2012/06/07

【予告編】タランティーノ最新作Django Unchained

ついにこの新作の予告編が公開された。クエンティン・タランティーノ監督作"Django Unchained"は彼の映画脳に組み込まれたマカロニ・ウェスタン愛とブラックムービー愛をふんだんに散りばめ有機化合した代物だ。主演のオスカー俳優ジェイミー・フォックスに並んでドイツ人バウンティ・ハンター役を演じるのはタランティーノの前作『イングロリアス・バスターズ』で幾つもの言語を操るナチス将校役で世界を驚かせたクリストフ・ヴァルツ。そのふたりが手を組んでレオナルド・ディカプリオ演じる悪のプランテーション農場主に正義の鉄槌を食らわすべく地獄の猛攻を加えていく。はたしてこの新種のウェスタン(タランティーノが言うにはウェスタン/西部ではなく“サザン/南部”とのこと)はセルジオ・レオーネ作品らとともに後代にまで語り継がれるマスターピースとなりうるのか。全米での公開は年末の12月25日。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2012/04/27

【画像】タランティーノ新作"Django Unchained"

クエンティン・タランティーノによる『イングロリアス・バスターズ』以来となる新作"Django Unchained"のファースト・スチールがネット上で公開された。

『荒野の用心棒』『夕陽のガンマン』をはじめとする往年のマカロニ・ウェスタン(これは淀川長治さんによる造語で、正式にはスパゲッティ・ウェスタンという。イタリアで造られた西部劇のこと)へのタランティーノなりの偏愛が存分に詰まった本作だが、そうは言いながらも彼らしいのは、今回の舞台がウェスタンなどではなく南北戦争前のバリバリのサザン(アメリカ南部)だということ。

Django_leo__120426172715575x303

Django1__120426173850575x387
極悪のプランテーション農場主カルヴィン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)に囚われた妻を救うために奴隷の立場から逃げ出した男ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)が、やがてドイツ人バウンティ・ハンターの力を借りて反撃に打って出る―という物語。出演はほかにケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、サシャ・バロン・コーエンなど。北米での劇場公開は年末の12月25日。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2012/04/12

【NEWS】タランティーノ最新作の第1弾ポスター

現在、鋭意撮影中のクエンティン・タランティーノ最新作"Django Unchained"の第1弾ポスターがYahoo Movies経由で公開された。

Djangoteaserfinaljpg_233849

今回は1800年代のアメリカ南部を舞台に、黒人奴隷だった男がドイツ人バウンティ・ハンターに弟子入りして腕を磨き、いつしか妻が囚われた巨大プランテーションに殴り込みをかける―というストーリー。主演にはジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、サミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ケリー・ワシントン。そしてレオナルド・ディカプリオが悪役に挑戦しているのも見どころだ。

"Django Unchained"は今年の12月25日に全米にて封切られる。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2011/11/20

【NEWS】タランティーノ新作のエディター決定?

Menke タランティーノの『イングロリアス・バスターズ』と新作"Django Unchained"との大きな違いには、その戦争物→西部劇というジャンルの落差以上に、サリー・メンケの不在という点が挙げられる。『レザボア・ドッグス』『パルプ・フィクション』時代からずっとタランティーノの右腕としてフィルム編集を担ってきた彼女は2010年に急逝。このことがタランティーノに与えた悲しみは計り知れない。

*サリー・メンケは『パルプ・フィクション』と『イングロリアス・バスターズ』で2度アカデミー賞編集賞候補入りを果たしている。

とはいえ、映画人たるもの作品を作り続けることで前に進まねばならない。キャスティングも順調に固まりもうじき撮影入りするものとみられる新作"Django Unchained"だが、果たしてメンケの後継者として“編集”を担うのは誰なのか。

そんな中、IMDbを覗いてみると、そこにはフレッド・ラスキンという名が。かつて『キル・ビル』シリーズに編集助手として参加した経歴を持つ彼。その後は『ワイルド・スピード』シリーズ(Part3~5)に正式なエディターとして携わるなどして経験を積み、遂に今回タランティーノ組に舞い戻ることになったようだ

また撮影監督には『キル・ビル』『イングロリアス・バスターズ』に続きロバート・リチャードソンの名前が据えられている。『シャッター・アイランド』、『アビエイター』、『シャイン・ア・ライト』、"Hugo"といったマーティン・スコセッシ作品でも知られるこのベテランの仕事ぶりに、今回も安心して身をゆだねられそうだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2011/11/12

【NEWS】タランティーノ新作にサシャ・バロン・コーエン投入?

