2020/03/29

『羅生門』(50)

いくつもの県で外出自粛が言い渡されたこの週末、NHKで『羅生門』が放送された。3月23日で生誕110周年を迎えた黒澤明監督の代表作『羅生門』は、「人によって”事実”の捉え方は全く異なる」という意味合いで、今なお時代や文化を超えて世界中の数多くの映画で応用される。興味深いことに、以前見た印象と、今回改めて見た印象は全く違った。自分の中でさえ、その時々によって別人のように受け止め方が変わるのだから、これが他人どうしなら尚更の事だ。

シンプルな状況数式に次々と変数が加えられ、はじき出される数字がどんどん変わっていく。猛スピードで野山を駆け巡る主人公を照らす木漏れ日がまさにその変数をも思わせ、ある意味、万華鏡的。また、耳を澄ますと聞こえる早坂文雄の「ボレロ」風の音楽が、迫りつつあるも、なかなかやってこない”何か”を示唆しているかのよう。手が届きそうで、その実、なかなか手で触れられない。真実はかくも迷宮のごとし。我々は真の意味では究極の答えにたどり着けないことを知りながら、それでもなお手を伸ばして求め続けねばならない。それが絶望しないということだ。あのひ弱そうな志村喬の最後の表情は、己に圧倒的に欠けたものや矛盾を受け入れながら、それでも未知数を抱きしめて生きようとする姿に見えた。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2020/03/11

ヒッチコック『舞台恐怖症』('50)

ヒッチコック作品の中でさほど知名度は高くない。私の中でもなぜかメロドラマ的なイメージがはびこっていて、これまできちんと観たことがなかった。が・・・喰わず嫌いってものは本当に良くない。これ、ものすごく面白い娯楽作で、キャラクターや展開、そして「演じること」を活用した物語構成が実に巧みな点に胸を鷲掴みにされた。

メインとなるのは、愛する人の殺人容疑を晴らそうと「役になりきる」才能を活かして渦中に潜り込む見習い女優。そこで対するは大物女優。舞台では共演することの叶わぬ二人が、舞台外にて虚構性の刃を突きつけ合う。この二重構造がスリリング。また終幕に向けて劇場構造を活かした動線が周到に構築されていくのも面白い。

特筆すべきは、やはり冒頭の回想シーンだろう。公開当時、この使い方が納得いくものかどうか、ヒッチコック自身も思い悩み、世間の評価も割れたそうだ。しかし70年の時を経て初鑑賞した私の目から見ても、思わず「あっ!」と声を上げてしまうほど鮮やかなトリックだった。主演のジェーン・ワイマンが『アメリ』のオドレイ・トトウのようで可愛らしい。この時すでにオスカー女優だったそうだが、その風格を微塵も感じさせないところがまたいい。

Stagefright04

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2020/03/05

アマデウス

今から35年前のオスカーに輝いた傑作『アマデウス』について書きました

『アマデウス』と聞くと、クラシック音楽好きな方以外はどうしても体が膠着してしまうかもしれません。でも、これを「才能に恵まれた者」と「そうでない者」との人間ドラマとして見つめると、我々にとっても身近な物語のように思えてきます。まあ、間違いなくモーツァルトとサリエリの(フィクションをはらんだ)物語なのですが、これをあえてミロス・フォアマン監督の作家性や彼のたどった人生を通じて見つめてみました。そこで何が見えてきたかについてまとめています。

オスカーに輝いた『カッコーの巣の上で』や『アマデウス』を始め、フォアマンの作品はとにかくそのパワフルな人間描写が魅力。コロンビア大学ではジェームズ・マンゴールドの指導教授だったことでも知られる彼ですが、パワフルな人物描写といった部分はマンゴールドにもしっかりと受け継がれているように思えます。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2020/03/04

ストラトフォード・アポン・エイヴォン

今週末公開(と言っても新型コロナウィルスの影響で上映館はごく限られてしまいますが)のイギリス映画『シェイクスピアの庭』は、我々がよく知る人気劇作家のお話でありながら、焦点が当てられるのは彼の全盛期というわけではなく、あまり知られていない時期。ロンドンのグローブ座焼失後、大きな失意を抱えて妻や娘の暮らすストファトフォード・アポン・エイヴォンへと戻った頃から晩年にかけてがメインとなります

過去にも数々の舞台や映画でシェイクスピア作品と真摯に、情熱的に向き合い続けてきたケネス・ブラナーが自ら監督と主演を兼任しており、人生を慌ただしくひた走ってきたシェイクスピアが生まれ故郷のこの町でフッと一息つくときに心の片隅をよぎっていく風景がとても美しく、丁寧に綴られています。ある理由から、彼は「庭づくり」に精を出し始めるのですが、この辺りの心象を投影させるかのような描き方にも興味深いものがあります。

