2019/09/12

荒野の誓い(2017)

クリスチャン・ベールは、たった一本の映画の中で、天と地ほどかけ離れたところへ向けた人間性の変移を体現できる数少ない俳優だ。これが並の俳優だと、一個の体の中で整合性が取れずバラバラに引き裂かれてしまうだろうし、観客の目にも演技が成立しているようには到底見えないはず。だが驚くべき表現性に魅入られたベールにはそれができる。たった一つの身体で破格のスケールの人生を物語ることができるのだ。

Hostiles

公開中の映画『荒野の誓い』で彼が演じるのは、過去にネイティブ・アメリカンと壮絶な戦いを繰り広げた男。多くの死を目にし、あの戦いの意味を今なお問い続けている人物だ。お互いに許し合うこと、憎しみを乗り越えることでしか、我々は失った人間性を回復することはできない。この地で平和に暮らし、愛する人たちを守りたいと願うのであれば、それはなおさらのこと。そんな彼が就いた新たな任務の中で、彼はさらなる試練と葛藤の時を迎える・・・。

何よりも見て欲しいのはラストである。現代を代表する俳優クリスチャン・ベールの一つの到達点というべき佇まいがそこには刻まれていて、思わず意表を突かれて涙してしまった。世界中で新たな時代の争いが絶えない中で、本作は人と人とが許し合いつながり合うための気づきを与えてくれる。まずはそこから始めるべきなのだと、彼らの歴史が教えてくれている。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/08/22

アラビアのロレンス(1962)

毎日、相変わらずの暑さが続いてますが、こんな映画はいかがでしょう。

映画史に燦然と輝く傑作『アラビアのロレンス』について書きました。

Lawrence

『アラビアのロレンス』スピルバーグに監督になることを決意させた圧倒的な映像世界/CINEMORE

私が『アラビアのロレンス』と出会ったのはもう随分と大人になってから。学生時代も、社会人になってからも、200分越えという長大する壁を前にただただビビり続けて、この映画にかじりつくことを避けてきたように思います。

でもこじらせ続けてきたものって、いざ必要に迫られて取っ組み合うと意外と怖くないし、これまで意識し続けてきた分だけ逆にすっと相手の懐へ入れる。あらゆるものに通底する当たり前のことに気付かされたような気がしたものです。

こんなにも贅沢な200分の過ごし方。しかも部屋の窓を開けると、そこから砂漠さながらの熱風と灼熱の陽光が射しこんでくるわけです。もはや暑さは幸運。臨場感あふれる4DX体験。夏にこの映画を見ずしていつ見るというのか。

そんなわけでこれまでご覧になったことのない方はこの機会に是非。

そして今日一日、ラクダに乗って砂漠を横断するような気持ちで、頑張ってまいりましょう。

 

過去のCINEMORE執筆記事はこちらから。

映画.comの執筆記事はこちらから。

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/08/03

スパイ・ゲーム(2001)

トニー・スコット監督が2001年に手がけたサスペンス・アクション『スパイ・ゲーム』について書きました。

Spy_game

ヘリ撮影シーンから垣間見えるトニー・スコットの意匠/CINEMORE

CINEMOREでは先々週にロバート・レッドフォードの俳優引退作『さらば愛しきアウトロー』について取り上げ、先週はブラッド・ピット主演の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』について書き、その流れで私の中で二人に関する興味関心が高まっていたこともあり、あまたあるトニー・スコット作品の中から本作をチョイスさせて頂くことに。他の作品について読みたかったと思われる方もいらっしゃるかもしれません。またの機会がありましたら書いてみたいと思います。

その他、CINEMORE執筆記事はこちらから。

映画.comの執筆記事はこちらから。

 

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/01/03

ボーダーライン ソルジャーズ・デイ

もともと記憶力はあまり良い方ではないが、40代を超えるといよいよ人名が覚えられなくなってきた。日々、多くの作品名や俳優・監督名に触れねばならない身としては致命的だ。だが、2018年に「これはぜったいに忘れるまい」と心にきめた人名が二つあった。ひとつは『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』のメガホンを取ったステファノ・ソッリマ監督だ。

大ヒット映画の続編でよく見られるのが、前作監督の続投がままならず、まったく別の監督(それも明らかに格下の選考)が続編を担うことで、ビジョンや精神性が損なわれてしまうパターン。こうやって観客が求めていた目的地とやや異なる場所へといざなわれてしまう経験を、我々はどれだけしてきただろう。

Soldado

今回の『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』もてっきりそちらのパターンかと思って、はなからガッカリに対応するだけの精神的な余裕を持って試写に臨もうとする自分がいた。しかしどうだ。そのクオリティは予想をはるかに超えるもので、個人的には前作よりも激しい感動と衝撃とでガツンとやられた。手がけたソッリマ監督の力量は本当にすごい。鬼気迫るものを感じずにいられなかった。そんな本作について2本の記事を執筆しています。

・『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』エミリー・ブラントを続投させなかった理由とは?

