« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020/03/31

『第3逃亡者』(1937)

英国時代に『暗殺者の家』(34)、『三十九夜』(35)といった快心作で多くの観客を沸かせたヒッチコックだが、続く『間諜最後の日』と『サボタージュ』では若干シリアスな方向へと振れ、これが37年製作の『第3逃亡者』になるともう一度ワクワクするような冒険要素を取り戻し、さらなる英国時代の集大成『バルカン超特急』へとバトンを渡した感が強い。

主人公は浜辺で他殺体を見つけた若き男。彼は警察から容疑をかけられる中、ふとした隙を見て逃亡する。目的はただ一つ。真犯人を捜すこと。だがどういうわけか警察署長の若き娘(彼女がもう一人の主人公となる)が行動を共にするようになり、二人はケンカしながらも「鍵を握る人物」の発見に全力を尽くすのだが・・・。

原題の"Young and Innocent"は、若くて純真なヒロインと、若き無実の男、その双方を指しているのだろう。これに対して邦題は『第3逃亡者』とやや分かりにくく、さらにアメリカでも公開時は"The Girl was Young"という米題だったそうだ。ともあれ、ヒロインの肝っ玉の強さが事態を切り開き、さらに第3番目のキャラとなる人物が飄々と仲間に加わることで、にぎやかな3人組になるのが楽しい。

極め付けはラストのダンスホールの場面。天井近くにカメラを据え、玄関口から徐々に移動し、そこからクレーンを使って踊っている人の合間を縫って、ステージ上の楽団に割り込み、いちばん奥でドラムを叩く人物の顔をクローズアップする。この一連のカメラワークをワンカットで捉える流れが素晴らしいのだ。つくづく、物語を伝えるのは役者のセリフだけではないことに気づかされる。カメラも込みで「第4逃亡者」と銘打って欲しいところだ。

Youngandinnocent2
第3逃亡者 Young and Innocent
監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演:デリック・デ・マーニー、ノヴァ・ビルビーム
原作:ジョセフィン・テイ
撮影:バーナード・ノールズ
1937年/イギリス/84min.

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2020/03/29

『羅生門』(50)

いくつもの県で外出自粛が言い渡されたこの週末、NHKで『羅生門』が放送された。3月23日で生誕110周年を迎えた黒澤明監督の代表作『羅生門』は、「人によって”事実”の捉え方は全く異なる」という意味合いで、今なお時代や文化を超えて世界中の数多くの映画で応用される。興味深いことに、以前見た印象と、今回改めて見た印象は全く違った。自分の中でさえ、その時々によって別人のように受け止め方が変わるのだから、これが他人どうしなら尚更の事だ。

シンプルな状況数式に次々と変数が加えられ、はじき出される数字がどんどん変わっていく。猛スピードで野山を駆け巡る主人公を照らす木漏れ日がまさにその変数をも思わせ、ある意味、万華鏡的。また、耳を澄ますと聞こえる早坂文雄の「ボレロ」風の音楽が、迫りつつあるも、なかなかやってこない”何か”を示唆しているかのよう。手が届きそうで、その実、なかなか手で触れられない。真実はかくも迷宮のごとし。我々は真の意味では究極の答えにたどり着けないことを知りながら、それでもなお手を伸ばして求め続けねばならない。それが絶望しないということだ。あのひ弱そうな志村喬の最後の表情は、己に圧倒的に欠けたものや矛盾を受け入れながら、それでも未知数を抱きしめて生きようとする姿に見えた。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2020/03/28

『断崖』(41)

相変わらず、毎晩の精神安定剤のようにヒッチコック映画を摂取している。おかげさまで眠りも深い。特に白黒映画というものは視覚的な刺激を抑え、心を和らげてくれる効果があるのかもしれない。本日は『断崖(原題:Suspicion)』という作品。見るからに思わせぶりなタイトルだが、驚くべきことに序盤はなんともメロドラマ的な展開が続く。列車内での男女の出会い。逢いびき。駆け落ち同然の結婚ーーー。ああ、このまま二人のラブゲームが続くのかと思ったその時、ケイリー・グラント演じる男が放ったセリフがこれまでのどんなサスペンスやミステリーにも増して衝撃的だった。「カネ?俺、全然持ってないよ。無一文なんだ」。

