« 『おばけ』という映画を見た | トップページ | ストラトフォード・アポン・エイヴォン »

2020/02/25

野性の呼び声

映画.comにて『野性の呼び声』のレビューを書かせていただきました。ジャック・ロンドンが著した原作小説はアメリカ本国で教科書に載るほど親しまれている作品なのだとか。過去にも何度も映画化、ドラマ化されてきましたが、原作のストーリーを最初から最後までをきちんと映像化するのは珍しいことなのだとか。

Callofwild

確かにこの物語は、穏やかな気候のカリフォルニアから極寒のユーコンへと舞台を様変わりさせ、犬をはじめとする動物たちがメインとなるシーンもてんこ盛り。さらには飼い主がバトンリレーのように変移を遂げていく。これらを全て成立させるのは大変な苦労を伴う仕事です。でも技術と演出力と演技力が3つ揃うことで、難所を見事に乗り越えることができた。ここが何よりも素晴らしい点だと思います。

ハリソン・フォードが人間の言葉を喋り、それに対して犬が咆哮で返すーーーこの言葉を超えた絶妙なやり取りに『スター・ウォーズ』のソロとチューイの姿が思い出されて嬉しくなりました。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 『おばけ』という映画を見た | トップページ | ストラトフォード・アポン・エイヴォン »

【文芸】」カテゴリの記事

【レビュー】」カテゴリの記事

メディア執筆原稿」カテゴリの記事