続きを読む "ストラトフォード・アポン・エイヴォン"

|

2020/02/25

野性の呼び声

映画.comにて『野性の呼び声』のレビューを書かせていただきました。ジャック・ロンドンが著した原作小説はアメリカ本国で教科書に載るほど親しまれている作品なのだとか。過去にも何度も映画化、ドラマ化されてきましたが、原作のストーリーを最初から最後までをきちんと映像化するのは珍しいことなのだとか。

Callofwild

確かにこの物語は、穏やかな気候のカリフォルニアから極寒のユーコンへと舞台を様変わりさせ、犬をはじめとする動物たちがメインとなるシーンもてんこ盛り。さらには飼い主がバトンリレーのように変移を遂げていく。これらを全て成立させるのは大変な苦労を伴う仕事です。でも技術と演出力と演技力が3つ揃うことで、難所を見事に乗り越えることができた。ここが何よりも素晴らしい点だと思います。

ハリソン・フォードが人間の言葉を喋り、それに対して犬が咆哮で返すーーーこの言葉を超えた絶妙なやり取りに『スター・ウォーズ』のソロとチューイの姿が思い出されて嬉しくなりました。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2020/01/27

フェリーニの『甘い生活』

どうやら私が学生の頃、フェデリコ・フェリーニ作品は映画を愛する者にとって必須の教科書のように言われていたらしい。あえて「らしい」という表現を使ったのは、こと私自身に至っては、誰かにそう言われたわけでも、見ろと強制されたわけでもないからだ。私に映画の師匠はいなかったし、映画研究会に所属して映画の見方を習ったわけでもなかった。ただ、そうはいっても、新宿TSUTAYAで目にするフェリーニ作品は、セルでもレンタルでも圧倒的な存在感があり、私にとってそれは手を出したくても出せない高い壁のようにすら思えた。そこを登らないと次の景色が見えてこないのはわかっているのに・・・。私はその山を迂回して別の景色ばかりを目にして生きてきた。で、結局、いつかは忘れ物を取りに、元の場所まで戻ってくる羽目になるのだ。

La-dolce-vita

そんなわけでフェリーニの『8 1/2』に続いて『甘い生活』を見た。3時間に迫る映画だ。かつての新宿TSUTAYAでもレンタルVHSをよく見かけたが、パッケージの印象からして甘いラブストーリーなんだなと思っていた。もし私に師匠がいれば「ばかやろう、むしろ怪作の部類だよ」と教えてくれたはずだ。

線形のストーリー構成から華麗に逸脱したこの映画は、当時のタブロイド紙を賑わした様々なセンセーショナルなニュースが元になっている。それらをちりばめた7日間が、マルチェロ・マストロヤンニ演じる新聞記者の目を通してタペストリーのごとく綴られていく。

さすがフェリーニ。あっけにとられる描写が多い。特筆すべきは冒頭、ヘリに吊り下げられたキリスト像がローマ上空を滑空するシーン。そして中盤、聖母マリアを見たという少女たちをめぐって人々が大集結する場面。さらにはラスト、海辺に怪魚が打ち上げられるシーン。いずれも幻想性を丁寧かつ繊細に浮かび上がらせ、イマジネーションが炸裂する。

やがて各エピソードの総体から浮かび上がるのは、当時の社会性や時代性だろうか。説教じみたことは一つもない。むしろそうやって様々な日常や事件を投げかけられ、共にその場の空気を吸い、ローマの7日間を共有したかのような余韻がこみ上げる。そんな3時間。もっと若き日に出会いたかった・・・正直、そう思ったが、これはこれで、今しか成し得ない唯一無二の出会いだったようにも思える。早いも遅いもない。最後は巡り巡って、誰もがあるべき場所に立つ。人生とはそういうものだ。

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2020/01/17

カッコーの巣の上で

CINEMOREの原稿を手がけるようになって名作に触れる機会が増えました。これまであれこれ言い訳を作って逃げてきた名作たちがたくさんあるのですが、本当に面倒くさがり屋の自分が、最近ではヒッチコックを見て、スコセッシを見て、アメリカン・ニューシネマの数々、それから廃盤になってる作品も多いケン・ローチの映画もできるだけ執念深く探し回るようになったことに驚かされます。その効果は大きいと思ってます。鍵となる作品を一つ見ておくと新作映画を見ている際に「あっ!」と気づかされる点も多く、例えば最近の映画だと『ダウントン・アビー』のラストがヴィスコンティの『山猫』へのオマージュなのではないかという推測も瞬時に浮かんできました。

さて、その「食わず嫌い」だった作品の最たるものとして、心の中にはまり込んだ巨石のように『カッコーの巣の上で』という存在があったのですが、これをようやく鑑賞することができました。映画好きならば誰もが一度は聞いたことがある名作。勝手な想像で「暗くてつらい映画なのかな」と思っていたのですが、とてつもない躍動感に満ちた映画だったことに驚かされました。やっぱり映画を見る上で「先入観」などというものは邪魔になるだけですね。もっと思い切り飛び込まないと。CINEMOREにてこの作品について書かせてもらっていますので、お時間ある方は是非ご覧ください。

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/09/24

「ホームステイ ボクと僕の100日間」(2018)

あの傑作アニメの原作が海を越え、なんと今度はタイで実写映画化。文化や日常が丁寧に(タイ式に)翻案されて、とても見応えのある作品に仕上がっていました。そんな新作「ホームステイ ボクと僕の100日間」について映画.comでレビューしています。気になった方は是非お読みください!

