2017/11/30

パディントン駅

現在、イギリスで大ヒット公開中の『パディントン2』。世の中の「続編」には、スケールだけが無闇に大きくなって内容は全くの浅瀬に乗り上げてしまうタイプのものが多いですが、このシリーズはさすがに違った。前作以上に奇想天外な展開をふんだんに盛り込んだ秀作となっています。特に注目なのが、ヒュー・グラント。こんなヒューはこれまでに見たことがない!もはや、くまのパディントンを凌駕するほどの味わいで観客を惹きつけ続けてやみません。彼のファンも、そうでない人も、とにかく必見。あと、今回は『ハリー・ポッター』シリーズでマッドアイ・ムーディを演じたブレンダン・グリーソンが見事な怪演ぶりにて登場。パディントンと彼が出会う場所、状況も含めて、こちらもとことん楽しい演技合戦を繰り広げてくれます。本当に「お楽しみに!」の一言に尽きる仕上がりです。英国コメディとしても、アドベンチャーとしても、それから家族の絆をしっかりと描いたファミリームービーとしても大満足の一作。

ちなみに、実際のパディントン駅1番線ホームにある「パディントン像」はこんな感じ。

Dscn4713

Dscn4714_3

Dscn4723

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2017/11/17

gifted ギフテッド

映画.comにて「gifted ギフテッド」のレビューを執筆致しました。『(500)日のサマー』や『アメイジング・スパイダーマン』のマーク・ウェブ監督が放つこの最新作は、一言で表現すると、「幼い姪と叔父さんの物語」。併せて、現在発売中の雑誌EYESCREAM(アイスクリーム)では、ウェブ監督に直接インタビューさせてもらっています(p.102)。どちらもぜひご覧ください!

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2017/10/18

バリー・シール アメリカをはめた男

トム・クルーズ主演の最新作『バリー・シール』について書きました。原題は"American Made"。

70年代から80年代まで、CIAに要請されて影いろんなことに手を染めていた男の物語。南米に武器を供給して、帰りに麻薬を輸送機にいっぱい積んで帰るみたいな無茶苦茶やってるのに、おとがめなし。それでいて温かい家庭人。無茶苦茶なお金が転がり込んで、居住している小さな町が潤って経済的発展を遂げて、逆に関係各所から怪しまれるという奇妙奇天烈な流れ。トムだからこそこの程よいニュアンス(悪人か善人かの線引きが難しいキャラ)が体現できたのだと思います。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2017/09/27

僕のワンダフル・ライフ

映画.comにて『僕のワンダフル・ライフ』のレビューを書きました。『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』や『やかまし村の子どもたち』でも知られる北欧出身の名匠ラッセ・ハルストレムの作品です。

メイン画像からは「ワンちゃんと子供の心温まるストーリー」といった雰囲気が伝わってくるものの、その実、かなり奇想天外な展開が待っています。愛犬ベイリーの声を演じるのは、『アナ雪』のオラフ役でもおなじみ、ジョシュ・ギャッド。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2017/03/21

エイミー、エイミー、エイミー!

ジャド・アパトー監督と主演エイミー・シューマーが強力タッグを組んだコメディ『エイミー、エイミー、エイミー!』についてレビューを書きました(原題は”Trainwreck”)。1年前のゴールデングローブ賞ではコメディ・ミュージカル部門の作品賞と主演女優賞にノミネートされた作品です。Trainwreckposter

ジャド・アパトーといえばコメディ映画好きには少なからずアンテナの周波数が引っかかるクリエイターなはず。題材はいつも決まって下世話なのに、どういうわけか胸を打つ場面が多いことでも知られています。というよりも我々の感情は、下世話な部分を経由することで、ありきたりな風景や感情をより俯瞰して見つめ、なんだかすっかり神妙に感じ入ってしまう構造すら持っているのかもしれません。と考えるなら、下世話、最高。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2017/02/22

ラビング 愛という名前のふたり

映画.comにて『ラビング/愛という名前のふたり』のレビューがアップされましたので遅ればせながらご報告を

1466204102_loving_gallery17_richard

60年代、アメリカの歴史を大きく変えることになった”とある夫婦”の物語です。本作の主演女優ルース・ネッガはアカデミー賞主演女優賞にもノミネートされています。この部門では相変わらず『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーンや"ELLE"のイザベル・ユペールが有力と言われていますが、ネッガが魅せる凛と透き通った存在感には誰もが心奪われるはず。いよいよアカデミー賞授賞式も間近に迫ってまいりました。この新鋭に、そしてこの素晴らしい作品にぜひご注目ください。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2017/02/07

