2018/09/14

プーと大人になった僕

9月14日(金)より公開を迎えるディズニーの実写映画『プーと大人になった僕』の劇場パンフレットにレビューを寄稿させて頂きました。映画館でのご鑑賞の折にはぜひ手にとってご覧いただけますと幸いです。『ドリーム』のアリソン・シュローダーや『スポットライト』のトム・マッカーシーらも脚本参加した、心がほっこりする秀作です。

Robin

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

福岡インディペンデント映画祭

福岡アジア美術館で開催された「福岡インディペンデント映画祭」の上映作を鑑賞すべく、福岡に3日間お邪魔しておりました。さすが157本もの出品作の中から選び抜かれただけあり、鑑賞した作品は秀作揃い。作家性のスパークする様を身体全体で味わせていただきました。

Img_3398

・グランプリ受賞の『センターライン』は、今から10年後の未来、AIが引き起こした自動車事故をめぐる捜査&法廷モノ。最新テクノロジーを題材に取りながらも、あえてその筆致は伝統的な刑事ドラマのノリを崩さず、反比例するかに見えたその相性を見事に調和させていくところに巧さが光る一品でした。何よりもコンセプトの強度が高く、すぐにでもTVドラマなどでシリーズ化されてもおかしくないように思えました。

・俳優賞や優秀作品賞を受賞した『カランコエの花』は、現在、渋谷のアップリンクでも上映中。今回の映画祭での2度の上映はどちらもお客さんが多く詰め掛け、ラストシーンでは多くの人が目頭を熱くさせていました。吹奏楽部の演奏でゆっくりと静かに空気を醸成していく幕開けや、教室での生徒たちの有機的な演技の構築、そこに突きつけられるLGBTというテーマ性の組み込み方が素晴らしい。セリフや表情が鑑賞後も次々と思い起こされ、胸の内側でじわじわと余韻が広がっていく名作でした。

・一方、100分部門最優秀作品賞受賞の『ハッピーアイランド』は、人生に何の目標もなくただ無造作に生きる青年が、知人の紹介で福島の農家で人生を見つめ直す物語。決して綺麗事だけで終わらない。かといって希望や情熱も失わない。日々の暮らしの中で主人公の目が徐々に変わる。生き様が変わる。そうやって主人公の中で何かが大きく動き出していく。その通過儀礼にも似たダイナミズムが観る者の心を大きく震わせます。今自分(というより、日本人みんな)が知りたかったこと、知らなければならなかったことが、巧みな人間描写と熱量で描き尽くされた秀作。終演後、ずっとこの感動に浸っていたくて、川端商店街を端から端まで歩き続けてしまったほど。

・19歳の監督が撮ったという『FIGHTINGCAMERAMAN』という10分の作品が壮絶でした。ここには誰もが経験したことのある表現の「初期衝動」が刻印されています。初めてカメラを手にした高校生が興奮のあまり「俺は最高のカメラマンになる!」と絶叫。でも次の瞬間には、しがない大人になった彼が、よりにもよって盗撮などに明け暮れる最悪の日々が描き出される。そんな中、カメラはついに「もう我慢ならない!」とばかりに持ち主(主人公)に反旗を翻して襲いかかる・・・。終始、なんだこりゃ!? 電流を帯びたようなハイ・ボルテージ。もはや発狂にも等しいほどの創造性への苦しみと喜び。何やら意味もわからず、ただただ圧倒されるばかりでした。同映画祭では「20分部門」の最優秀作品賞を受賞しています。

