« アラビアのロレンス(1962) | トップページ | 名優アレック・ギネスの役づくり »

2019/08/23

『アバウト・タイム』削除シーンのこと

リチャード・カーティスによる2013年の作品『アバウト・タイム』には、ファンの間でも大きな話題となった削除シーンがある。それが「アビー・ロードの渋滞」という場面。自宅で産気づいた妻を車に乗せて病院へ向かう最中、ビートルズのジャケット写真で名高いあの観光名所でいつもの大渋滞が発生している。少しでも早く車を進めるには、記念撮影するファン達をできるだけ迅速に捌かねば。さあ、健気なティムはどうやってこの場を切る抜ける? 

キャストの間でも好評だったシーンなのだが、最終的な判断でカットされることになったようだ。カットの理由については自ら推測するしかないが、いくらこのシーンが際立っていたとしても、ラストへ向かう中でここだけ際立ちすぎてしまうと本末転倒だ。カーティス自身が、勢いのあるノリではなく、もっとしっとりとした流れで全体がまとまっていくことを望んだのだろう。

もう一点、音声解説に耳をすませていると、脚本の段階ではこの場面で「スペシャルゲストが登場する予定だった」そうで、それが叶わなかったことにより、当初の構想からやや離れたものになってしまったことも考えられる。

ともあれ、ビートルズがかの有名なジャケット撮影を行ってから8月8日でめでたく50周年を迎えた(この日はファンが大集結して大盛り上がりだったようだ)。そしてカーティスは自身が脚本を務めた『イエスタデイ』にて、これまで以上にビートルズという存在に真正面から向き合っている。惜しくも幻となってしまったが、この削除シーン、いまにつながる大きな布石となっているようにも思えるのだった。

|

« アラビアのロレンス(1962) | トップページ | 名優アレック・ギネスの役づくり »

【生きるためのファンタジー】」カテゴリの記事

【地域:英国発】」カテゴリの記事

【家族でがんばる!】」カテゴリの記事

memo」カテゴリの記事