« フェリーニの『甘い生活』 | トップページ | フェデリコ・フェリーニ『8 1/2』 »

2020/01/29

『彼らは生きていた』がもたらす、かつてない映像体験

かつて映画界に一大旋風を巻き起こした『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ。この映像革命とも言える本作を手がけたピーター・ジャクソン監督がいかなる作品を仕掛けるのかは、新作発表のたびに世界中のファンが固唾をのんで見守ってきた関心事と言える。そんな彼が2019年に解き放った最新作はまさかの戦争ドキュメンタリー。今からほぼ100年前の第一次大戦、その戦場の最前線に焦点を当てた作品だ。そしてさすが、ピーター・ジャクソンというべきか、彼が本作で見せた執念のほどは凄まじいものだった。まずはBBCに保管されていた膨大なる映像資料を紐解く。もちろん音も色も付いていないものだ。この「モノクロ」と「サイレント」というあり方は、私たちの日常の中でも記号的に機能し、そこに映し出されたものを自ずと「歴史」として捉えるメカニズムが出来上がっているように思える。

だが、これを逆手に取ったかのようなピーター・ジャクソンの企てが始まる。彼は記録映像に「色」と「音」をつけ、これまで私たちが「歴史」として分類していた思考上の壁を取り払ってみせるのだ。

モノクロ映像で始まった本作は、冒頭を抜けたある地点から、ふとカラー映像に変わる。その刹那、自分の胸の中で沸き起こったかつてない「揺らぎ」の感覚は長らく忘れることがないだろう。戦場へと向かう兵士一人一人の表情が克明に伝わってきて、それは自ずと、彼らの感情そのものと対峙することにもつながっていく。歴史と対面するのではない。私たちは日常中でふとすれ違った若者の顔を直視するみたいに、驚くほどすぐそばにある存在に触れるのだ。彼らが映し出されるのは一瞬でしかないものの、その一瞬からリアルな「生」が飛び込んでくる。

新たな事実が解き明かされるわけでも、衝撃的な場面(戦場のシーンでは多くの死体が映し出されるものの)が描写されるわけでもないのだけれど、音と色を伴って歴史的映像に触れたこと、もっと言うと100年前の兵士たちの素顔に出会えたことは、自分の目で同時代的にそれらを目撃したかのように驚くべき体験だった。記録を記憶として受け継ぐこと。従来とは全く別の感覚を発動させながら歴史を感じ、触れること。『彼らは生きていた』はそういった映画の可能性を指し示してくれる極めて興味深い作品である。

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« フェリーニの『甘い生活』 | トップページ | フェデリコ・フェリーニ『8 1/2』 »