・ヴィルヌーブに匹敵する逸材現る。イタリア人監督が魅せた圧巻の映像世界

イタリアで作られたソッリマ監督の過去作2作を鑑賞したが、これらもやっぱり濃密で、甘さが一切ない。これからこの監督がイタリアで、そしてハリウッドで、どのような新風を吹かせてくれるのか本当に楽しみだ。前作のヴィルヌーブ監督のように世界の映画界を牽引するようなビッグな存在になってほしい。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2018/08/29

トゥモロー・ワールド

『ブレード・ランナー』が描いた未来世界2019年を間近に控え、何かと「未来」や「技術」というものを問い直す機会が多くなってきた昨今。もちろん映画史には『ブレード・ランナー』という揺るぎない金字塔が存在する一方、個人的にはさらに高くそびえる山として、いつもこの傑作映画『トゥモロー・ワールド』の事を思い出さずに入られません。これほど胸に突き刺さって抜けない未来映画は他にないでしょう。そんな「知る人ぞ知る」この一作について、二本の記事を書かせていただきました。

0115

・時を重ね存在意義を増す『トゥモロー・ワールド』式リアルな未来

・圧倒的な”状況”を描き尽くした長回しの裏側

ちなみに本作の舞台となるのは2027年のロンドン。2006年の公開から数えるとすでに折り返し地点を越えましたが、いまだにこんな未来が本当に訪れるのではないかと怖くなります。微塵も古びることのないリアルなビジョンもまた秀逸です。是非、映画本編をもう一度見直しながらご覧頂ければ幸いです。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2018/05/06

ホース・ソルジャー

思えば最近、ジェリー・ブラッカイマー製作の映画にお目にかかる機会がめっきりと減った。90年代から00年代にかけて、特に『ザ・ロック』や『アルマゲドン』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの頃は、あの道脇の木に落雷するプロダクションマークが映画の高揚感を否応なく高める序曲の一部だった気がする。同じような勢いが再来することはないにしろ、久方ぶりに「そうそう、このノリ!」と笑みがこぼれそうになったのが『ホース・ソルジャー』だ。今回は想像力を駆使した荒唐無稽な戦場アクションというわけではない。きちんと史実に基づく、それも9.11以降のアフガン戦線において長らく軍事機密として伏せられてきた内容の映画化だという。

12_strong

原題を『12 Strong』と銘打っている割には、12人のキャラクターを満遍なく印象付けるには尺も描写も足りない。が、少なくともクリス・ヘムズワースとマイケル・シャノン、それにマイケル・ペーニャあたりの個性は彼らの演技力も相まって実に際立っている。絶妙な呼吸や些細なやり取りで怒りや戸惑いやおかしみを分かち合うヘムズワースとシャノンの関係性は本作のまさに大黒柱となる部分だ。それに上官役としてブラッカイマー映画の常連であるウィリアム・フィクトナーが顔を出しているのも嬉しいところ。気になって調べると、フィクトナーもすでに還暦を超え、ブラッカイマーに至ってはもう74歳だという。そりゃ、製作本数が減少するわけだ。

続きを読む "ホース・ソルジャー"

|

2018/05/01

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー

映画.comにて『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のレビューを執筆しました。ご興味おありの方は是非ご覧ください。

本作は北米のオープニング週末興収にて2億5570万ドルという桁違いの数字を叩き出し、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を上回る歴代最高記録を樹立しています。これから興収がどれくらいまで伸びていくのか見当もつきませんが、きっとこれまた北米興収のトップに君臨する『フォースの覚醒』(9億3660万ドル)を脅かすほどの猛追を見せてくれることでしょう。

*ちなみに時間軸からすると本作の直前に位置する『マイティ・ソー バトルロイヤル』のレビューも執筆しておりますので、参考までにご覧いただければ幸いです。

さてさて、上記のレビューは基本的にネタバレなしで書いていますが、でも実際問題として今回の『』アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』は、見た後にどうしても今後の展開を予測してあれこれ語りたくなる映画でもあります。以下、結末にモロに触れていますので、本編をご覧になった方のみ、個々の責任のうえでお読みください。


