2015/07/29

ジュラシック・ワールド

Chrisprattvelociraptorjurassicwor_2

暑い日が続いてますね。お変わりありませんか? 映画界の夏興行もいよいよ本格化。『マッドマックス』に『アベンジャーズ』、『ターミネーター』ときて、さらに『ジュラシック・ワールド』、『ミッション:インポッシブル』と人気シリーズの最新作が目白押し。

そんな中から、8月5日より待望の日本公開となる『ジュラシック・ワールド』のレビューを映画.comにて執筆しております。気になっている方はぜひご一読の上、今や世界興収、北米興収ともに歴代3位にまで昇り詰めた(いずれも1位、2位にはジェームズ・キャメロンの『アバター』と『タイタニック』が君臨)この大冒険ムービーに備えて頂ければ幸いです。

思えば、スピルバーグが1993年に『ジュラシック・パーク』を放ってから22年もの月日が経過しました。今回のシリーズ第4弾で何よりも嬉しいのが、映画のストーリーも観客と同じく22年分の歳月を経ているということです。だから、いやがおうにも22年前、ブラキオサウルスがスクリーン一杯に首を伸ばしていたシーンのことなどが蘇ってきてしまう。現に、あの頃は親に手を引かれて映画館に足を運び、気がつけば今回は自分がお子さんの手を引く立場になっている方も多いはず。そうやって自分史と重ね合わせて映画が楽しめるのもこのシリーズの醍醐味と言えるのでしょう。

そして、これは大人になってから気付いたことなんですが、スピルバーグにおける1993年はまさに奇跡的ともいえる年でもあり、同年に『ジュラシック・パーク』と『シンドラーのリスト』を公開しているんですね。過去のエピソードを紐解くと、これらはほぼ同時期に製作されていて、『ジュラ』の撮影を何とか終わらせてからポーランドへと飛び、そこで日中は『シンドラー』を撮りながら、空いた時間で『ジュラ』の特殊効果のチェックも行っていたのだとか。

僕らからすればあまりに両極端の荒業に思えるんだけれど、こうやって両極共に針が振り切れている状態だったからこそ、互いに反動を付けながら自分を限界にまで追い込むパワーを引き出し得たのではないかと思うのです。そして何よりも『シンドラー』があったからこそ、『ジュラシック・パーク』にはまるで願いをこめるかのように人間の創造性や夢見る喜びといったものが縦横無尽にあふれていたのではないでしょうか。

今回の『ジュラシック・ワールド』では、まさにスピルバーグの子供世代とも言えるコリン・トレボロウが監督のバトンを引き継いでいます。彼は僕よりもひとつ年上だから、恐らく映画館で93年に受けた原体験も似通ったものだったはず。そんな彼が長編第二作目にあたる本作でプレッシャーを撥ね除けて見事にやり遂げてくれたことが本当に嬉しかった。ちなみに彼の前作『彼女はパートタイムトラベラー』も素晴らしい作品なので(日本では未公開でDVDスルーなのですが)、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2012/11/13

【NEWS】スピルバーグ新作SFにアン・ハサウェイ出演

EMPIRE誌によると、アン・ハサウェイがスピルバーグのSF"Robopocalypse"に出演することを認めたという。本作は現在"Lincoln"のプロモーションのために大忙しのスピルバーグの次回作になるものとみられている。

ダニエル・H・ウィルソンのベストセラーを原作にした"Robopocalypse"はロボット反乱後の地球を描いた物語。ハサウェイの他にもクリス・ヘムズワース、ベン・ウィショー、ジェマ・アタートンらの出演が予定されている。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2012/09/26

【NEWS】スピルバーグ新作キャスト候補にベン・ウィショーも追加

年末には"Lincoln"の米公開を控えるスティーヴン・スピルバーグ監督だが、すでにその先の新作"Robocalypse"に向けてキャスティングが進んでいる。

ダニエル・H・ウィルソン原作によるSF黙示録とでもいうべき本作は世の中にあふれたロボットが一斉に蜂起した後の人類の運命を描いたものだ。すでに『マイティ・ソー』のクリス・ヘムズワースが主演交渉入りしており、『ダークナイト・ライジング』や『レ・ミゼラブル』のアン・ハサウェイもヒロイン候補として話が及んでいるが、米ヴァラエティ誌によると現段階でこれらのキャスト候補陣にさらにベン・ウィショーも追加されている模様。

"Cloud Atlas"や『007/スカイフォール』に出演するウィショーが打診されているのは物語で重要な鍵を担うハッカー役とのこと。正式なオファーはまだ出されていないものの、可能性を探る段階で接触が行われているようだ。

ドリームワークスと20世紀フォックスが手を握って制作される"Robocapypse"は2014年4月25日に公開予定。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2012/08/08

