« 「追跡者」U.S.Marshals | トップページ | バート・レイノルズとワンス・アポン・ア・タイム »

2019/09/09

タランティーノとポランスキー

タランティーノの新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』については以前にも記事を書いた。その時、下調べする中で、ロマン・ポランスキーにまつわるちょっとしたエピソードを見つけたので、ご紹介しておきたい。

ご存知の通り、本作にはポランスキーと’69年時の妻シャロン・テートが関わってくるのだが、当初、タランティーノはポランスキーに一切の許諾を求めていなかった。一連の事件はもはや個人的体験を超えた「重要な歴史の一部」であり、それゆえ彼と連絡を取って詳細な言葉を交わす必要など全くないと考えていたからだ。

一方、ポランスキーはこの企画の噂をどこからか聞きつけ、ある日、共通の友人がタラに「どんな内容なの?」と電話をかけてきたのだとか。どうやらポランスキーは怒ってるとか、懸念しているとかでは全くなく、純粋に興味関心を寄せているらしい。この時、初めてタランティーノは事前に内容を伝えておいてもいいかなと感じるわけだが、しかし当のポランスキーは自由に渡航できない身。そこで先述の共通の友人がタラ邸に招かれ、代理として門外不出の脚本を読ませてもらったそう。もちろんそこで火種が生じるなんてことはなく、結果、何ら問題ないまま、企画を前に進めていくことができたという。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 「追跡者」U.S.Marshals | トップページ | バート・レイノルズとワンス・アポン・ア・タイム »

【生きるためのファンタジー】」カテゴリの記事

【劇薬!】」カテゴリの記事

【映画×偉人】」カテゴリの記事

【素晴らしき、黙示録の世界】」カテゴリの記事

クエンティン・タランティーノ」カテゴリの記事

500文字コラム」カテゴリの記事