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/09/19

洞窟の比喩

プラトンの著作「国家」に「洞窟の比喩」という箇所がある。

洞窟の中に手足を縛られた囚人がおり、視界すら制限された彼らは正面にある壁面しか目にすることができない。背後では火が焚かれ、壁面に様々な影を映し出す。囚われの人々はその幻影=虚像を見て「ああ、これが人なのか」とか「あの動物はこんな形をしているのか」などと、すっかり世界を理解したつもりになっている。もしもこんな状況下で、一人の人間を束縛から解き放ち、洞窟外の真実を体験させたなら、どうなるだろうか・・・。

ここで最終的に述べられるのは、教育の重要性や、教育を受けた者の使命なのだが、それにしてもこの「比喩」があまりに独創的ゆえ、僕のような人間は議論そっちのけで、ついつい状況の方に目がいってしまう。そして勘のいい方は既にお察しだろう。世の中にはこれに影響を受けた創作物が星の数ほど存在する。例えば、ジム・キャリー主演の『トゥルーマン・ショー』がそうだし、『マトリックス』もここに源流の一部がありそうだ。

ふと、公開中のとある映画にもこのエッセンスがかすかに香るのを見た。相変わらず映画館という洞窟に飲み込まれていく我々を、古代ギリシアの人々はなんと見るだろうか。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/08/25

スピルバーグ、もう一つの第一歩

偉大なキャリアにはその道を踏み出した第一歩がつきものだ。ちょうど先日、『アラビアのロレンス』に関する原稿の中で、スピルバーグが監督になろうと本気で決意したきっかけについて書いたばかりだが、それ以前にも彼が“動くイメージ”そのものに興味を持った瞬間があったそうだ。

名物番組「アクターズ・スタジオ・インタビュー」でその“きっかけ”として挙がったのは、チャールズ・ディケンズの名著「二都物語」。どうやら学校で読書感想文か何かの課題が出されたようなのだが、彼は当時、この本にちっとも興味が持てず、どうしていいものかと悩みながら時間を持て余すうちに、気がつくと「読む」のではなくページの隅っこに一生懸命パラパラ漫画を描いて遊んでいたそう。で、いま改めて振り返るとこれが1フレーム、1フレームを意識しながら“動くイメージ”を作り出した最初の一歩だった・・・というわけ。

誰もが敬意を捧げる威厳ある古典作品と、その片隅にひっそりと描かれた簡易なイラスト。キャリアの第一歩には現在に通じる何かしらの共通点が見つかる場合が多いが、この組み合わせにも、まさに今日の彼へと通じる「スピルバーグらしさ」がほとばしっているかのようだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

500文字コラム 50音順タイトル awards BOOKS memo NEWS TOP trailer WORDS 【Hero】 【my French Film Festival 2011】 【おいしい映画】 【お年寄りが元気!】 【アート×映画】 【クラシック音楽はお好き?】 【ドキュメンタリー万歳】 【メモ】英国王のスピーチ 【レビュー】 【劇場未公開作】 【劇薬!】 【地域:TOKYO発】 【地域:アジア】 【地域:中東発】 【地域:仏国発】 【地域:北欧発】 【地域:南米発】 【地域:英国発】 【学園という名の社会】 【宇宙で逢いましょう】 【家族でがんばる!】 【文芸】 【新感覚アクション】 【映画×スポーツ】 【映画×偉人】 【生きるためのファンタジー】 【監督:クリント・イーストウッド】 【監督:ジョー・ライト】 【監督:ミシェル・ゴンドリー】 【紛争】 【素晴らしき、黙示録の世界】 【脚本:ピーター・モーガン】 【音楽×映画】 アウシュヴィッツ訪問 イベント、取材 クエンティン・タランティーノ ジョゼフ・ゴードン=レヴィット スティーヴン・キング スティーヴン・スピルバーグ ヒッチコックを観る メディア執筆原稿 一言レビュー 今年のベスト 今年のベスト(2013) 今年のベスト(2006) 今年のベスト(2007) 今年のベスト(2008) 今年のベスト(2009) 今年のベスト(2010) 今年のベスト(2011) 今年のベスト(2012) 全米BOX OFFICE 再起復活ベン・アフレック 旅の記録 映画業界