« ヒッチコック『鳥』(1963) | トップページ | さらば愛しきアウトロー »

2019/07/14

炎のランナー(1981)

ふと気になって数えてみたら、CINEMOREに書かせていただいた記事本数がこれでちょうど100本に達していました。

最初から「100本目指して頑張ろう」とか決め打ちしていたら多分途中で投げ出していたと思う。この媒体では新作のみならず、過去の名作について取り上げることも多く、これまで映画ライターとして「実はこの名作、観てないんですよ」とは口が裂けても言えなかった作品を一つずつ攻略していく日々でもあったように思います。本当に随分と勉強させてもらいました。

で、今回取り上げたのは『炎のランナー』。何もおのれの100本達成にふさわしい作品を選んだわけではなく(汗)、NHK大河ドラマ「いだてん」で7月7日に放送された回にいたく感銘を受けたからです。それで真っ先に思い出されたのが、1981年製作のこの映画でした。

Chariotsoffire

『炎のランナー』これぞスポーツ映画の傑作! ”走ること”に全てをかけた生き様/CINEMORE

2020年の東京オリンピックを迎えるまでに、ぜひ多くの人にご覧いただきたい作品です。イギリスでは2012年のロンドン・オリンピックに合わせて、この作品がデジタル・リマスタリングされて全国リバイバル公開されたり、また当然ながら街の至るところでこの映画のメインテーマが流れ、そして記憶に残っている方も多いでしょうが、オリンピック開会式ではMR.ビーンことローワン・アトキンソンが登場するくだりで世界中を大いに笑わせてくれました。そんなことにも思いを馳せつつ、お読みいただければと思います。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« ヒッチコック『鳥』(1963) | トップページ | さらば愛しきアウトロー »

【地域:英国発】」カテゴリの記事

【映画×偉人】」カテゴリの記事

【映画×スポーツ】」カテゴリの記事