2018/09/14

インナースペース

昔懐かしの映画『インナースペース』について書きました。いざ鑑賞するとすごく面白いのに、実際に観ている人、覚えている人はとても少ないように思える本作。製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ、監督は『グレムリン』でおなじみのジョー・ダンテです。

268x0w

・SF、バディムービー、アクション、コメディ、80年代特有のごった煮感をスマートに昇華させた傑作『インナースペース』

・興収は悪くてもVHSではヒット!80年代の巨匠、ジョー・ダンテが贈る名作SFコメディ『インナースペース』

当の私はというと、小学生の頃に観て、一週間くらい大興奮してしまったクチ。奇しくも現在公開中の『アントマン&ワスプ』と同じ”サイズ・チェンジ”ムービーとしても、意外と多くの共通項を持った作品ではないかと思います。ご興味ある方は、ぜひご覧ください。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2018/08/29

アントマン&ワスプ

『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』でマーベル・ユニバースが大混戦を迎える一方、この世界一ちっちゃな全長1.5センチのヒーローこと”アントマン”が3年ぶりの続編となってお目見えです。

今回は前作以上のアイディアとイマジネーション満載で、大きくなったり、小さくなったりと、見る側も常に自らのサイズ感覚が揺さぶられっぱなし。さらに小ささの壁を超えて量子の領域にまで入り込んでいく世界観は、もはや大きいのだか小さいのだか、一言では言い表せないほどに無限の広がりを見せつけてくれます。

そんな『アントマン&ワスプ』のレビューを映画,comにて書かせていただきました。ご興味ある方は是非ごらんください。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

トゥモロー・ワールド

『ブレード・ランナー』が描いた未来世界2019年を間近に控え、何かと「未来」や「技術」というものを問い直す機会が多くなってきた昨今。もちろん映画史には『ブレード・ランナー』という揺るぎない金字塔が存在する一方、個人的にはさらに高くそびえる山として、いつもこの傑作映画『トゥモロー・ワールド』の事を思い出さずに入られません。これほど胸に突き刺さって抜けない未来映画は他にないでしょう。そんな「知る人ぞ知る」この一作について、二本の記事を書かせていただきました。

0115

・時を重ね存在意義を増す『トゥモロー・ワールド』式リアルな未来

・圧倒的な”状況”を描き尽くした長回しの裏側

ちなみに本作の舞台となるのは2027年のロンドン。2006年の公開から数えるとすでに折り返し地点を越えましたが、いまだにこんな未来が本当に訪れるのではないかと怖くなります。微塵も古びることのないリアルなビジョンもまた秀逸です。是非、映画本編をもう一度見直しながらご覧頂ければ幸いです。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2018/07/20

インクレディブル・ファミリー

実に14年ぶりのご無沙汰。インクレディブルなファミリーが帰ってきました!アメリカでは現在、2018年の累計興行収入ランキングにおいて『ブラックパンサー』、『アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー』に続く第3位にて推移中の本作。今回は何と言っても、いちばんちっちゃなベイビーが、いろんな才能を開花させて大活躍します。そしてつくづく、パパもママも、お兄ちゃんもお姉ちゃんも、家族ってみんなそれぞれがヒーローなんだな、と。そんな『インクレディブル・ファミリー』のレビューを映画.comにて執筆させていただきました。ぜひご覧ください。

家族とは、強靭な絆とパワーで結ばれた史上最強のヒーロー連合なのだ:『インクレディブル・ファミリー』

ちなみに同時上映の短編も「家族」がテーマ。こちらもなんだかホロっと泣かされます。


この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

スナッチ

たまには懐かしい名作を、とのことで、ガイ・リッチーが一躍メジャーな舞台へと駆け上がった意欲作『スナッチ』にてついて書かせていただきました。いろいろ調べていると、やっぱりこの映画、楽しい!もうあれから18年の歳月が経過したわけですが、未だにあの爽快なノリは色あせていないです。機会があればぜひ再見のほどを。そして鑑賞のお供にこちらの記事もぜひお読みくださいませ。

Snatchmovieposter_2

ガイ・リッチーがハリウッドオファーを蹴って挑んだ、ポップでスピーディーな快作『スナッチ』

『ワイルド・バンチ』やモハメド・アリの影響も!?『スナッチ』のタイトル・バック誕生秘話!

