« ENGLISH JOURNAL | トップページ | パチーノ、デ・ニーロ、スコセッシ・・・ »

2020/02/08

ケン・ローチ監督『家族を想うとき』

リアルサウンドにてケン・ローチ監督についての記事を書きました。正直、ローチという壁があまりに高すぎて、自分の限界を感じました。でもこの機会に自分なりに振り返っておいてよかったと感じています。そして最近の彼の作風は、政治的主張を大上段から振り下ろすというよりも、歳を重ねてますますしなやかになっているとも感じるのです。だからこそ、より胸の芯の部分にまですんとナチュラルに沁み渡っていく。日本では絶版になっている作品も多いですが、これから彼の素晴らしい作品に普通にアクセスできる環境が整っていくことを願うばかりです。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« ENGLISH JOURNAL | トップページ | パチーノ、デ・ニーロ、スコセッシ・・・ »