【画像】スピルバーグ最新作『リンカーン』

Entertainment Weekly誌がスティーヴン・スピルバーグ監督作"Lincoln"の初出しスティールを公開している。ダニエル・デイ=ルイス扮するエイブラハム・リンカーンの様子はこれまでにも幾度かパパラッチにより隠し撮りされたものが伝わってきており、極限まで役作りを突き詰めることで知られるデイ=ルイスのリンカーンのなりきり様が話題になってきた。そのシンボリック性は今回のスティールにてますます加速。まるで蝋人形の館を訪れた気分に浸ってしまうほどだ。

Abrahamlincoln
ドリス・カーンズ・グッドウィンによる原作「リンカン」を基にした本作は、第16代大統領が生きた最期の4ヶ月を中心に、奴隷解放宣言を下し、南北戦争を終わらせるために粉骨砕身する姿が描き出される。出演はデイ=ルイスのほかにサリー・フィールド、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、トミー・リー・ジョーンズ、デヴィッド・ストラザーン、ジェームズ・スペイダーなどなど。アメリカでの公開は11月16日。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2012/03/16

【NEWS】ジュラシック・パークも3D化

Jurassic 『ライオン・キング』『リトル・マーメイド』そして『ファインディング・ニモ』をはじめとするディズニー&ピクサーの大ヒットアニメやジェームズ・キャメロンの大ヒット作『タイタニック』、そして『スター・ウォーズ』6部作に至るまで、今や3D化の勢いが不朽の名作群へと押し寄せる中、ついにこの映画『ジュラシック・パーク』も3D化されることが決定した。公開日は2013年7月19日を予定。

1993年に公開された本作は世界興収9億1500万ドルをマークしており、この3Dリバイバル公開を経るとスピルバーグ監督作として初となる「10億ドル」越えを達成することが予測される。

また、スピルバーグは2013年の7月3日に自身の監督作"Robopocalypse"の封切りを予定しており、もしも両作ともに順調に製作されたなら、昨年の『タンタンの冒険』と『戦火の馬』の同時期公開に匹敵するほどの“スピルバーグ祭り”がまたもや実現することとなる。

なお、目下、スピルバーグ指揮下で『ジュラシック・パーク4』の企画も進行中。スピルバーグは製作のみに徹する模様で、監督には『ジュラシック3』や『キャプテン・アメリカ』を手掛けたジョー・ジョンストン?という可能性も示唆されている。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2012/02/15

【NEWS】タンタン2はピーター・ジャクソンが監督予定

2011年はスピルバーグが初の3Dアニメーションを世に送り出した記念すべき年となった。アメリカではそれほど振るっていない『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』だが、ワールドワイドに視野を広げれば興収3億7000万ドル越えのヒット。製作陣も予定通り3部作構想の次回作に向けて動き出しているようだ。

Theadventuresoftintinmovieimage8
Total Filmが直接スピルバーグから聞き出したコメントによると、この企画の立役者であるスピルバーグ&ピーター・ジャクソンの間には当初より「おれが1作目を監督するから、きみは2作目をよろしく!」と言う約束があるらしく、スピルバーグ自身は2作目も続投したいが「ピーターがやらなきゃならん」とのこと。現在、『ホビット』2部作を製作中のピーター・ジャクソンはこれを終え次第、すぐにエルジェの世界へ“監督”として帰還することになりそうだ。もちろんスピルバーグもプロデューサーとして本作にかかわる。

ちなみに『ユニコーン号の謎』はエルジェの原作3冊分(「なぞのユニコーン号」「金のはさみのカニ」「レッド・ラッカムの宝」)の要素を合わせた内容だったが、それでは続編はどうなるのだろうか。スピルバーグは「どの原作をベースにするかはまだ言えないよ」とコメント。以前、プロデューサーのキャスリーン・ケネディが"The Calculus Affair"(「ビーカー教授事件」)というタイトルを示唆したことについても「まだ決定には至っていないんだ。(ケネディは)きみの書く記事を混乱させようとしているのかもね!あるいは本当にそうかもしれない。ぼくも『ビーカー教授事件』は好きだよ。ありえるかもね」。

実際の進捗状況としては、「ようやく物語のあらすじが固まったところだ。目下、脚本家がこの仕事にあたってくれている。どの原作になるかは公言しないけれど、(前作は3冊分だったに対し)今回は一冊以上、2冊以下ってところかな」。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2011/12/01

【レビュー】タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密

実に『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』以来となるスピルバーグのカムバック。この瞬間をどれだけ待ちわびたことか。しかも今回は彼の初となる3Dアニメーション参入。同時代に生きる最高のイマジネーションの使い手によるビジュアリティを映像化すべく、ピーター・ジャクソン率いるWETAワークショップも『アバター』『猿の惑星』に更なる応用を加えたモーションキャプチャー技術で援護し、誰もが馴染み深いタンタン少年の冒険譚が装いも新たな次元感覚で眼前に蘇ってきた。

