« アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜 | トップページ | 『アバウト・タイム』削除シーンのこと »

2019/08/22

アラビアのロレンス(1962)

毎日、相変わらずの暑さが続いてますが、こんな映画はいかがでしょう。

映画史に燦然と輝く傑作『アラビアのロレンス』について書きました。

Lawrence

『アラビアのロレンス』スピルバーグに監督になることを決意させた圧倒的な映像世界/CINEMORE

私が『アラビアのロレンス』と出会ったのはもう随分と大人になってから。学生時代も、社会人になってからも、200分越えという長大する壁を前にただただビビり続けて、この映画にかじりつくことを避けてきたように思います。

でもこじらせ続けてきたものって、いざ必要に迫られて取っ組み合うと意外と怖くないし、これまで意識し続けてきた分だけ逆にすっと相手の懐へ入れる。あらゆるものに通底する当たり前のことに気付かされたような気がしたものです。

こんなにも贅沢な200分の過ごし方。しかも部屋の窓を開けると、そこから砂漠さながらの熱風と灼熱の陽光が射しこんでくるわけです。もはや暑さは幸運。臨場感あふれる4DX体験。夏にこの映画を見ずしていつ見るというのか。

そんなわけでこれまでご覧になったことのない方はこの機会に是非。

そして今日一日、ラクダに乗って砂漠を横断するような気持ちで、頑張ってまいりましょう。

 

過去のCINEMORE執筆記事はこちらから。

映画.comの執筆記事はこちらから。

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜 | トップページ | 『アバウト・タイム』削除シーンのこと »

【地域:英国発】」カテゴリの記事

【映画×偉人】」カテゴリの記事

【紛争】」カテゴリの記事