2020/01/18

ほえる犬は噛まない

現在、大ヒット公開中の『パラサイト』。お隣の韓国からとんでもない映画が現れたと専らの評判です。人ごみをできるだけ避けたい私は、一時間以上も前から行列をなすと言われていたこの映画のマスコミ試写に臨むことができませんでした。そんな中、ベテランの批評家の方とお会いした際にこの映画をご覧になったというので「如何でしたか?」と尋ねたところ「いやあ、やっぱり日本とは違うよね。一体全体、どうやったらあんなすごい発想が生まれるのか。発想力というか、企画力というか、映画文化の土壌というか。決定的なものを見せつけられた気がする」とおっしゃっていたのが印象的でした。

そうしているうちに『パラサイト』はアカデミー賞の様々な部門にノミネートされ、さらなる話題の最先端を独走中。このタイミングで私の中で無性に懐かしくなったのが、ポン・ジュノ監督の長編デビュー作『ほえる犬は噛まない』です。渋谷のミニシアターで本作を鑑賞した時の、日常の中で宝物を見つけたかのような幸福感が未だに忘れられません。CINEMOREに『ほえる犬は噛まない』について書かせていただきましたので、ご興味ある方は是非ごらんください。

CINEMOREでは他にも様々な映画について執筆しております。こちらの一覧リストをチェックしていただけると、気になる作品や記事が見つかるかもしれません。すでに120本くらいは書いているはず。本年も地道に続けていければと思っています。ぜひ宜しくお願い致します。

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2020/01/17

カッコーの巣の上で

CINEMOREの原稿を手がけるようになって名作に触れる機会が増えました。これまであれこれ言い訳を作って逃げてきた名作たちがたくさんあるのですが、本当に面倒くさがり屋の自分が、最近ではヒッチコックを見て、スコセッシを見て、アメリカン・ニューシネマの数々、それから廃盤になってる作品も多いケン・ローチの映画もできるだけ執念深く探し回るようになったことに驚かされます。その効果は大きいと思ってます。鍵となる作品を一つ見ておくと新作映画を見ている際に「あっ!」と気づかされる点も多く、例えば最近の映画だと『ダウントン・アビー』のラストがヴィスコンティの『山猫』へのオマージュなのではないかという推測も(確証がないながらも)浮かんでくるようになります。

さて、その「食わず嫌い」だった作品の最たるものとして、心の中にはまり込んだ巨石のように『カッコーの巣の上で』という存在があったのですが、これをようやく鑑賞することができました。映画好きならば誰もが一度は聞いたことがある名作。勝手な想像で「暗くてつらい映画なのかな」と思っていたのですが、とてつもない躍動感に満ちた映画だったことに驚かされました。やっぱり映画を見る上で「先入観」などというものは邪魔になるだけですね。もっと思い切り飛び込まないと。CINEMOREにてこの作品について書かせてもらっていますので、お時間ある方は是非ご覧ください。

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/12/01

「博士の異常な愛情」

スタンリー・キューブリック監督が1964年に公開したブラックコメディの傑作『博士の異常な愛情』。1999年に亡くなった巨匠はこの映画に一体どのような思いを詰め込んだのか、そしてケネディ暗殺事件がこの映画に与えた影響とは。詳しくはCINEMOREに書いた記事をご覧いただければと思います。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/11/11

『12モンキーズ』と『めまい』

ヒッチコックの『めまい』は、決して紋切り型の言葉で片付けることのできない映画だ。ある意味、掴みどころのない作品とも言えるのかもしれないが、その実、鑑賞中に受けとめたイメージの連続は知らず知らずのうちに深層心理に蓄積され、5年後、10年後、自分が思ってもみなかったタイミングで「ああ、そういうことなのか」と納得がいったりもする。ある程度の齢を重ねた人がしみじみと衝撃を受けるタイプの作品であるのは間違いない。

以前、『12モンキーズ』について調べていた時、テリー・ギリアム監督の「全然意識していなかった場面で、気がつくと『めまい』と同じ撮り方をしていた」という発言を目にしたことがあった。その他にも『めまい』と『12モンキーズ』は重要な場面でともに「セコイアの森」が登場するといった繋がりがある。(詳しくはCINEMOREで執筆した記事を御覧ください)

僕が『12モンキーズ』を観たのは、まだヒッチコックを一本も見たことのない学生時代で、まさかこのSF映画にヒッチコックの遺伝子が刻まれているとは知る由もなかった。これまた公開から20年以上が経過してようやく「ああ、そういうことなのか」と納得した次第。人生と同じく、映画の世界もそういう「遅れてやってくる気づき」で一杯なのだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/11/05