・さらにもう一本、『放蕩息子』 という、役者を目指す青年と故郷の家族の関係性を描いたドキュメンタリー映画が上映されたのですが、この作品を見ながら、なんだか胸をかきむしりたいほどに、青ざめてしまいました。なぜか?それは主人公の青年が、驚くほど自分自身と重なって見えたから(多少、甘ったれたところも含めて)。上映日、会場に来られていた主人公のご両親の佇まいも、それからご家庭の雰囲気も、なんだか自分が育ってきた環境と似ていました。もしかすると昭和50年代生まれで、今なお「あんた、まだ夢を追いかけてるの?」と言われ続けている人の多くは、この映画に無条件でゾワゾワさせられるのかもしれません。その意味で、本作には少なからず「時代を捉える」という側面があるーーー。今、映画祭サイトに掲載してある監督のコメントを読むと、「私と彼は似た者同士」「ずっと『彼は私だ』と思いながら撮影をした」とありました。そこにさらに「観客」というもう一つのファクターが加わることで、上映中、「He」は束の間の「We」となり、またそれぞれの「I」へと還元されていくことになるのでしょう。胸かきむしって青ざめながら観たけれど、(だからこそ)どこか忘れがたい。それが一人の同世代の観客としての率直な感想でした。

他にも『戻る場所はもうない』、『予定は未定』、『デッドコップ』、『老ナルキソス』、『おんがえし』、『國の狗』、『直哉の結婚前夜』、『RICE BALL』など、いずれの作品も独創的で楽しませてもらいました(一作、一作の感想を書くことができず、すみません!また見逃してしまった作品も多く、悔やまれます)。すべての作り手や演者さん、映画祭のスタッフの皆さんに心から感謝したいです。

また、上映の合間には、前から一度は入ってみたかったレトロな雰囲気溢れる「大洋映画劇場」(映画祭の会場から5分ほど)にて朝十時から『プラトーン』を鑑賞したりも。また、天神のイムズのアートギャラリーで開催中の「バスキアとNYのアーティストたち」展も興味深く拝見しました。

私にとって約20年ぶりの博多、天神エリアでしたが、最高に充実したひと時を過ごさせていただきました。9月14日からはアジアフォーカス・福岡国際映画祭が始まるなど、9月の福岡は映画が充実しています。できれば一ヶ月くらいこの地に住み続けたいものだと夢見がちなことを思ってしまいました。また近いうちに訪れたいです。

Img_3397

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2018/08/29

トゥモロー・ワールド

『ブレード・ランナー』が描いた未来世界2019年を間近に控え、何かと「未来」や「技術」というものを問い直す機会が多くなってきた昨今。もちろん映画史には『ブレード・ランナー』という揺るぎない金字塔が存在する一方、個人的にはさらに高くそびえる山として、いつもこの傑作映画『トゥモロー・ワールド』の事を思い出さずに入られません。これほど胸に突き刺さって抜けない未来映画は他にないでしょう。そんな「知る人ぞ知る」この一作について、二本の記事を書かせていただきました。

0115

・時を重ね存在意義を増す『トゥモロー・ワールド』式リアルな未来

・圧倒的な”状況”を描き尽くした長回しの裏側

ちなみに本作の舞台となるのは2027年のロンドン。2006年の公開から数えるとすでに折り返し地点を越えましたが、いまだにこんな未来が本当に訪れるのではないかと怖くなります。微塵も古びることのないリアルなビジョンもまた秀逸です。是非、映画本編をもう一度見直しながらご覧頂ければ幸いです。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2018/07/20

パディントン2 プレミアム・エディション

あの超名作が早くもソフト化されて帰ってきました!私にとってもいち早く手にしたかった『パディントン2』。そのプレミアム・エディションに封入されているブックレットに寄稿させていただいておりますので、機会がございましたら是非お読みいただければ幸いです。

81eplpozul_sl1500_

本作に関しては、公開前にプロデューサーのデヴィッド・ハイマンに公式インタビューさせていただくなどご縁があったのですが、その時に彼の口から直接聞いた(完成前の時点での)言葉などを盛り込んだ原稿内容になっております。そんな原稿を掲載してくださったキノ・フィルムズさんにも感謝です。

デヴィッド・ハイマンと言っても「誰だ?」と感じる人も多いかもしれません。が、彼は『ハリー・ポッター』シリーズを映画史に残る大成功に導くなどの偉業を成し遂げたすごい人(現在は『ファンタスティック・ビースト』シリーズの製作に奔走されています)。にもかかわらず、会ってみると全然偉ぶっていないし、とても物腰柔らかく、親密に語りかけてくれる方でした。