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

ティム・バートン監督の最新作『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』について執筆しています。

166042r1_2

この作品、本当に面白かった。いつもながらのティム・バートン色でありながら、ちょっと違うんです。ダークな世界観から抜け出して、観ている人を、まぶしい陽光に照らされた場所に連れて行ってくれるような一本でした。ジョニー・デップも、ヘレナ・ボナム・カーターも、それに作曲家のダニー・エルフマンさえ存在しない、異色のバートン作品。でもその分だけ、新たなコラボレーションの風を感じることができたように思います。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/11/22

ジャック・リーチャー

掲載されて随分時間が経ってしまいましたが、『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』について書いています。映画をご覧になられた方はぜひご覧いただければ幸いです。

Ap_jack_reacher_jef_161020_12x5_160

本作は純然たるエンタテインメントではあるものの、映画の随所にトム自身の辿ってきた人生が見え隠れしているような気がしています。そのことについて。ちょっと別の角度からこの映画のことを見つめることができるかもしれません。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/09/25

カンフー・パンダ

NETFLIXで『カンフーパンダ3』が独占配信されているこのタイミング、これまで全く手をつけていなかった映画3部作を一気見してレビューしました。

『カンフー・パンダ』がマイペースに築き上げた不動の地位/リアルサウンド

Panda_4

世界で安定した人気を獲得し続けているその内容とは?入門編としてご覧いただければ幸いです。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/07/28

『めぐりあう日』インタビュー

648x415_celinesalettevussouhaiteetr

あなたが狂おしいほどに愛されることを私は願ってるーー『めぐりあう日』ウニー・ルコント監督インタビュー/NeoL

韓国で生まれ、両親の存在を知らないまま施設で育ち、その後は養子となってフランスへと渡った異色の経歴の持ち主、ウニー・ルコント。この女性監督が紡いだ長編第2作目となる『めぐりあう日』が今週末より順次公開されます。 彼女にしか紡ぐことのできない視線、物語、親子関係、ファッション、風景、息づかい。様々なところに発見のつまった作品でした。そんなルコント監督へのインタビュー、お時間ございましたらご覧ください。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

50音順タイトル | awards | BOOKS | memo | NEWS | TOP | trailer | WORDS | 【Hero】 | 【my French Film Festival 2011】 | 【おいしい映画】 | 【お年寄りが元気!】 | 【アート×映画】 | 【クラシック音楽はお好き?】 | 【ドキュメンタリー万歳】 | 【メモ】英国王のスピーチ | 【レビュー】 | 【劇場未公開作】 | 【劇薬!】 | 【地域:TOKYO発】 | 【地域:アジア】 | 【地域:中東発】 | 【地域:仏国発】 | 【地域:北欧発】 | 【地域:南米発】 | 【地域:英国発】 | 【学園という名の社会】 | 【宇宙で逢いましょう】 | 【家族でがんばる!】 | 【文芸】 | 【新感覚アクション】 | 【映画×スポーツ】 | 【映画×偉人】 | 【生きるためのファンタジー】 | 【監督:クリント・イーストウッド】 | 【監督:ジョー・ライト】 | 【監督:ミシェル・ゴンドリー】 | 【紛争】 | 【素晴らしき、黙示録の世界】 | 【脚本:ピーター・モーガン】 | 【音楽×映画】 | アウシュヴィッツ訪問 | イベント、取材 | クエンティン・タランティーノ | ジョゼフ・ゴードン=レヴィット | スティーヴン・キング | スティーヴン・スピルバーグ | 一言レビュー | 今年のベスト | 今年のベスト(2013) | 今年のベスト(2006) | 今年のベスト(2007) | 今年のベスト(2008) | 今年のベスト(2009) | 今年のベスト(2010) | 今年のベスト(2011) | 今年のベスト(2012) | 全米BOX OFFICE | 再起復活ベン・アフレック | 旅の記録 | 映画業界