Tintin
3D技術を手にしたスピルバーグはまるで全く新しい遊び道具を手にした幼子のように活き活きとしている。タイトルバックではコミック特有の絵心をのこしつつ、コマ割り風にストーリーを弾ませ、ふと気付くと、ページをめくる時のあの斜めに迫り出してくる感覚さえもが立体で表現されている(これまでこんなことを3Dで表現しようと思った人はいなかっただろう)。

正直に告白すれば、僕が本作でいちばん高揚したのはジョン・ウィリアムスのジャジーな旋律に乗せて流れるこのタイトルバックだった。それはどこか『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』との連なりも感じさせる。

そしていよいよストーリーの幕開け。鏡を多用して主人公の姿を部分的に映し出し、街角の似顔絵描きがその絵を完成させた時点でようやく3Dのタンタンがお目見えする場面も、スピルバーグ的な正確な順番を追った高揚感の醸成が効いている。これらのナビゲーション経て、観客はスピルバーグの3D作法に自ずとチューニングすることができる。

そこから始まるのは、市場で手にした帆船模型にはじまる壮大なアドベンチャーだ。サブタイトルを「ユニコーン号の秘密」としながらも、その実態は「なぞのユニコーン号」「レッド・ラッカムの宝」「金のはさみのカニ」という3つの原作をスクラップ&リビルドしたものになっている。これらの脚本を担ったのは、先日NHKでも放映されて話題を呼んだBBC製作「シャーロック」の製作&脚本を手掛けたスティーヴン・モファット、『ホット・ファズ』や『スコット・ピルグリム』などでお馴染みのエドガー・ライト、そして今年"Attack the Block"で大きな話題となったジョー・コーニッシュから成る黄金チーム。これら英国を代表するクリエイター3人の名前が並んでいること自体が俄かには信じられないことだ。

また本作はゆっくりした序盤から徐々にギアを上げ、動作や背景をダイナミックなまでに絡ませていく。後半、いざモロッコの街中でアクションシークエンスが幕を開けると、スクリーンのいたるところで様々な細かな描写が地滑り的に勃発し、あれよあれよという間に、およそ人間の持つふたつの眼球を駆使した動体視力では把握しきれるはずもない怒涛のイメージが氾濫して襲いかかってくる。ブリューゲルの絵画を思わせるほど細部でいろんなことが巻き起こり、それらは一瞬一瞬かみしめる暇もなく、あっという間に過ぎ去っていく。

ここで観客の評価は二つにわかれるだろう。ひとつはこれまで2D実写における表現の限界があったからこそスピルバーグは輝いていたのだという見方。そしてもうひとつは、表現の限界なき3Dアニメーションにおいてスピルバーグは更なる高みに達したという見方。

とにかくスピルバーグは中盤からクライマックスにかけて際限なきイマジネーションでとことん趣向を詰め込んでくる。うっかりしているとこちらがパワー負けしてしまうくらい、とにかく「とことん」なのだ。そもそも映画とは1秒間に映し出される24コマの絵柄が目の残像により繋がって見えるトリック。これが3Dともなればもちろん更なる視覚のトリックを伴うこととなる。このスピルバーグの剛速球に振り落とされないためにも、ぜひ観賞前には目にしっかりと鋭気を与えてから臨んでほしい。

ところで、スピルバーグが娯楽に返り咲いた『クリスタル・スカル』、それに『タンタン』において、ひとつの気づきが僕の頭をもたげるのを覚えた。

「自分のリズムとは異なってきている」

これは実に不思議な感覚だった。べつにセルフ・パロディが鼻についたわけでもない。幼子のように好奇心旺盛な3D趣向も良いだろう。ちょっとばかしストーリーの統合力が削がれていようともそれらはスピルバーグのブランド力で軽々と挽回できるというものだ。ただそれらとはまた違い、これまで自分を魅了してくれた崇高な存在がふと繋いでいた手をほどき、さあ、あとは自分の足で歩きなさいと促しているような歩幅の違いを覚えたのだった。

僕がそれだけ歳をとったということだろうか。それともスピルバーグがそれだけの老齢に達しているということか。『フック』のピーター・パンがそうであったように、彼もまたひとりの人間として老いることを選び、いつまでも跳んだり跳ねたりすることは不可能なのだと暗に示しているのだろうか。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2011/10/27