ヒッチコックの名作『めまい』

今年に入って、立て続けにヒッチコック作品を鑑賞している。最初は初心者にも等しい知識量だったのに、回を重ねるごとにハッとするポイントは増えた。なるほどこれはあの映画のアイディアが再活用されているのかとか、このモチーフは他の作品で何度も繰り返されたものだなとか、視点も徐々にディープになりつつある。

だが今改めて思うのは、ヒッチコックを観るのに小難しい知識など要らないということだ。何度見ても、どの作品を見ても、純粋な驚きが詰まっている。観客を極限まで驚かせようとするサービス精神が詰まっている。何と言っても「わかりやすい」ところが良い。同じことを表現するにしても、ヒッチコックはそれを最もわかりやすく、簡潔に描く方法を知っている。それが絶妙に歯切れの良いテンポとリズムを生む。

Vertigo

今回、CINEMOREで取り上げた『めまい』は、従来の小気味良いエンタメ作からするとやや印象の異なる映画かもしれない。まるで霧を思わせる空気感の中、昨日見た夢のような幻想的なストーリーが展開する。タイトルは極めて有名だが、ヒッチコック作品としては難度の高い方かと。精神的な浸食度も高いので、「危ない映画」だと個人的には思ってます。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/10/22

テリー・ギリアム監督作「バロン」

先日の『バンデットQ』に続き、同じくテリー・ギリアム監督作の『バロン』について書きました

Barron

よく「史上最大の失敗作」的な言われ方をする映画ですが、今改めて鑑賞してみると実に素晴らしい作品です。数々のトラブルに見舞われながら、それでも芸術性をいっさい安売りすることなく、思い切りイマジネーションを爆発させているところが感動的。さらに戦争という圧倒的な現実の中でフィクションというものがいかに機能しうるのか、そんな究極の問いが垣間見えるところにもハッとさせられます。

ちなみにこの作品、制作費が節約できるという理由でローマに拠点を置いたのですが(そもそもこれがトラブルの始まりだったという声も)、この地でテリー・ギリアムは何度かフェデリコ・フェリーニとも会って言葉を交わしたそう。その時、感じたこととして「撮影中のフェリーニは驚くほどエネルギッシュで若々しく、そうでない時の彼は急に歳を取ったみたいに弱々しく見えた。仕事と想像力によってこんなにも人は変わるんだな、と思い知らされた」という風に述べている。

今やギリアムもフェリーニの享年をとうに超えてしまったが、困難にぶつかってもすぐにまた起き上がって猪突猛進を続けるその勢いはまだまだ衰えそうにない。どんなサイズでもいいから、いつまでも若々しく、エネルギッシュに映画を撮り続けて欲しいものだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/10/21

バンデットQ

誰にでも何かのタイミングで偶然に見たり聞いたりして、タイトルはわからずとも、その後ずっと気になり続けてきた映画や音楽って一つや二つあると思う。僕の場合、その代表格と言えるのが、小学生の頃にたまたまTVで観て、まるで電流に打たれたかのように衝撃を受けた『バンデットQ』。

Time-bandits

ようやくこの映画の詳細にまでたどり着いたのは大学生の頃で、まずはモンティ・パイソンのファンになって、それからパイソンズのメンバーであるテリー・ギリアムの映画を意識して観るようになり、過去作を遡っていくうちに「あっ、この映画は、小学生の頃に見た・・・」と発見。まさか自分が小学生の頃すでにギリアム作品の洗礼を受けていたなんて、かなりの驚きでした。

今回、改めてきちんと見直してみようと思い、満を持してCINEMOREで『バンデットQ』を選んでみました。何度見ても本当にヘンな映画です。でも今ではある程度歳を重ねたせいか、その「ヘン」の中にギリアムの途方もない情熱を感じることができる。徹底的に、情熱的に「ヘン」をやり通せる大人って本当に素晴らしいし、カッコイイ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/10/01

ジョーカー

DCコミックスで最も高い知名度を誇る怪人ジョーカー。その誕生物語をリアルに描いた本作は、ヴェネツィア国際映画祭で最高賞を受賞するなど、世界同時公開を前に早くも高評価の渦が巻き起こっている。僕もつい先日、試写してきたばかりなのだが、その衝撃のほどは呆然とするほど凄まじかった。

福祉の切り詰め、格差の拡大、公共サービスの停止などによって息苦しさを増すゴッサム・シティ。その社会の底辺でピエロを生業として生きる主人公アーサーは、幾つもの安定剤を服用し、さらにふとした拍子で笑いが止まらなくなるという症状も抱えている。社会的に追い詰められ、絶望の淵に立った彼はやがて一線を越えてしまうのだが・・・。