そこからジョーン・フォンテイン演じるヒロインの葛藤の日々が始まる。実は、夫は虚言癖の塊みたいな男で、しかも一つ間違うと何をしでかすかわからない危なっかしさがある。疑心暗鬼にかられた妻は、だんだん夫のことが信じられなくなり・・・というお話。原作ものだが、ヒッチコックは案の定、結末をガラリと変えたそう。このジワジワと絞められていくような展開を、いつの間にかのめり込みながら見ている自分に気づいた。夫婦間のサスペンスは恐ろしい。通常ならグラントはヒッチコック作品でユーモラスな役柄を演じることが多いのに、時にはこんな役もやっちゃうのかとヒリヒリしたものを感じた。その意味ではかなり異色作と言っていい。というわけでおやすみなさい。

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2020/03/26

「チャンプ」(79)

1979年の映画『チャンプ』について書かせていただきました

この映画との出会いはちょっと衝撃的でした。僕は最初、DVDジャケットにもなっているようなボクシングの映画かと思って見始めたものの、肝心のボクシングがなかなか始まらない。むしろ競走馬がわんさか出てくる。涙無くしては見れない親子ドラマもある。そしてようやくリング上でゴングが鳴るのはラスト20分になってから。これが散々待たせただけあって壮絶でした。当時、ファイトシーンの振り付けを担当したジミー・ガンビノが「これまででベストのファイトシーンに仕上がった」と満足げに語ったとも伝えられていますが、当時人気だった『ロッキー』シリーズにも迫るほどの迫力と執念で圧倒されます。そしてそこから始まる号泣の嵐。本作はこれらのくだりでとにかく「泣かせる」ことでも有名な作品です。

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2020/03/24

『フェアウェル』

ゴールデングローブ賞で主演女優賞を獲得した傑作『フェアウェル』についてレビューを書かせていただいております。ご興味ある方はご覧いただければ嬉しいです。

この映画に出会えて本当に良かったと、素直にそう思える一作。優しく、柔らかな気持ちになれて、心の中に栄養がスーッといきわたっていく・・・そう書くとなんだか胃薬の宣伝みたいですが・・・自分の本心は刻一刻とアップデートされる世界ニュースよりも、むしろこのような心の栄養を求めていたんだな、と改めて感じました。

Farewell

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2020/03/23

『恐竜が教えてくれたこと』

児童文学が原作とはいえ、この映画は決して侮れない。

むしろ子ども時代を経由していつの間にか大人になってしまった私たちの方こそ、本作の展開に感じ入ってしまう部分が多いのではないか。

 

続きを読む "『恐竜が教えてくれたこと』"

|

2020/03/18

ヒッチコック「間諜最後の日」(36)

真夜中に少しずつ見進めていくヒッチコック作品の数々。本日は1936年の『間諜最後の日』を楽しんだ。原題は"The Secret Agent"。 この前作にあたる傑作『三十九夜』(こちらについては過去に記事にしたこともあり)はジョン・バカンによる原作モノで、対する本作はサマセット・モームが原作。いずれの作者も諜報員だったり情報部に属する軍人だったりと、きな臭さでむせかえる世界情勢を読み解き、エンタテインメントに落とし込む才に長けていた人たちだ。

Secretagent

ただ『三十九夜』が英国内を確固たる動線をたどって駆け巡る躍動感に満ちているのに比べると、『間諜最後の日』は第一次対戦中の緊迫したヨーロッパが舞台でありながら、何が目的なのか漠然としていて、登場人物たちの目的遂行への意志も弱い。緊迫感や娯楽性の上では前作とはかなり格差が生じているのは否めない。ヒッチコック自身も書籍「映画術」(晶文社)のトリュフォーとの対話の中で、

