2017/01/11

ニコラス・ウィンディング・レフン取材

昨年、最新作『ネオン・デーモン』を提げPR来日を果たした北欧の鬼才、ニコラス・ウィンディング・レフン監督にお話を伺う機会がありました。その時の模様について記事アップされましたので、ご興味おありの方は是非ご覧いただければ幸いです。

Fanningneondemon0

『ネオン・デーモン』Nicholas Winding Refnインタビュー/NeoL

取材前に幾人かの方に「どのような方ですか?」と聞くと、「まるでミュージシャンのような」という答えが多く返ってきました。お会いしてみてその意味がわかりました。決して気難しい人柄ではなく、かといって映画監督にありがちな、一つの質問に対して数分間もしゃべり続けるといったタイプでもなく、答えがたった一言、それでおしまい、だったりもする。そして映画に関するこちらの解釈などに関しては、作り手の考えを押し付けることは絶対にしない。「なるほどね、そういう解釈もあるかもね」と微笑む、のみ。

そこで自ずと話の流れは、作品に関することを離れて、彼自身のクリエイティブに対する取り組み方、考え方、そしてそもそも「映画の枠組み」というものをどのように感じているのかといった方向へ。映画の公開を前に果たしてそのPRにふさわしい内容になったかどうか分かりませんが、世界が静かに熱狂する「レフン」という人間の頭の中を少しだけ垣間見たような気がしました。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/12/08

五日物語

ダークでグロテスク。しかしその美醜の混ざり合った輝きに魅了され、いつしか完全な虜と化してしまう大人のファンタジー『五日物語』についてレビューを書きました

Taleoftalesposter120x160bd

イタリアの鬼才マッテオ・ガローネ監督らしい強烈な一手。原作となった「ペンタメローネ」は17世紀に書かれた民話集で、「シンデレラ」や「白雪姫」のベースとなる物語も含んでいるのだとか。後にグリム兄弟などにも大きな影響を与えたと言われます。ファンタジー、おとぎ話と聞くと、過度で分かりやすい演出を含んだ作風がイメージされますが、それとは180度異なるリアリスティックな世界観が展開。リアルなのに、魔術的な力、不気味な登場人物、それに奇妙なクリーチャーまで存在するーーそんな不思議な映像世界をご堪能ください。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/11/22

世界の果てまでヒャッハー!

フランスで大ヒットを記録した『世界の果てまでヒャッハー!』について書いています。ご覧になった方も、まだご覧になれていない方も是非ご一読のほどを。

358385

『ブレアウィッチ・プロジェクト』などで用いられた”ファウンド・フッテージ”という手法をコメディの領域で炸裂させるという、題名からは想像もできないくらい画期的なことをやってのけた本作。気を緩めてみていると、中盤から全く目が離せなくなり、長回し、アクション、それにお下劣なギャグを繰り出す様に腹を抱えて笑ってしまいました。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/08/02

『秘密』織田梨沙インタビュー

映画版『るろうに剣心』やNHK大河ドラマ「龍馬伝」などでもお馴染み、大友啓史監督が放つ最新作『秘密 THE TOP SECRET』。もうじき公開を迎える本作で映画初出演を果たした織田梨沙さんにお話を伺いました。これから一体どんな活躍を見せてくれるのか本当に楽しみです。

織田梨沙『秘密 THE TOP SECRET』インタビュー/NeoL

映画も、そしてインタビュー記事もぜひご覧ください。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/07/07

TOO YOUNG TO DIE

宮藤官九郎監督、脚本作『TOO YOUNG TO DIE』について書きました。

主演二人の15年史から紐解く「TYTD」の魅力/リアルサウンド

暑くて、熱くて、イマジネーションに満ち溢れたとっても楽しい映画でした。本作で共演した長瀬さんと神木さんについて書いております。いくつもの物語、いくつもの役柄を演じては転生を繰り返す”俳優”という職業は、どこかこの映画の輪廻転生と似た部分があるのかもしれません。それにしてもこの二人が走り抜けてきた15年の輝きたるや凄まじいものがありますね。これから15年、どのような変化を見せてくれるのかも非常に楽しみです。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/06/19

死霊館 エンフィールド事件

大ヒットしたジェームズ・ワン監督作『死霊館』の第二弾である。あの夫婦エクソシストが新たに向かう先は、ロンドン北部にあるEnfield。そもそも英国人は、曰く付きのロンドン塔はもちろんのこと、近所のパブに関する幽霊話なども嬉々として話したがるオカルト好きな側面を併せ持つことでも知られるが、本作は事件そのものがタブロイド紙でも全英を賑わせた実話であり、まさに人々にとって大好物なシロモノと言えるのかもしれない。

Theconjuring2

続きを読む "死霊館 エンフィールド事件"

|

2016/06/07

レジェンド 狂気の美学

『マッド・マックス 怒りのデスロード』や『レヴェナント:蘇りし者』をはじめ、映画界においてまさに飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける俳優トム・ハーディ。彼が双子役に挑戦した快作『レジェンド 狂気の美学』がいよいよ公開を迎えます。60年代ロンドンの闇社会を牛耳っていたというクレイ兄弟の物語。そのレビューを執筆しましたので、ご興味ある方は是非ご覧ください。

