« 炎のランナー(1981) | トップページ | 引き裂かれたカーテン(1966) »

2019/07/19

さらば愛しきアウトロー

映画界のレジェンドとも呼ぶべきロバート・レッドフォードがついに俳優業を引退。そのラストを飾る作品としてあまりに小粋で、カッコよく、なおかつ温もりに満ちた仕上がりとなった『さらば愛しきアウトロー』について書きました。

レッドフォードの俳優引退作『さらば愛しきアウトロー』を託された若手監督の奮闘/CINEMORE

監督を務めたデヴィッド・ロウリーは1980年生まれの新鋭ながら、これまでにアーティスティックな作品からディズニー大作まで幅広いジャンルを手がけている注目株です。以前、彼の『ア・ゴースト・ストーリー』についても執筆したことがありますので、そちらも併せてご覧いただければと思います。

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 炎のランナー(1981) | トップページ | 引き裂かれたカーテン(1966) »

【映画×偉人】」カテゴリの記事

【お年寄りが元気!】」カテゴリの記事