「アイデアは決して不足してなかったんだが、映画は失敗作だったな。というのも、この種のアクション映画では主人公がはっきりとした目的を持っていて、その目的に向かって邁進しなければならない。それが映画そのもののアクションの展開の生命力になると同時に、観客が主人公に同化して完全に映画に参加するための助けになるわけだ。(中略)ところが本作の主人公には、目的があるとはいえ、それはむしろ、嫌々ながら果たさなければならない義務であって、できればそんな仕事を投げ出してしまいたいと思っている」(P.93)

と語っている。ただ、どうだろう。暗雲立ち込める第二次大戦直前の時代にこのような映画を製作するにあたって、主人公の男女が「人殺しなんてまっぴらごめんだ。この仕事を辞めて、一緒に逃げよう」と言い出したり、また敵のエージェントが残忍極まる悪役ではないところなど、決してステレオタイプに陥らない、陥らせないヒッチコックのこだわりが感じられる。彼は人間の心や信念の揺れを描くのが本当にうまい。ふとした瞬間、我々もまた、これが古典映画であることを忘れ「生身の人物」と接したかのような感情にさらされるのだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2020/03/17

「The Fall 落下の王国」

ターセム・シン監督作『落下の王国』について書かせていただきました。公開時にも、この一筋縄ではいかない語り口に魅了され、「物語の湧き上がってくる場所(本作では、人と人とがふれあう狭間に”物語内物語”が生じていく)が面白い」と知人と語り合っていたのですが、その映画作りの裏側はもっと一筋縄ではいかないものでした。お時間ある方はぜひ、作品鑑賞と合わせてお読みいただければ幸いです。

ところで、本作はターセム監督が「この人と結婚して生涯を共にしたい」と心から願っていた恋人と破局を迎えたのを機に、制作が始まったとのこと。様々な映画の裏話を覗いていると、映画監督の中には自分の強みや長所よりもむしろ「何らかの苦しみや自分の弱さ」をバネにしてとんでもない名作を作り上げる人が多く、これは一体なんなんだろうな、と思わされます。

例えば、スピルバーグは自らの映画作りの原点について「僕はただ怖いと感じてるものを自分から取り出したかっただけだよ。(中略)怖くなくなって正視できるようになるから。そしたらやがて、自分がちょっとモンスターなものだから、みんなにも怖がってもらおうと思い出したんだ」「だから、僕にとっては(映画作りは)一種のセラピーだよ。自分の暮らしから追い出して、あなたがたの真ん中にドカンと置いてみた、みたいなこと」(J.リプトン著「アクターズ・スタジオ・インタビュー」2010/早川書房/酒井洋子訳)と語っています。

自らの感受性をうまく転換させて別次元へと放出する。あるいは、苦しみから少しずつ抜け出していく過程、魂が抜け出すかのように自分をどんどん俯瞰して見つめることで、そこに何らかの”表現すべき世界”が立ち上がっていく・・・そういった幾つかの心理的、精神的な作用すら思い浮かびますが、つまるところ私たちの苦しみや悲しみというものは、常に大きな力にもなりうるということなんじゃないかな、とぼんやり考える午後。

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2020/03/15

ヒッチコック『知りすぎていた男』(56)

このタイミングに普段あまりできなかったことを実践しようと思い、手当たり次第、ヒッチコック作品を紐解いている。お時間ある方は是非お付き合いのほどを。今回のお題は『知りすぎていた男』。

 

 

***

本作は『暗殺者の家』('34)をヒッチコック自身がセルフリメイクしたものだ。もっとも、前作はイギリス映画だが、リメイク版はパラマウント製作のアメリカ映画。ヒッチコック自身は両作の違いについて「オリジナル版はアマチュアの傑作、リメイク版はプロの傑作」と語っている。

