« C.グラントとJ.スチュアート | トップページ | クーリンチェ少年殺人事件(1991) »

2020/04/08

『シザーハンズ』(1990)

新作の劇場公開が軒並み延期されてしまったこともあり、私は過去の名作を鑑賞して紐解く機会が多くなっています。ただ、ずっと座っていると健康にも悪いので、最近は昼間はできるだけ「立ちながら」鑑賞することに努めています。これでいくらか運動不足が解消できるといいのですが。

そんな中、私が中学生の頃に鑑賞した『シザーハンズ』について執筆させていただきました。何かと心が落ち着かない日々ではありますが、もしも読んでやってもいいぜ、という方がいらっしゃいましたら、ぜひご覧いただけると嬉しいです。世界中で愛され続けている名作なので、何を書いても今更感が強いことはわかっているのですが、今回は随分久しぶりに再見した際にふと気がついた、衣装の色彩と感情とのリンクについて論じています。

ずっとネットやテレビにばかり張り付いていると、どうしても心が疲れてしまいますよね。実は私もそうでして・・・この『シザーハンズ』にちょっとばかし救われました。時に名作は心をふっと軽くしてくれることがあるようです。

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« C.グラントとJ.スチュアート | トップページ | クーリンチェ少年殺人事件(1991) »

【生きるためのファンタジー】」カテゴリの記事

【アート×映画】」カテゴリの記事

【家族でがんばる!】」カテゴリの記事

メディア執筆原稿」カテゴリの記事