« 『羅生門』(50) | トップページ | C.グラントとJ.スチュアート »

2020/03/31

『第3逃亡者』(1937)

英国時代に『暗殺者の家』(34)、『三十九夜』(35)といった快心作で多くの観客を沸かせたヒッチコックだが、続く『間諜最後の日』と『サボタージュ』では若干シリアスな方向へと振れ、これが37年製作の『第3逃亡者』になるともう一度ワクワクするような冒険要素を取り戻し、さらなる英国時代の集大成『バルカン超特急』へとバトンを渡した感が強い。

主人公は浜辺で他殺体を見つけた若き男。彼は警察から容疑をかけられる中、ふとした隙を見て逃亡する。目的はただ一つ。真犯人を捜すこと。だがどういうわけか警察署長の若き娘(彼女がもう一人の主人公となる)が行動を共にするようになり、二人はケンカしながらも「鍵を握る人物」の発見に全力を尽くすのだが・・・。

原題の"Young and Innocent"は、若くて純真なヒロインと、若き無実の男、その双方を指しているのだろう。これに対して邦題は『第3逃亡者』とやや分かりにくく、さらにアメリカでも公開時は"The Girl was Young"という米題だったそうだ。ともあれ、ヒロインの肝っ玉の強さが事態を切り開き、さらに第3番目のキャラとなる人物が飄々と仲間に加わることで、にぎやかな3人組になるのが楽しい。

極め付けはラストのダンスホールの場面。天井近くにカメラを据え、玄関口から徐々に移動し、そこからクレーンを使って踊っている人の合間を縫って、ステージ上の楽団に割り込み、いちばん奥でドラムを叩く人物の顔をクローズアップする。この一連のカメラワークをワンカットで捉える流れが素晴らしいのだ。つくづく、物語を伝えるのは役者のセリフだけではないことに気づかされる。カメラも込みで「第4逃亡者」と銘打って欲しいところだ。

Youngandinnocent2
第3逃亡者 Young and Innocent
監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演:デリック・デ・マーニー、ノヴァ・ビルビーム
原作:ジョセフィン・テイ
撮影:バーナード・ノールズ
1937年/イギリス/84min.

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 『羅生門』(50) | トップページ | C.グラントとJ.スチュアート »

【地域:英国発】」カテゴリの記事

【レビュー】」カテゴリの記事

ヒッチコックを観る」カテゴリの記事