« 『12モンキーズ』と『めまい』 | トップページ | ボーン・アイデンティティー »

2019/11/11

MSP公演『ローマ英雄伝』

明治大学シェイクスピアプロジェクトの公演『ローマ英雄伝』を観に久しぶりに母校へ。
自分とはもはや親子ほど年齢の離れた学生さんたちが作り上げる舞台はもちろんのこと、受付や誘導のスタッフの機敏な立ち振る舞いや丁寧な応対に至るまで、そこで見たこと、経験したことひとつひとつに感動しっぱなし。すっかり涙腺緩みおじさんと化していました。親戚や知り合いが出てるとかそういうのでは全くないのに、不思議なものです。

今から400年前、グローブ座などで上演されていた頃から常に庶民の最も近いところにあり続けたシェイクスピア。学生さんたちにとってそれらの作品を日本という国で受け止め、咀嚼し、解釈し、さらには日本語の舞台として作り上げて観客に届けるという行為は凄まじいパワーを要するものだと思います。でもこの日本最大規模の学生カンパニーが奏でる一大プロジェクトは見事に呼吸を合わせてそれをやってのけていた。見ていてただただ壮観でした。

世界中で「ポピュリズム」というものが注目される今、それを色濃く描いた「ジュリアス・シーザー」と「アントニーとクレオパトラ」という、シェイクスピア物としてはそれほど有名とは言えない二本の戯曲を二部構成にして提示した趣向にも唸るものがありました。古代の物語なのにそこには自ずと現代世界が透けて見えてくるかのよう。とりわけ、メインとなる登場人物に匹敵する「民衆」という得体の知れない、しかしとてつもなく強力な存在の描き方にゾクゾクさせられた3時間超えの圧倒的な空間。見に行って本当に良かった。

「学生さんたちにとって素晴らしい経験になったと思う」なんて口が裂けても言いたくない。何よりもそれを観た僕自身にとって素晴らしい経験になりましたし、大きなパワーをもらいました。もしかしたら400年前の観客たちも、こうやってシェイクスピアから生きる喜びを与えられていたのかもしれません。そんなことを考えながら帰途に着きました。心から感謝。また来年も必ず見に行きたいと思います。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 『12モンキーズ』と『めまい』 | トップページ | ボーン・アイデンティティー »