Legend_11e1437059194270

トム・ハーディ増殖。かつてない挑戦が、怪優の眠れる魅力を余すところなく解き放つ/映画.com

スウィンギン・ロンドンの時代、つかの間の君臨を果たしたクレイ兄弟。彼らは一体何者だったのか。そんなことは途中からどーでもよくなり、とにかくトム・ハーディの魅力にどっぷりと浸かり切る作品に仕上がっています。英国でも大ヒットし、「18歳未満は鑑賞不可」の作品としては『トレインスポッティング』を超える史上最高興収を記録したとのこと。必見です。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。


TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/05/24

デッドプール

マーベル・コミックからまたもや新たなヒーロー映画が誕生した。

彼の名は”デッドプール”。真っ赤なコスチュームに身を包み、なんだかスパイダーマンのようにも見えるものの、その中身は従来のヒーロー像とは180違う。第一、人助けなんて全然しない!しかも全編にわたって過激さ満載で、お子様出入り不可。これが全米で大ヒットしてしまうのだから、全くもってスゴイとしか言いようがない。そんな『デッドプール』のレビューを執筆しました。

Deadpool

珍ヒーロー爆誕!超過激な”赤の旋風”が、正義の概念をこっぱみじんに破壊する。/映画.com

はてさて、あなたの中でこんなヒーローってあり?なし?

泣いても笑っても、6月1日(水)、いよいよ日本上陸です。


この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/01/23

『サウルの息子』インタビュー

衝撃。苦悶。そして闇に差し込む一筋の光。映画の枠を超えたと言ってもいい衝撃作『サウルの息子』が公開中です。それは観客をアウシュヴィッツの現実へと突き落とし、「ゾンダーコマンド」という役割を担う男の目線に寄り添わせる物語。

ゴールデングローブ賞で外国語映画賞を受賞し、アカデミー賞の同部門でも最有力・・・そんな冠など正直どうでもいいと思えるほど、生涯忘れ得ぬ鮮烈ないかずちを打ち込まれる映像体験です。恐ろしいという感情など吹き飛びます。むしろこの一瞬一瞬を目に焼き付けたい。そう思わせる力強さを持った作品でもあります。

本作を手がけたユダヤ系ハンガリー人のネメシュ・ラースロー監督にお話しを伺いました。

7b8119d24e024a5a9ccbbe7e9bc7330162

人間が内に抱えた凶悪性ーアウシュヴィッツ収容所で「ゾンダーコマンド」は何をしたのか/ウートピ

どんな剛腕な巨匠かと思ったら、なんとこれが初長編作となる新米監督。そして私とおんなじ38歳。

「インタビュー中の撮影はやめてほしい。話すことに集中できなくなるから」

という一言から始まった今回の取材。なかなか目を見て話してくれないなど、ちょっとシャイでナイーブな印象さえ受けるラースロー監督でしたが、そんな彼がこんな強烈な映画をこしらえてしまうところがまた凄い。 ぜひぜひ彼の言葉に耳を傾けてほしいです。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2015/12/15

消えた声が、その名を呼ぶ

年末公開となる『消えた声が、その名を呼ぶ』という映画について解説しています。トルコ系ドイツ人、ファティ・アキン監督による最新作にして超大作。彼がこれほどスケールの大きな映画に挑戦するのは初めてのことで、マーティン・スコセッシやロマン・ポランスキー、アトム・エゴヤンといった巨匠たちのアドバイスも受けながら生み出された一作とのこと。

Tcc1

ドイツの若き名匠が『消えた声が、その名を呼ぶ』で描く、”隠れた歴史”への壮大な旅路/リアルサウンド

声を失った主人公の旅路は一体どこまで続くのか。幾つもの国々でロケーションを敢行し、製作年数はトータルで7年にも及んだ作品です。魂にずっしりと重みを残す、その圧倒的な余韻も見所のひとつ。ぜひ主人公とともに、映画だからこそ可能な果てのない孤独な旅路を、じっくりと体感してほしいです。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

50音順タイトル | awards | BOOKS | memo | NEWS | TOP | trailer | WORDS | 【Hero】 | 【my French Film Festival 2011】 | 【おいしい映画】 | 【お年寄りが元気!】 | 【アート×映画】 | 【クラシック音楽はお好き?】 | 【ドキュメンタリー万歳】 | 【メモ】英国王のスピーチ | 【レビュー】 | 【劇場未公開作】 | 【劇薬!】 | 【地域:TOKYO発】 | 【地域:アジア】 | 【地域:中東発】 | 【地域:仏国発】 | 【地域:北欧発】 | 【地域:南米発】 | 【地域:英国発】 | 【学園という名の社会】 | 【宇宙で逢いましょう】 | 【家族でがんばる!】 | 【文芸】 | 【新感覚アクション】 | 【映画×スポーツ】 | 【映画×偉人】 | 【生きるためのファンタジー】 | 【監督:クリント・イーストウッド】 | 【監督:ジョー・ライト】 | 【監督:ミシェル・ゴンドリー】 | 【紛争】 | 【素晴らしき、黙示録の世界】 | 【脚本:ピーター・モーガン】 | 【音楽×映画】 | アウシュヴィッツ訪問 | イベント、取材 | クエンティン・タランティーノ | ジョゼフ・ゴードン=レヴィット | スティーヴン・キング | スティーヴン・スピルバーグ | 一言レビュー | 今年のベスト | 今年のベスト(2013) | 今年のベスト(2006) | 今年のベスト(2007) | 今年のベスト(2008) | 今年のベスト(2009) | 今年のベスト(2010) | 今年のベスト(2011) | 今年のベスト(2012) | 全米BOX OFFICE | 再起復活ベン・アフレック | 旅の記録 | 映画業界