/11

ヒッチコック『鳥』(1963)

アルフレッド・ヒッチコック監督の代表作といっても過言ではない『鳥』について書きました。

ヒッチコックの『鳥』が映画史に輝く傑作である3つの理由/CINEMORE

もしかしたら有名すぎて逆に未見の方も多いのではないでしょうか。今なお古臭さなど微塵も感じさせず、観る者を強烈な磁力でひきつけ、さらには阿鼻叫喚の混沌へと叩きおとす、怪作。

ヒッチコック作品を観るときはいつも「定本 映画術」という教科書的な書籍を携えているのですが、今回も多くの舞台裏のエピソード、そして巨匠ならではのこだわりを学ぶことができました。ヒッチコックについて書くのはこれで5作品目ですが、本当に勉強になります。このペースだと全作品を鑑賞し終えるまでにすっかり年老いてしまいそうなので、時間があればこちらのブログでも取り上げてまいりたいと思います。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム | トップページ | 炎のランナー(1981) »

【地域:英国発】」カテゴリの記事

【劇薬!】」カテゴリの記事

【アート×映画】」カテゴリの記事

【素晴らしき、黙示録の世界】」カテゴリの記事

ヒッチコックを観る」カテゴリの記事