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2018/05/30

デッドプール2

この世はアメコミヒーロー映画が乱立する戦国時代。その中でもひときわ異色の香りを放つ珍ヒーロー『デッドプール』がついにスクリーンに帰ってきました。

Deadpool2cable

続編には、むやみやたらとスケールだけを広げようと空回りしてしまうパターンと、むしろ『ターミネーター2』みたいに大化けしてしまうパターンとがありますが、本作に関して言えば完全に後者でしょう。いやあ、本当に面白い仕上がりでした。相変わらず過激だけれど、すべてを捧げ尽くすライアン・レイノルズのサービス精神と、どこまでもアイディアを詰め込むデヴィッド・リーチの演出が相まって、素晴らしい笑いとアクションのケミストリーが生まれていた。ちょっと感動を覚えるほど。

そんな『デッドプール2』のレビューを映画.comに書きました。この映画が気になっている方は是非チェックしてみてくださいませ。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2018/05/06

ホース・ソルジャー

思えば最近、ジェリー・ブラッカイマー製作の映画にお目にかかる機会がめっきりと減った。90年代から00年代にかけて、特に『ザ・ロック』や『アルマゲドン』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの頃は、あの道脇の木に落雷するプロダクションマークが映画の高揚感を否応なく高める序曲の一部だった気がする。同じような勢いが再来することはないにしろ、久方ぶりに「そうそう、このノリ!」と笑みがこぼれそうになったのが『ホース・ソルジャー』だ。今回は想像力を駆使した荒唐無稽な戦場アクションというわけではない。きちんと史実に基づく、それも9.11以降のアフガン戦線において長らく軍事機密として伏せられてきた内容の映画化だという。

12_strong

原題を『12 Strong』と銘打っている割には、12人のキャラクターを満遍なく印象付けるには尺も描写も足りない。が、少なくともクリス・ヘムズワースとマイケル・シャノン、それにマイケル・ペーニャあたりの個性は彼らの演技力も相まって実に際立っている。絶妙な呼吸や些細なやり取りで怒りや戸惑いやおかしみを分かち合うヘムズワースとシャノンの関係性は本作のまさに大黒柱となる部分だ。それに上官役としてブラッカイマー映画の常連であるウィリアム・フィクトナーが顔を出しているのも嬉しいところ。気になって調べると、フィクトナーもすでに還暦を超え、ブラッカイマーに至ってはもう74歳だという。そりゃ、製作本数が減少するわけだ。

続きを読む "ホース・ソルジャー"

|

2018/05/01

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー

映画.comにて『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のレビューを執筆しました。ご興味おありの方は是非ご覧ください。

本作は北米のオープニング週末興収にて2億5570万ドルという桁違いの数字を叩き出し、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を上回る歴代最高記録を樹立しています。これから興収がどれくらいまで伸びていくのか見当もつきませんが、きっとこれまた北米興収のトップに君臨する『フォースの覚醒』(9億3660万ドル)を脅かすほどの猛追を見せてくれることでしょう。

*ちなみに時間軸からすると本作の直前に位置する『マイティ・ソー バトルロイヤル』のレビューも執筆しておりますので、参考までにご覧いただければ幸いです。

さてさて、上記のレビューは基本的にネタバレなしで書いていますが、でも実際問題として今回の『』アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』は、見た後にどうしても今後の展開を予測してあれこれ語りたくなる映画でもあります。以下、結末にモロに触れていますので、本編をご覧になった方のみ、個々の責任のうえでお読みください。


*******************

*******************

続きを読む "アベンジャーズ インフィニティ・ウォー"

|

2018/04/17

レディ・プレイヤー1

スピルバーグのフィルモグラフィを紐解く時、最も重要なのは「『シンドラーのリスト』と『ジュラシック・パーク』をを同一年(1993)に送り出したこと」だと私は思っている。『シンドラー』の撮影があまりに精神的に堪えるものだから、しょっちゅうロビン・ウィリアムズに電話して笑わせてもらっていたというのは有名な話だが、この二作を同時期に撮ったのに、何らかの「振り子作用」があったのは確実である。

