« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020/05/28

『ワイルド・ローズ』

とても気持ちのいい映画に出会った。音楽の聖地ナッシュビルを夢見るカントリー歌手の物語————そう書けばアメリカンドリームを掴みとろうとする米映画お決まりのパターンかと思われるかもしれない。しかし、そもそもこれは英国映画だし、舞台はスコットランドのグラスゴー。さらに主人公の女性歌手は今ようやく刑務所を出たばかりで、二人の子持ちのシングルマザー。才能は確かにある。誰が聞いたってそのパワフルでハートフルなパフォーマンスと歌声は絶品だ。しかし現実を見つめるとそんな悠長なことも言ってられない。毎日の生活があるし、守るべき家族もいる。そんな中、思いがけないチャンスに見舞われた彼女は、夢と現実に引き裂かれながら人生の岐路に立つことに・・・。

本作が素晴らしいのは、夢を追いかけることも、現実を見つめることも、どちらも決して否定しないところだ。その両方を抱きしめようとする主人公の姿はクライマックスに向けて人間的な深みを増していく。「それが運命ならば、どの道を歩もうともいずれ叶う」。幾度か繰り返されるこの言葉が、その都度、違う響きをもって胸に迫ってくる。

主演のジェシー・バックリーの素晴らしさもさることながら、本作を支える影の功労者は母親役の名優ジュリー・ウォルターズかもしれない。彼女は『リトル・ダンサー』でビリー少年を導くバレエ教師役で一躍脚光を浴びた人である。思えば『リトル・ダンサー』もバレエの才能が開花するとは思いもしない炭鉱町を舞台に、少年が意志を貫き、夢を掴みとろうとする映画だった。さて『ワイルド・ローズ』はどんな運命を運んでくるのか。いずれにしても本作に触れた人は、まるで雷に打たれたみたいに感化され、主人公ローズの歌をもっともっと聴きたくてたまらなくなるはずだ。

ワイルド・ローズ公式サイト

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2020/05/20

シネマディスカバリーズ始動から一か月

動画配信サービス「シネマディスカバリーズ」が始動して一か月が過ぎました。

私もレビュー執筆などで関わらせていただいているのですが、まずは今泉監督の『こっぴどい猫』の面白さに仰け反り、『大阪外道』のヤクザの抗争モノと夏の日の子供達の冒険を掛け合わせたかのような特殊な感覚にやられ、『血を吸う粘土』の決して”怖い”だけにとどまらないユニークな特殊造形とそこに挟み込まれたストーリー性に感嘆し、さらに田崎監督の『海にしずめる』は少女の心の移ろいと潮風の香りが相まってギュッと胸を締め付けられる作品でした。さらにもう一作、大野大輔監督の『ウルフなシッシー』。ワンルームで繰り広げられるどうしようもない会話が、どうしてこんなに魅力的なんだろう。。。

他にも魅力的なインディペンデント作品が盛りだくさんです。私は単なる一介の物書きでしかありませんが、ご興味ある方はぜひぜひ覗いてみていただけると嬉しいです。

Thumbnail_cinemadiscoveries_logo_rgb1

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

天使にラブ・ソングを…

先日、金曜ロードショーでも放送された『天使にラブ・ソングを…』について書きました

実は当初、書き出しのあたりで大きなミスを犯してしまっていたのですが、読者の方からご指摘いただき、助けられました。つくづく、自分一人の力で書いてるんじゃないんだなあ、と実感。心より感謝いたしております!

本作は、何と言ってもウーピーの爆発的なエネルギーがすごい。あと、修道院長は「ハリー・ポッター」や「ダウントン・アビー」でもおなじみのマギー・スミスなんですね。ウーピーとマギー、二人は反目しているように見えながら、実に息の合ったコンビネーションを見せる。そこを胸をざっと吹き抜ける気持ちのいい風のように描ききっているところが、30年近く経った今なお、快いところだと思います。

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2020/05/04

オススメ映画5選

先日、SNS上で何人かの親友たちからバトンを受け取りました。お声掛けに心より感謝しつつも、案の定、あらかじめ指定された内容とは全くかけ離れたアウトプットの形となってしまいましたことを、前もってご報告しておきます、どうかお許しくださいませ。

・・・というわけで、誰からもリクエストされていない「オススメ映画5選」を勝手にお届けします。もしも未見の作品がありましたら、この機会におひとつ、いかがでしょうか?

 

 

続きを読む "オススメ映画5選"

|

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »