2019/03/20

『つぐない』(2007)

ジョー・ライト監督による2007年作品『つぐない』について原稿執筆しました。

Image

『つぐない』の伝説的ワンカット撮影が映し出す5分6秒の内面世界/CINEMORE

10年以上が経過した今なお、見るたびに息が止まりそうになるほどの衝撃に包まれます。「物語」というものの奥深さに改めて驚かされる作品です。

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/03/13

山猫

『山猫』について執筆しました。

ヴィスコンティの傑作『山猫』を貫く、並外れた”本物”の精神/CINEMORE

正直言って、これまでヴィスコンティの『山猫』は私にとって大きな大きな山でした。10年前にも、20年前にも観たことはあったものの、今ひとつ理解が深められず、そのままに放置してきた宿題のような作品です。それが40歳を超えた今見直してみると、なんと胸に沁みたことか。映画は過去の一点を記録したものではありません。生き物です。それはなおも生き続け、作品も進化し続けるし、私たちの胸の中へと場所を移してからも、日々、変化を続けます。

Theleopard1963filmimagesd8efab1d460

3時間に及ぶ長い旅を終え、バート・ランカスター演じる主人公と共に、万感の思いを込めて「星よ・・・」と口ずさんでしまう自分がいました。

ちなみに私は今回、2016年に発売された『4K修復版』のブルーレイを購入して作品鑑賞しましたが、本作は3月17日から東京都写真美術館を皮切りに全国で順次公開されるそうです。濃密な美しさを取り戻した歴史的名作をスクリーンにて鑑賞できるチャンス。ぜひお見逃しなく。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/02/16

007 スカイフォール

CINEMOREにて『007 スカイフォール』にて二本の記事を執筆しております。

●シリーズ屈指の傑作『007 スカイフォール』に見る、シェイクスピア、黒澤明、『ダークナイト』

●『ミッション:インポッシブル』と刺激しあって切り開く、スパイ映画の新時代:『007 スカイフォール』

新作が待ち遠しい「007」シリーズですが、一度は監督に決まっていたダニー・ボイルが降板し、現在はキャリー・ジョージ・フクナガ監督が率いているとのこと。一本ごとに着実に評価を高めているこの若き名匠が果たしてどのような世界観を見せてくれるのか、期待が高まります。公開は2020年。


この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2018/05/31

『ヘンリー・フール』三部作

現在、渋谷アップリンクで開催中の「ハル・ハートリー復活祭」(上映中〜6月8日)にて、ハル・ハートリー監督による『ヘンリー・フール』三部作が上映されています。第一作目は日本でも公開済みですが、二作目、三作目に関しては日本初上映。長らく「幻の三部作」と言われてきたものが、ついに日本でそのベールを脱ぐことに!それを記念して、CINEMOREにて各作品の記事を執筆しております。是非ご覧いただけますと幸いです。

・まさかのトリロジーとなって日本再上陸する幻の傑作『ヘンリー・フール』 巧みな語り口の肝となったハル・ハートリー流の”見せない”技術とは?

・トリロジ−2作目はスパイ・サスペンス。奇才ハートリーが仕掛けた”カメラの傾き”がもたらすもの 『フェイ・グリム』

・家族の物語、ついに完結。クラウドファンディングがもたらした最終章は、ユーモラスな中にギリシア悲劇的な香りが際立つ 『ネッド・ライフル』

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2018/05/29

さよなら、僕のマンハッタン

『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督が描く珠玉の人間ドラマ『さよなら、僕のマンハッタン』。この映画についてCINEMOREさんで二本の記事を書かせていただきました。

一本目は「サイモン&ガーファンクルの名曲から読み解く『さよなら、僕のマンハッタン』」、そして二本目は「二人の”ウェブ”から見えてくる、マーク・ウェブ監督の試行錯誤と再起への誓い」。

つい先日も映画関係者の人とこの映画のことをお話ししていたのですが、最終的には「やっぱりウェブ監督は、本当に心が優しい。優しすぎるくらい、優しい」という結論に達しました。ニューヨークという変わりゆく街を本当に優しく包み込んだ作品です。個人的にはまるでポール・オースターの小説のような香りに酔いしれました。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2018/04/04