これまた公開前に取材したヒュー・ボネヴィル氏も、『パディントン』への出演を決めた理由のひとつとして「デヴィッド・ハイマンが製作している映画だから、きっと大丈夫だろう、と。何しろ『ハリー・ポッター』を成功させた人だからね。『パディントン』も素晴らしい手腕で映画化してくれるものと信じてやまなかった」と語っていました。

原稿は、彼のコメントをピックアップしながら映画全体を俯瞰するような構成になっています。そこでは文脈上、載せられなかったものの、僕の心を捉えてやまなかったハイマン氏の言葉を最後にご紹介しておきたいと思います。

私:最後に聴かせてください。あなたにとって映画とは?

ハイマン:なんてことでしょう、これ一問に答えるだけで2時間はかかりますよ・・・。なんで最初にこの質問をしてくれなかったんですか(笑)。うーん、私にとって映画とは・・・「自伝」のようなもの、と言えるのかもしれません。どういうことかというと、私が手がける映画はすべて、私自身がとても主人公に共感できて、まるで自分の分身のように感じるものばかりなのです。そうやってまるで自分が乗り移ったかのように、自伝を編纂するような気持ちで製作に打ち込んでいるーーーというのが偽らざる本心と言えるでしょう。

そしてここからが重要なのですが、これが完成するとき、私を始めとする作り手だけに特化された「自伝」であってはなりません。これを受け取ってくださる観客の皆さん一人一人にとっても「ああ、この主人公はまるで自分みたいだ」と共感していただきたいのです。つまり、これは皆さんにとっての「自伝」でもある、と。映画とはそのように、「私」と「あなた」の自伝が重なり合った時に生まれてくる結晶のようなものだと考えます。

『パディントン』シリーズも、『ハリー・ポッター』シリーズも、彼が自伝を編纂するかのように大切に生み出してきたからこそ、これほど多くの方々の心を打つ作品に仕上がったのだと思います。そういったパディントン以上に紳士で真摯なクリエイターが背後で支えていることをちょっとだけ意識しつつ、ソフト化された本作を心ゆくまでお楽しみください。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

ブリグズビー・ベア

もしかすると2018年の公開作の中で最たるダークホースかもしれません。それほど観た瞬間に「ん!!」と唸ってしまった怪作にして快作『ブリグズビー・ベア』についてCINEMOREにて記事を書かせていただきました。

410408_2

冒頭15分に驚きがいっぱい!?スピルバーグを魅了したコメディ界の異才が送る、着ぐるみクマさんの奇妙な大冒険『ブリグズビー・ベア』

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

レディ・バード

CINEMOREにて『レディ・バード』に関する記事を執筆させていただきました。アカデミー賞でも大きな注目を集めた本作、自分の青春時代を重ね合わせてグッとくる秀作です。映画をご覧になって心を奪われた方は是非お読みいただけると幸いです。

グレタ・ガーウィグとシアーシャ・ローナン。二人で築き上げた『レディ・バード』の役作り

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

ビューティフル・デイ

CINEMOREにて映画『ビューティフル・デイ』の記事を二本執筆させていただきました。映画を観て気に入った方、もうちょっと深く掘り下げてみたい方は是非お読みいただければと思います。

カンヌ二冠(男優賞、脚本賞)。論理的な理解を超え、観る者の感性をダイレクトに揺さぶる映像世界

『ビューティフル・デイ』監督リン・ラムジーの苦悩と再生から見えてくるもの

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2018/05/31

『ヘンリー・フール』三部作

現在、渋谷アップリンクで開催中の「ハル・ハートリー復活祭」(上映中〜6月8日)にて、ハル・ハートリー監督による『ヘンリー・フール』三部作が上映されています。第一作目は日本でも公開済みですが、二作目、三作目に関しては日本初上映。長らく「幻の三部作」と言われてきたものが、ついに日本でそのベールを脱ぐことに!それを記念して、CINEMOREにて各作品の記事を執筆しております。是非ご覧いただけますと幸いです。

・まさかのトリロジーとなって日本再上陸する幻の傑作『ヘンリー・フール』 巧みな語り口の肝となったハル・ハートリー流の”見せない”技術とは?