まずもって、ホアキン・フェニックスの怪演には震撼するばかり。出演決定時にすでに高まっていたハードルを、やすやすと越えたのではないか。そして本作の不気味さに暗黒の輝きを添える要素がもう一つ。それは『キング・オブ・コメディ』や『タクシー・ドライバー』の影響が見え隠れするという点だ。しかも、コメディアン志望のアーサーが視聴するTVトークショーの司会者をデ・ニーロが演じるという凝りよう。時代は繰り返すというが、本作はあの頃のデ・ニーロがスクリーンで体現していた狂気、精神的傷跡が形を変えて蘇ったかのようでもある。

『ハングオーバー』シリーズのトッド・フィリップスが切り開いたまさかの境地。ジョーカーの映画化としては危険レベルの水域に達したと言えるほどの桁違いの完成度だ。ただ、本作は精神的にキリキリとくる。体調的に余裕がある時に見た方が無難だろうし、本能的に「嫌い」と答える人も出てくるはず。どう受け止めるかはひとえにあなた次第だし、他人の意見に振り回される必要は全くない。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/09/24

「ホームステイ ボクと僕の100日間」(2018)

あの傑作アニメの原作が海を越え、なんと今度はタイで実写映画化。文化や日常が丁寧に(タイ式に)翻案されて、とても見応えのある作品に仕上がっていました。そんな新作「ホームステイ ボクと僕の100日間」について映画.comでレビューしています。気になった方は是非お読みください!

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/09/19

洞窟の比喩

プラトンの著作「国家」に「洞窟の比喩」という箇所がある。

洞窟の中に手足を縛られた囚人がおり、視界すら制限された彼らは正面にある壁面しか目にすることができない。背後では火が焚かれ、壁面に様々な影を映し出す。囚われの人々はその幻影=虚像を見て「ああ、これが人なのか」とか「あの動物はこんな形をしているのか」などと、すっかり世界を理解したつもりになっている。もしもこんな状況下で、一人の人間を束縛から解き放ち、洞窟外の真実を体験させたなら、どうなるだろうか・・・。

ここで最終的に述べられるのは、教育の重要性や、教育を受けた者の使命なのだが、それにしてもこの「比喩」があまりに独創的ゆえ、僕のような人間は議論そっちのけで、ついつい状況の方に目がいってしまう。そして勘のいい方は既にお察しだろう。世の中にはこれに影響を受けた創作物が星の数ほど存在する。例えば、ジム・キャリー主演の『トゥルーマン・ショー』がそうだし、『マトリックス』もここに源流の一部がありそうだ。

ふと、公開中のとある映画にもこのエッセンスがかすかに香るのを見た。相変わらず映画館という洞窟に飲み込まれていく我々を、古代ギリシアの人々はなんと見るだろうか。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

500文字コラム 50音順タイトル awards BOOKS memo NEWS TOP trailer WORDS 【Hero】 【my French Film Festival 2011】 【おいしい映画】 【お年寄りが元気!】 【アート×映画】 【クラシック音楽はお好き?】 【ドキュメンタリー万歳】 【メモ】英国王のスピーチ 【レビュー】 【劇場未公開作】 【劇薬!】 【地域:TOKYO発】 【地域:アジア】 【地域:中東発】 【地域:仏国発】 【地域:北欧発】 【地域:南米発】 【地域:英国発】 【学園という名の社会】 【宇宙で逢いましょう】 【家族でがんばる!】 【文芸】 【新感覚アクション】 【映画×スポーツ】 【映画×偉人】 【生きるためのファンタジー】 【監督:クリント・イーストウッド】 【監督:ジョー・ライト】 【監督:ミシェル・ゴンドリー】 【紛争】 【素晴らしき、黙示録の世界】 【脚本:ピーター・モーガン】 【音楽×映画】 アウシュヴィッツ訪問 イベント、取材 クエンティン・タランティーノ ジョゼフ・ゴードン=レヴィット スティーヴン・キング スティーヴン・スピルバーグ ヒッチコックを観る メディア執筆原稿 一言レビュー 今年のベスト 今年のベスト(2013) 今年のベスト(2006) 今年のベスト(2007) 今年のベスト(2008) 今年のベスト(2009) 今年のベスト(2010) 今年のベスト(2011) 今年のベスト(2012) 全米BOX OFFICE 再起復活ベン・アフレック 旅の記録 映画業界