*******************

*******************

続きを読む "アベンジャーズ インフィニティ・ウォー"

|

2018/03/26

ウィンストン・チャーチル

いよいよ今週末より公開となる『ウィンストン・チャーチル』。今年のアカデミー賞にも様々な部門でノミネートされ、主演男優賞(ゲイリー・オールドマン)とメーキャップ賞を受賞しました。

個人的には作品賞にノミネートされた中でこの映画が最もお気に入り(結果的に『シェイプ・オブ・ウォーター』に敗れましたが)。そんな本作への愛情を周囲に語っていたところ、だったらその思いを映画.comの特集ページで書いてくれと依頼され、下の方でチラッと寄稿させていただいております。ぜひご覧ください。

4106_d013_00374_crop1506105595_wide

『ウィンストン・チャーチル』というタイトルも単調直入で分かりやすいですが、個人的には原題の"Darkest Hour"が本作の「暗闇」と「光」の関係性を絶妙に表していて素晴らしいと思います。当時のイギリス、そしてチャーチル自身の心境をも投影しているかのよう。監督は『つぐない』や『プライドと偏見』のジョー・ライト。チャーチルをよく知る方も、あんまりよく知らない方も、この映画のチャーチルが放つ人間的な迫力に触れてみてください。きっと体の中を電流が貫くような映画体験が得られるはずです。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2017/07/05

リヴォルト

アフリカの大地に謎のロボット軍団が襲来!そんな突拍子もないプロットを「宇宙戦争」の文脈で描き切る異色作『リヴォルト』について書いています。ご覧いただければ幸いです。

世界のどの国にも先駆けて、この日本で初のお披露目だそうです。ロボットの放つ光線をビビビと浴びると人の身体が塵のように消えます。一体全体、どうやって倒せばいいんだ!しかもバッファローの群れのように盛りだくさん!恐怖です!

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2017/05/14

クォーリーと呼ばれた男

5月15日よりスター・チャンネルにて独占日本放送が始まる海外ドラマ「クォーリーと呼ばれた男」についてレビューしています。

Quarryseason2

1972年のミシシッピを舞台にしたこのドラマ(全8話)。かなりガツンとくる内容で、アクションもドラマもサスペンスも超ドライ。ベトナム帰りの元兵士が謎の男に誘われて「殺し」の世界に足を踏み入れるのですが・・・・・・全編にわたり不気味な緊張感が漂い、中盤から後半にかけて極度に振り切れたみたいにハードなアクションが挟み込まれるので、もう全くもって気が抜けない。それでいて撮り方がとても巧みでちょっとしたシーンでもアングルやカメラワーク、長回しに、作り手の本気度を突きつけられっぱなしの作品でした。

決して派手ではなくセリフや状況説明も少なめなのですが、点ではなく線としてずーーっと惹きつけられ見入ってしまう。そんな硬派な作り。これまでにあまりない、極めて特殊なスイッチを押されるドラマです。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

その他のカテゴリー

500文字コラム 50音順タイトル awards BOOKS memo NEWS TOP trailer WORDS 【Hero】 【my French Film Festival 2011】 【おいしい映画】 【お年寄りが元気!】 【アート×映画】 【クラシック音楽はお好き?】 【ドキュメンタリー万歳】 【メモ】英国王のスピーチ 【レビュー】 【劇場未公開作】 【劇薬!】 【地域:TOKYO発】 【地域:アジア】 【地域:中東発】 【地域:仏国発】 【地域:北欧発】 【地域:南米発】 【地域:英国発】 【学園という名の社会】 【宇宙で逢いましょう】 【家族でがんばる!】 【文芸】 【新感覚アクション】 【映画×スポーツ】 【映画×偉人】 【生きるためのファンタジー】 【監督:クリント・イーストウッド】 【監督:ジョー・ライト】 【監督:ミシェル・ゴンドリー】 【紛争】 【素晴らしき、黙示録の世界】 【脚本:ピーター・モーガン】 【音楽×映画】 アウシュヴィッツ訪問 イベント、取材 クエンティン・タランティーノ ジョゼフ・ゴードン=レヴィット スティーヴン・キング スティーヴン・スピルバーグ ヒッチコックを観る メディア執筆原稿 一言レビュー 今年のベスト 今年のベスト(2013) 今年のベスト(2006) 今年のベスト(2007) 今年のベスト(2008) 今年のベスト(2009) 今年のベスト(2010) 今年のベスト(2011) 今年のベスト(2012) 全米BOX OFFICE 再起復活ベン・アフレック 旅の記録 映画業界