・トリロジ−2作目はスパイ・サスペンス。奇才ハートリーが仕掛けた”カメラの傾き”がもたらすもの 『フェイ・グリム』

・家族の物語、ついに完結。クラウドファンディングがもたらした最終章は、ユーモラスな中にギリシア悲劇的な香りが際立つ 『ネッド・ライフル』

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2018/05/29

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法

2017年、世界中で多くの人の心を魅了した映画『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』。一見、「ドキュメンタリーかな?」と見まごうタイトルですが、列記とした劇映画です。それも元気いっぱいの子役たちと、演技初体験のヒロインと、そして誰もが知る名優の演技が輝かしい化学反応を巻き起こす異色作。

Odi1l3vfms9jy19kzmy5oc9wlziwmtcvmt

この作品についてCINEMOREで二本の記事を執筆しております。

・演技未経験者、子役、名優まで、常識破りのキャスティングがもたらす個性のハーモニー

・iPhoneから35mmフィルムカメラへ、変幻自在の撮影方法がもたらす映像力

ご興味ある方は是非ご覧くださいませ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2018/04/25

モリのいる場所

映画.comに『モリのいる場所』のレビューを執筆しました。本作は『キツツキと雨』や『横道世之介』などの名作で知られる沖田修一監督による最新作。画家であり書家でもあった熊谷守一(モリ)とその妻の「たった一日」を描いた物語です。気になっている方は是非お読みいただければ幸いです。

本作を観た後、どこか近場でモリの絵画を直接鑑賞できるところはないものかと調べてみたところ、ありました!『モリのいる場所』の舞台でもあるご自宅が、今では美術館になっているとのこと。しかも池袋のひとつお隣の、要町駅から歩いて8分のところにあるそうなので、これはもう行ってみるほかないでしょう。というわけで、映画の余韻を携えたまま、「豊島区立  熊谷守一美術館」へ足を運んでみました。

Img_3162

続きを読む "モリのいる場所"

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

50音順タイトル | awards | BOOKS | memo | NEWS | TOP | trailer | WORDS | 【Hero】 | 【my French Film Festival 2011】 | 【おいしい映画】 | 【お年寄りが元気!】 | 【アート×映画】 | 【クラシック音楽はお好き?】 | 【ドキュメンタリー万歳】 | 【メモ】英国王のスピーチ | 【レビュー】 | 【劇場未公開作】 | 【劇薬!】 | 【地域:TOKYO発】 | 【地域:アジア】 | 【地域:中東発】 | 【地域:仏国発】 | 【地域:北欧発】 | 【地域:南米発】 | 【地域:英国発】 | 【学園という名の社会】 | 【宇宙で逢いましょう】 | 【家族でがんばる!】 | 【文芸】 | 【新感覚アクション】 | 【映画×スポーツ】 | 【映画×偉人】 | 【生きるためのファンタジー】 | 【監督:クリント・イーストウッド】 | 【監督:ジョー・ライト】 | 【監督:ミシェル・ゴンドリー】 | 【紛争】 | 【素晴らしき、黙示録の世界】 | 【脚本:ピーター・モーガン】 | 【音楽×映画】 | アウシュヴィッツ訪問 | イベント、取材 | クエンティン・タランティーノ | ジョゼフ・ゴードン=レヴィット | スティーヴン・キング | スティーヴン・スピルバーグ | 一言レビュー | 今年のベスト | 今年のベスト(2013) | 今年のベスト(2006) | 今年のベスト(2007) | 今年のベスト(2008) | 今年のベスト(2009) | 今年のベスト(2010) | 今年のベスト(2011) | 今年のベスト(2012) | 全米BOX OFFICE | 再起復活ベン・アフレック | 旅の記録 | 映画業界