さよなら、僕のマンハッタン

映画.comにて『さよなら、僕のマンハッタン』(4月14日より公開)のレビューを執筆しました。

81jxkqnk3ul_ri__2

本作のマーク・ウェブ監督といえば、『(500)日のサマー』や『アメイジング・スパイダーマン』シリーズなどでも知られる人。この映画は、彼が『サマー』で映画監督デビューする前に一目見て虜になったという脚本を、10年以上熟成させた上でついに映画化した作品なのだそうです。なんだかポール・オースターを始めとするNYを舞台にした文学を彷彿とさせる、ささやかだけれど人生の魔法に彩られた物語です。是非ご覧ください。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2018/03/26

ビガイルド

ソフィア・コッポラの久々の新作『ビガイルド』についてCINEMOREに二本の記事を執筆しました。

Thebeguiled

一本目は「画面アスペクト比1.66:1がもたらす心理模様」、そしてもう一本は「ソフィア・コッポラに着想を与えたイーストウッド主演映画とは?」。これまでのソフィア作品とはややイメージが異なったスリラーながら、その世界感の織りなし方はさすがです。ぜひ映画とあわせてお読み頂けますと幸いです。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2017/05/31

光をくれた人

『ブルーバレンタイン』で世界をアッと驚かせたデレク・シアンフランス監督が紡ぐ最新作『光をくれた人』について書きました

The_light_between_oceans_poster

いつもながら、シアンフランス監督の作品では夫婦役の俳優たちの間で交わされる演技を超えた親密さに驚かされるんですが、今回もまた、数週間に及ぶ共同生活を通じてリアリティを育んでいったのだとか。さらに親密なシーンではごくわずかなスタッフだけで撮影するという、いずれも過去に築き上げてきた確固たる方法論が活かされているようです。

今作は、二つの海洋がぶつかり合う孤島に立つ灯台が一つの舞台となっており、その美しさと荒々しさが相まった映像も一つの見どころです。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/12/08

五日物語

ダークでグロテスク。しかしその美醜の混ざり合った輝きに魅了され、いつしか完全な虜と化してしまう大人のファンタジー『五日物語』についてレビューを書きました

Taleoftalesposter120x160bd

イタリアの鬼才マッテオ・ガローネ監督らしい強烈な一手。原作となった「ペンタメローネ」は17世紀に書かれた民話集で、「シンデレラ」や「白雪姫」のベースとなる物語も含んでいるのだとか。後にグリム兄弟などにも大きな影響を与えたと言われます。ファンタジー、おとぎ話と聞くと、過度で分かりやすい演出を含んだ作風がイメージされますが、それとは180度異なるリアリスティックな世界観が展開。リアルなのに、魔術的な力、不気味な登場人物、それに奇妙なクリーチャーまで存在するーーそんな不思議な映像世界をご堪能ください。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/09/21

ある天文学者の恋文

『ニュー・シネマ・パラダイス』のジョゼッペ・トルナトーレ監督による新作『ある天文学者の恋文』についてレビューしています。

名匠トルナトーレが描く、宇宙の深淵にてミステリアスに輝き続ける愛の物語/映画.com

Correspondence

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

50音順タイトル awards BOOKS memo NEWS TOP trailer WORDS 【Hero】 【my French Film Festival 2011】 【おいしい映画】 【お年寄りが元気!】 【アート×映画】 【クラシック音楽はお好き?】 【ドキュメンタリー万歳】 【メモ】英国王のスピーチ 【レビュー】 【劇場未公開作】 【劇薬!】 【地域:TOKYO発】 【地域:アジア】 【地域:中東発】 【地域:仏国発】 【地域:北欧発】 【地域:南米発】 【地域:英国発】 【学園という名の社会】 【宇宙で逢いましょう】 【家族でがんばる!】 【文芸】 【新感覚アクション】 【映画×スポーツ】 【映画×偉人】 【生きるためのファンタジー】 【監督:クリント・イーストウッド】 【監督:ジョー・ライト】 【監督:ミシェル・ゴンドリー】 【紛争】 【素晴らしき、黙示録の世界】 【脚本:ピーター・モーガン】 【音楽×映画】 アウシュヴィッツ訪問 イベント、取材 クエンティン・タランティーノ ジョゼフ・ゴードン=レヴィット スティーヴン・キング スティーヴン・スピルバーグ 一言レビュー 今年のベスト 今年のベスト(2013) 今年のベスト(2006) 今年のベスト(2007) 今年のベスト(2008) 今年のベスト(2009) 今年のベスト(2010) 今年のベスト(2011) 今年のベスト(2012) 全米BOX OFFICE 再起復活ベン・アフレック 旅の記録 映画業界