Sacha Varietyによると、クエンティン・タランティーノ最新作"Django Unchained"に投与される更なる劇薬として、『ボラット』『ブルーノ』で知られる英コメディ俳優サシャ・バロン・コーエンが出演交渉の最終段階に入っているそうだ。

タランティーノが往年のマカロニ・ウェスタン(これは淀川長治さんの造語で、正式にはスパゲッティ・ウェスタン)への愛をむき出しにして贈る本作は、奴隷の身から解放された主人公ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)がドイツ人賞金稼ぎ(クリストフ・ヴァルツ)の助けを借りながら、巨悪のプランテーション農場主(レオナルド・ディカプリオ)に囚われし妻(ケリー・ワシントン)の奪還に挑む―というのが大まかな筋書き。

ディカプリオ演じる悪玉に囚われた奴隷たちは、彼が経営する遊技場で男は『グラディエーター』みたく殺し合いに従事させられ、女は娼婦としての生活を余儀なくされる。バロン・コーエンが打診されているのは、ここに出入りするギャンブラーにして、客としてヒロインを買おうとする人物。比較的小さめの役ながら、重要な役のようだ。

上記に挙げたキャストのほかには、サミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ドン・ジョンソンらが出演予定。公開日は2012年12月25日。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2011/10/22

【NEWS】ゴードン=レヴィットがタランティーノ作"Django Unchained"に出演?

Godon Varietyによると、『500日のサマー』『50/50』のジョゼフ・ゴードン=レヴィットがクエンティン・タランティーノ最新作"Django Unchained"に出演すべく交渉入りしているという。

ゴードン=レヴィット自身はこの話に乗り気のようだが、なにしろ現在クリストファー・ノーラン監督作『ダークナイト・ライジング』やスティーヴン・スピルバーグ監督作『リンカーン』などに引っ張りだこの彼だけに、これを実現させるためには多少のスケジュール調整が必要となりそうだ。撮影開始は1月を予定。

タランティーノが彼の愛するジャンル“マカロニ・ウェスタン”に挑戦する本作は、ジェイミー・フォックス演じる元奴隷の男が、血も涙もない巨大プランテーション農場&遊技場主(レオナルド・ディカプリオ)に囚われた妻を救出すべく、ドイツ人賞金稼ぎ(クリストフ・ヴァルツ)の力を借りて大反撃を繰り広げる物語。その他の出演者にサミュエル・L・ジャクソン、カート・ラッセル、ドン・ジョンソンら。ゴードン=レヴィットの役柄はまだ分かっていないが、これが実現すれば『インセプション』に続くディカプリオとの共演となる。

本作の米公開日は2012年12月25日。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

その他のカテゴリー

50音順タイトル | awards | BOOKS | memo | NEWS | TOP | trailer | WORDS | 【Hero】 | 【my French Film Festival 2011】 | 【おいしい映画】 | 【お年寄りが元気!】 | 【アート×映画】 | 【クラシック音楽はお好き?】 | 【ドキュメンタリー万歳】 | 【メモ】英国王のスピーチ | 【レビュー】 | 【劇場未公開作】 | 【劇薬!】 | 【地域:TOKYO発】 | 【地域:アジア】 | 【地域:中東発】 | 【地域:仏国発】 | 【地域:北欧発】 | 【地域:南米発】 | 【地域:英国発】 | 【学園という名の社会】 | 【宇宙で逢いましょう】 | 【家族でがんばる!】 | 【文芸】 | 【新感覚アクション】 | 【映画×スポーツ】 | 【映画×偉人】 | 【生きるためのファンタジー】 | 【監督:クリント・イーストウッド】 | 【監督:ジョー・ライト】 | 【監督:ミシェル・ゴンドリー】 | 【紛争】 | 【素晴らしき、黙示録の世界】 | 【脚本:ピーター・モーガン】 | 【音楽×映画】 | アウシュヴィッツ訪問 | イベント、取材 | クエンティン・タランティーノ | ジョゼフ・ゴードン=レヴィット | スティーヴン・キング | スティーヴン・スピルバーグ | 一言レビュー | 今年のベスト | 今年のベスト(2013) | 今年のベスト(2006) | 今年のベスト(2007) | 今年のベスト(2008) | 今年のベスト(2009) | 今年のベスト(2010) | 今年のベスト(2011) | 今年のベスト(2012) | 全米BOX OFFICE | 再起復活ベン・アフレック | 旅の記録 | 映画業界