物語はモロッコで幕を開ける。にぎわう市場で殺人事件に遭遇したスチュワート演じる医師は、死にゆくその男から「要人を狙った暗殺計画が進行中」とメッセージと告げられ、間髪入れず、別の男からは「メッセージを明かしたら、息子の命はない」との脅迫を受ける。結果的に警察の手を借りず、ドリス・デイ演じる妻とともに奔走するしか術がなくなるのだが・・・。

やがて舞台はロンドンへと移り、ロイヤル・アルバート・ホールで行われるオーケストラ演奏に合わせてボルテージも最高潮に。そのさなか、曲を締めくくるシンバルの「ジャーン!」のタイミングを狙って、暗殺者の銃口が向けられる。実は冒頭部分でこの部分がすでに示唆され、観る側にとって本作の流れそのものが、ここへ向けたカウントダウンとなる構成もまたニクい。

Man02

演奏中にサスペンスが進行するという筋書きは、最近だと『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』にも用いられた。クリストファー・マッカリーら作り手たちが同じスパイ・サスペンス映画の大先輩であるこの傑作を意識しなかったことはまずありえないだろう。

ちなみに交響楽団の指揮者としてちらりと顔を出すのはバーナード・ハーマン。『サイコ』『めまい』などのヒッチコック代表作を音楽面で支えた偉大な作曲家である。

Man01

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2020/03/11

ヒッチコック『舞台恐怖症』('50)

ヒッチコック作品の中でさほど知名度は高くない。私の中でもなぜかメロドラマ的なイメージがはびこっていて、これまできちんと観たことがなかった。が・・・喰わず嫌いってものは本当に良くない。これ、ものすごく面白い娯楽作で、キャラクターや展開、そして「演じること」を活用した物語構成が実に巧みな点に胸を鷲掴みにされた。

メインとなるのは、愛する人の殺人容疑を晴らそうと「役になりきる」才能を活かして渦中に潜り込む見習い女優。そこで対するは大物女優。舞台では共演することの叶わぬ二人が、舞台外にて虚構性の刃を突きつけ合う。この二重構造がスリリング。また終幕に向けて劇場構造を活かした動線が周到に構築されていくのも面白い。

特筆すべきは、やはり冒頭の回想シーンだろう。公開当時、この使い方が納得いくものかどうか、ヒッチコック自身も思い悩み、世間の評価も割れたそうだ。しかし70年の時を経て初鑑賞した私の目から見ても、思わず「あっ!」と声を上げてしまうほど鮮やかなトリックだった。主演のジェーン・ワイマンが『アメリ』のオドレイ・トトウのようで可愛らしい。この時すでにオスカー女優だったそうだが、その風格を微塵も感じさせないところがまたいい。

Stagefright04

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2020/03/10

ヒッチコック「救命艇」

相変わらず真夜中にヒッチコック映画を見続けている。今夜は'44年の作品『救命艇』。冒頭、客船がもくもくと煙を吐きながら海上へと崩れ落ちていく。どうやらUボートの攻撃にやられたらしい。その惨憺たる状況から逃れた一隻の救命艇。この4畳半ほどの空間が本作の舞台で、ここからの視点だけで物語が完結する。つまり究極の限定空間モノにして極限の密室劇。ヒッチコックは他にも『ロープ』『ダイヤルMを廻せ!』『裏窓』など限定空間を舞台にした作品をいくつも作り上げているが、これはその頂点たるものだ。一人、また一人と、救いを求めこの海上の舞台に乗り込んでくる登場人物たち。性別はもちろん、人種や職業や階級も違う。それに撃沈されたUボート側の乗組員まで加わることで、複雑な疑心暗鬼が生まれ、濃密な心理ドラマが展開していく。ゆらゆらと揺れる艇内でびしょ濡れ状態のキャストたちの姿からは、いくらスタジオ撮影とはいえその過酷さがうかがえる。大戦中に製作された映画ながら決して固定観念に縛られず、自分たちが人間としてどうあるべきかを描き出そうとするあたりにメッセージ性も見出せる。アカデミー賞では監督賞、原作賞、撮影賞にノミネート。ヒッチコックは新聞広告のイラストにてカメオ出演。

