« 「ホームステイ ボクと僕の100日間」(2018) | トップページ | ジョーカー »

2019/09/26

ヒッチコック「サボタージュ」(1936)

Sabotage-02ヒッチコック作品の中では、本作の知名度などほんの豆粒ほどにしか満たないかもしれない。が、小さいながらも、一本一本にドキッとさせるような仕掛けを潜めて観客を驚かせるのが英国時代のヒッチコックの常套手段。本作もなめてかかると痛い目を見る。タイトルからして注意が必要で、いわゆる労働者が意図的にその仕事を遅らせたりする行為のことではなく、ここでは「破壊活動」や「テロ行為」がその意味にあたる。第二次大戦前のきな臭さ漂う中、イギリス国内で大停電や爆破テロなどを画策する謎の集団に焦点を当てつつ、八百屋に扮して捜査する刑事や、容疑者の妻であり映画館の経営を切り盛りするヒロインなども絡めつつ、事態はますます複雑さを増していく。

 

中でも一つの見せ場となるのが、時限爆弾の仕掛けられたフィルム缶がロンドン中を移動し、今にも爆発しそうな緊張感が否応なく高まっていくところ。1936年の映画ゆえ、リアルな爆破シーンを活写しているわけではないが、その分、カット割りや編集の巧みさによって驚くべきシーンに仕上がっている。未見の方はぜひ一度、見ておいたほうがいい。そこからもつれ込むクライマックスの顛末も脚本が見事。いやはや恐れ入りました。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 「ホームステイ ボクと僕の100日間」(2018) | トップページ | ジョーカー »

【地域:英国発】」カテゴリの記事

【映画×偉人】」カテゴリの記事

ヒッチコックを観る」カテゴリの記事

500文字コラム」カテゴリの記事