« 短評『パブリック 図書館の奇跡』 | トップページ | 原一男監督による珠玉のドキュメンタリーたち »

2020/07/03

短評『アングスト/不安』

短評に、1983年の映画ながらこのたび日本で初劇場公開を迎える『アングスト/不安』を追加しました。
公開当時、本国オーストリアではあまりに衝撃的な内容として1週間で打ち切りとなったそうです。これに大打撃を受けたのが自ら出資もしていた本作の監督。さすがにこれに懲りたのか、その後は一本も監督していないそうです。ではこの『アングスト』は駄作なのか。いえいえ、これがとんでもない奇妙な映画で、シリアルキラーのお話しながら、どこかグッと惹きつけられてしまうところがある。私の場合、その大部分はカメラワークからくるものでしたが、なんとも言いようのない吸引力があるんですよね。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

« 短評『パブリック 図書館の奇跡』 | トップページ | 原一男監督による珠玉のドキュメンタリーたち »

【劇薬!】」カテゴリの記事

【素晴らしき、黙示録の世界】」カテゴリの記事

【レビュー】」カテゴリの記事