Lifeboat

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2020/03/09

『コロンバス』

3月14日より公開を迎える劇映画『コロンバス』にとても心奪われました。

 

続きを読む "『コロンバス』"

|

2020/03/07

ヒッチコック「見知らぬ乗客」

このところ、真夜中にヒッチコック作品を一本ずつ紐解いている。本作は50年代初頭、ヒッチコックがワーナーブラザーズと契約を結んでいた時期に撮られた白黒作品。この面白さは、名だたるヒッチコック作品群の中でも先頭集団に入るレベルだ。列車内でとある男からテニス選手へ持ちかけられた交換殺人。てっきり悪質な冗談かと思っていたら、これが現実となり「さあ、俺は約束を果たした。今度はお前の番だ!」と迫られる。が、秀逸なのはここから主人公が袋小路へ追い詰められるのではなく、むしろ物語が様々な登場人物や舞台を織り交ぜながらワイドに展開していくところだろう。そしてほのかにユーモアが香るところも魅力。犯人役のロバート・ウォーカーが親への複雑な思いを抱えながら屋敷に同居しているところは、のちの『サイコ』などにもつながる部分がありそうだ。ただ、情報をチェックしていて驚いたのが、このウォーカー、本作の制作から間もなくして32歳の若さで亡くなったそうだ(それを知ると、彼の飄々とした演技を笑うに笑えなくなる)。ともあれ、クライマックスのテニスマッチ、それから一団がなだれ込む遊園地での目を疑うほどの大スペクタクルといい、想像を超えた別次元へといざなってくれるエンタテインメント快作である。

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2020/03/05

アマデウス

今から35年前のオスカーに輝いた傑作『アマデウス』について書きました

『アマデウス』と聞くと、クラシック音楽好きな方以外はどうしても体が膠着してしまうかもしれません。でも、これを「才能に恵まれた者」と「そうでない者」との人間ドラマとして見つめると、我々にとっても身近な物語のように思えてきます。まあ、間違いなくモーツァルトとサリエリの(フィクションをはらんだ)物語なのですが、これをあえてミロス・フォアマン監督の作家性や彼のたどった人生を通じて見つめてみました。そこで何が見えてきたかについてまとめています。

オスカーに輝いた『カッコーの巣の上で』や『アマデウス』を始め、フォアマンの作品はとにかくそのパワフルな人間描写が魅力。コロンビア大学ではジェームズ・マンゴールドの指導教授だったことでも知られる彼ですが、パワフルな人物描写といった部分はマンゴールドにもしっかりと受け継がれているように思えます。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2020/03/04

ストラトフォード・アポン・エイヴォン

今週末公開(と言っても新型コロナウィルスの影響で上映館はごく限られてしまいますが)のイギリス映画『シェイクスピアの庭』は、我々がよく知る人気劇作家のお話でありながら、焦点が当てられるのは彼の全盛期というわけではなく、あまり知られていない時期。ロンドンのグローブ座焼失後、大きな失意を抱えて妻や娘の暮らすストファトフォード・アポン・エイヴォンへと戻った頃から晩年にかけてがメインとなります

過去にも数々の舞台や映画でシェイクスピア作品と真摯に、情熱的に向き合い続けてきたケネス・ブラナーが自ら監督と主演を兼任しており、人生を慌ただしくひた走ってきたシェイクスピアが生まれ故郷のこの町でフッと一息つくときに心の片隅をよぎっていく風景がとても美しく、丁寧に綴られています。ある理由から、彼は「庭づくり」に精を出し始めるのですが、この辺りの心象を投影させるかのような描き方にも興味深いものがあります。

続きを読む "ストラトフォード・アポン・エイヴォン"

|

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »