« 2019年Best10 | トップページ | カッコーの巣の上で »

2020/01/08

イーストウッド最新作『リチャード・ジュエル』

映画.comに『リチャード・ジュエル』のレビューを執筆させていただきました。
クリント・イーストウッド監督の最新作です。
さて今回はどんな切り口で社会を射抜くのか・・・。
「巨匠」とか「生きる映画史」とか「究極のアウトサイダー」と呼ばれる彼ですが、
いつもながらに感心させられるのは、全く主義主張がぶれない、そしてわかりやすいこと。

本作でも爆破テロ事件を扱いながら、単純な犯人探しの構図に落とし込むのではなく、
むしろ彼が長年こだわり続ける「悩める英雄」の姿を浮き彫りにしていく過程が面白いです。
僕なんぞがイーストウッドについて書くのはおこがましいとは思いつつも、
ぜひお読みいただけると嬉しいです。

あけましておめでとうございます。
読んでくださる方のお力添えのおかげで書き続けられております。
大変ありがたいことです。もっともっと切磋琢磨せねばと思います。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 2019年Best10 | トップページ | カッコーの巣の上で »

【監督:クリント・イーストウッド】」カテゴリの記事

【映画×偉人】」カテゴリの記事

【レビュー】」カテゴリの記事