ふとそんなことを思い出したのは、『ペンタゴン・ペーパーズ』と『レディ・プレイヤー1』もほぼ同時期に生まれたからだ。片や今の時代に必要な圧倒的なまでのリアリズム映画であり、片や実写撮影のみならずCGを駆使してイマジネーションを炸裂させた映画。実のところ『レディ・プレイヤー1』は2016年に実写部分の撮影が行われ、その後、膨大なCG作業の仕上がりを待つ間、スピルバーグは2017年に驚くようなスピードで『ペンタゴン・ペーパーズ』を撮り上げたのだとか。今のタイミング、この組み合わせでなければ生まれ得なかった正反対の双子、というのは言い過ぎだろうか。

さて、そんな本作を恐る恐る紐解くと・・・冒頭から未来世界なのになぜか80年代の空気が吹き込んでくる。懐かしき「Jump」が流れ、さらにTears For Tearsの「Everybody Wants To Rule The World」のイントロが流れ出した時には、前に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のオープニングで10ccの「I’m not in Love」が飛び出した時みたいに驚いて胸の内側がジワッと湿り気を増していくのを感じた。

続きを読む "レディ・プレイヤー1"

|

2017/12/15

キングスマン ゴールデン・サークル

映画.comにて『キングスマン ゴールデン・サークル』のレビューを執筆させていただきました。前作で銃弾に倒れたコリン・ファース演じるハリー・ハートも大復活。組織崩壊の危機に瀕したメンバーらが、はるかアメリカの地で繰り広げる新ミッションを描いた快作(ある意味、怪作かも)です。

そういえば、コリン・ファースとパディントンにも不可思議な繋がりがあって、実は当初、パディントンの声を担当するのはベン・ウィショーではなく、このコリン・ファースだったのだとか。しかし、いざ声を吹き込んでみると「ちょっとイメージが違うかな」ということになり、監督、プロデューサー、そしてファースが話し合った末に降板したそうです。

『キングスマン』で響くファースの声は相変わらずその深みにうっとりとしてしまうほど。『パディントン』の第三弾あたりでひょっこりと登場するなんてことにならないだろうかと、密かに期待しています。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

50音順タイトル | awards | BOOKS | memo | NEWS | TOP | trailer | WORDS | 【Hero】 | 【my French Film Festival 2011】 | 【おいしい映画】 | 【お年寄りが元気!】 | 【アート×映画】 | 【クラシック音楽はお好き?】 | 【ドキュメンタリー万歳】 | 【メモ】英国王のスピーチ | 【レビュー】 | 【劇場未公開作】 | 【劇薬!】 | 【地域:TOKYO発】 | 【地域:アジア】 | 【地域:中東発】 | 【地域:仏国発】 | 【地域:北欧発】 | 【地域:南米発】 | 【地域:英国発】 | 【学園という名の社会】 | 【宇宙で逢いましょう】 | 【家族でがんばる!】 | 【文芸】 | 【新感覚アクション】 | 【映画×スポーツ】 | 【映画×偉人】 | 【生きるためのファンタジー】 | 【監督:クリント・イーストウッド】 | 【監督:ジョー・ライト】 | 【監督:ミシェル・ゴンドリー】 | 【紛争】 | 【素晴らしき、黙示録の世界】 | 【脚本:ピーター・モーガン】 | 【音楽×映画】 | アウシュヴィッツ訪問 | イベント、取材 | クエンティン・タランティーノ | ジョゼフ・ゴードン=レヴィット | スティーヴン・キング | スティーヴン・スピルバーグ | 一言レビュー | 今年のベスト | 今年のベスト(2013) | 今年のベスト(2006) | 今年のベスト(2007) | 今年のベスト(2008) | 今年のベスト(2009) | 今年のベスト(2010) | 今年のベスト(2011) | 今年のベスト(2012) | 全米BOX OFFICE | 再起復活ベン・アフレック | 旅の記録 | 映画業界