【NEWS】スピルバーグが語るジュラシック4、インディ5の可能性

Steven イギリスの映画情報誌EMPIREの最新号に『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』の公開を間近に控えたスティーヴン・スピルバーグが登場。その本題とは違う部分でのコメントが各媒体のニュースとして広がっている。というのもそれらが『ジュラシック・パーク4』と『インディ・ジョーンズ5』にかかわるものだからだ。

まず『ジュラシック・パーク4』に関しては、現在、『アイ・アム・レジェンド』や『マイティ・ソー』に携わったマーク・ポロテセヴィッチが脚本を執筆中だと言う。スピルバーグは「ストーリーがとても良い」としながら、「数年のうちに世に送り出したい」と語っている。

そして話は『インディ』へ。はたして5作目は本当に起動しているのだろうか。スピルバーグ曰く、「ジョージ・ルーカスに聞いてくれよ。ストーリーを立ち上げるのは彼の役目なんだから」「これまでも彼が全作のストーリーを立ち上げてきた。今回も彼が取り組んでいる最中だ。まだ脚本執筆にまでは進んでなくて、ストーリーの開発段階。素晴らしいストーリーに仕上がってくるのを待ってるよ」

Ind4_2さらに同誌は前作『インディ4』についても触れている。ファンの間ではあまり評判のよろしくない本作について、スピルバーグはどうコメントしているのだろうか。

「あのマクガフィン(主人公やストーリーを突き動かす動機や目的)が好きじゃないって意見には共感するよ。私もそうだったからね。ジョージとも議論を重ねた。エイリアンや超次元の存在とかって話にはしたくなかったんだ。でも私は親友に忠誠を誓っているからね。彼がこれだと信じるストーリーを仕上げたなら、たとえ私自身がその価値を認めていなくても、ジョージが思い描いたやり方で撮る。私はそこに独自のタッチ、キャスト、撮り方を呼び込むわけだけれど、常にこのシリーズのストーリーテラーたるジョージの意見に従うようにしている。彼とは決して衝突しない」

Nuke また、『インディ4』公開時には主人公が核実験から逃れるべく咄嗟に冷蔵庫の中に隠れるシークエンスに関してジョージ・ルーカスへの酷評が目立ったが、スピルバーグは「あれはジョージのせいじゃない、わたしのアイディアなんだ」と打ち明けている。

「私の下らないアイディアだよ。(それがきっかけで)観客はみんな"jump the shark"と言うのを辞めた。今ではみんな"nuked the fridge"って言う。そんな具合にポピュラーカルチャーに何らかの変化をもたらせたのは嬉しいし、誇りに思うよ」

ここで言う"Jump the shark"とは批評や感想などでもよく用いられる「旬を過ぎた」という意味。長く続くシリーズで「これはちょっとなあ…」と形骸化を思わせるような場面の形容として用いられる。が、『インディ4』公開後はあの冷蔵庫シーンに閉口したファンの間で"nuke the fridge"というフレーズが拡がり、いまや"jump the shark"を凌ぐほどだとか。みんなも機会があったら使ってみよう。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

その他のカテゴリー

50音順タイトル | awards | BOOKS | memo | NEWS | TOP | trailer | WORDS | 【Hero】 | 【my French Film Festival 2011】 | 【おいしい映画】 | 【お年寄りが元気!】 | 【アート×映画】 | 【クラシック音楽はお好き?】 | 【ドキュメンタリー万歳】 | 【メモ】英国王のスピーチ | 【レビュー】 | 【劇場未公開作】 | 【劇薬!】 | 【地域:TOKYO発】 | 【地域:アジア】 | 【地域:中東発】 | 【地域:仏国発】 | 【地域:北欧発】 | 【地域:南米発】 | 【地域:英国発】 | 【学園という名の社会】 | 【宇宙で逢いましょう】 | 【家族でがんばる!】 | 【文芸】 | 【新感覚アクション】 | 【映画×スポーツ】 | 【映画×偉人】 | 【生きるためのファンタジー】 | 【監督:クリント・イーストウッド】 | 【監督:ジョー・ライト】 | 【監督:ミシェル・ゴンドリー】 | 【紛争】 | 【素晴らしき、黙示録の世界】 | 【脚本:ピーター・モーガン】 | 【音楽×映画】 | アウシュヴィッツ訪問 | イベント、取材 | クエンティン・タランティーノ | ジョゼフ・ゴードン=レヴィット | スティーヴン・キング | スティーヴン・スピルバーグ | 一言レビュー | 今年のベスト | 今年のベスト(2013) | 今年のベスト(2006) | 今年のベスト(2007) | 今年のベスト(2008) | 今年のベスト(2009) | 今年のベスト(2010) | 今年のベスト(2011) | 今年のベスト(2012) | 全米BOX OFFICE | 再起復活ベン・アフレック | 旅の記録 | 映画業界