2020/03/18

ヒッチコック「間諜最後の日」(36)

真夜中に少しずつ見進めていくヒッチコック作品の数々。本日は1936年の『間諜最後の日』を楽しんだ。原題は"The Secret Agent"。 この前作にあたる傑作『三十九夜』(こちらについては過去に記事にしたこともあり)はジョン・バカンによる原作モノで、対する本作はサマセット・モームが原作。いずれの作者も諜報員だったり情報部に属する軍人だったりと、きな臭さでむせかえる世界情勢を読み解き、エンタテインメントに落とし込む才に長けていた人たちだ。

Secretagent

ただ『三十九夜』が英国内を確固たる動線をたどって駆け巡る躍動感に満ちているのに比べると、『間諜最後の日』は第一次対戦中の緊迫したヨーロッパが舞台でありながら、何が目的なのか漠然としていて、登場人物たちの目的遂行への意志も弱い。緊迫感や娯楽性の上では前作とはかなり格差が生じているのは否めない。ヒッチコック自身も書籍「映画術」(晶文社)のトリュフォーとの対話の中で、

「アイデアは決して不足してなかったんだが、映画は失敗作だったな。というのも、この種のアクション映画では主人公がはっきりとした目的を持っていて、その目的に向かって邁進しなければならない。それが映画そのもののアクションの展開の生命力になると同時に、観客が主人公に同化して完全に映画に参加するための助けになるわけだ。(中略)ところが本作の主人公には、目的があるとはいえ、それはむしろ、嫌々ながら果たさなければならない義務であって、できればそんな仕事を投げ出してしまいたいと思っている」(P.93)

と語っている。ただ、どうだろう。暗雲立ち込める第二次大戦直前の時代にこのような映画を製作するにあたって、主人公の男女が「人殺しなんてまっぴらごめんだ。この仕事を辞めて、一緒に逃げよう」と言い出したり、また敵のエージェントが残忍極まる悪役ではないところなど、決してステレオタイプに陥らない、陥らせないヒッチコックのこだわりが感じられる。彼は人間の心や信念の揺れを描くのが本当にうまい。ふとした瞬間、我々もまた、これが古典映画であることを忘れ「生身の人物」と接したかのような感情にさらされるのだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2020/03/10

ヒッチコック「救命艇」

相変わらず真夜中にヒッチコック映画を見続けている。今夜は'44年の作品『救命艇』。冒頭、客船がもくもくと煙を吐きながら海上へと崩れ落ちていく。どうやらUボートの攻撃にやられたらしい。その惨憺たる状況から逃れた一隻の救命艇。この4畳半ほどの空間が本作の舞台で、ここからの視点だけで物語が完結する。つまり究極の限定空間モノにして極限の密室劇。ヒッチコックは他にも『ロープ』『ダイヤルMを廻せ!』『裏窓』など限定空間を舞台にした作品をいくつも作り上げているが、これはその頂点たるものだ。一人、また一人と、救いを求めこの海上の舞台に乗り込んでくる登場人物たち。性別はもちろん、人種や職業や階級も違う。それに撃沈されたUボート側の乗組員まで加わることで、複雑な疑心暗鬼が生まれ、濃密な心理ドラマが展開していく。ゆらゆらと揺れる艇内でびしょ濡れ状態のキャストたちの姿からは、いくらスタジオ撮影とはいえその過酷さがうかがえる。大戦中に製作された映画ながら決して固定観念に縛られず、自分たちが人間としてどうあるべきかを描き出そうとするあたりにメッセージ性も見出せる。アカデミー賞では監督賞、原作賞、撮影賞にノミネート。ヒッチコックは新聞広告のイラストにてカメオ出演。

Lifeboat

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2020/02/14

1917 命をかけた伝令

サム・メンデスが長回し撮影を駆使して第一次大戦の混沌たる戦場を描いた『1917』が公開を迎える。

個人的に、戦争映画というと『プライベート・ライアン』の冒頭場面が思い出されてやや臆病になってしまう私なのだが、今作は戦争の非情さは表現されても残虐描写が強調されることはなく、レーティングも「G」。むしろ、舞台演出家でもあるメンデスらしい独特の空間設計、時間設計が印象を刻む重厚作に仕上がっている。とりわけ、兵士が塹壕から戦場へ飛び出し周囲を見渡す時の、あらゆる生命が根こそぎ奪われた後の「からっぽ」感には言葉にならないほどの思いが迸った。これらは先人たちが築いた戦争映画で感じたことのないものだ。

そこに執念とでも呼びたくなるような「長回し撮影」が加わる。もちろん、長回しは目の前で何が起こるかわからない極限の緊張感と臨場感をもたらすもの。本作におけるこの手法をもう一歩進めて解釈すると「カメラが回り続けていること=兵士が生きていること」とも捉えうる。一つのミスもゆるされない途切れなき映像が、髪の毛一本分の境目で隔てられた生死とも重なり合い、そこに並々ならぬ状況と意味が生まれているのである。

こうして我々はまるで伝令を受けた兵士の一回生(一度きりの命)を体験するかのように一緒にほぼリアルタイムの旅を続け、いつの間にか、彼が戦場で感じたこと、触れた思いさえも同じ目線で共有するようになっている。まさに運命共同体である。

この映画に感銘を受けるのはそれだけではない。長回しでとらえる映像を決して単調なものには終わらせず、最初にひたすら塹壕を歩き回るあたりが序曲ならば、そこから飛び出して展開部を迎え、息をのむほどの迫真の戦場アクションや驚きに満ちた試練を乗り越え、その全てを集約するかのような壮大なフィナーレへとなだれ込んでいく。そんな徹頭徹尾、音楽的とも称したくなるほどのうねりの構造がしっかりと練られているのだ。

この光景が実際に広がっていた時代から100年が過ぎ、第一次大戦もすっかり過去の昔話として扱われがちだ。が、モノクロの記録映像に音声と色を施したドキュメンタリー映画『彼らは生きていた』と同様、これは当時の状況や兵士たちの感覚をヴィヴィッドに蘇らせることで歴史や記憶をつなごうとする、一つの試みでもあると思う。先日のアカデミー賞では有力作と言われながら惜しくも作品賞を逃したが、作り手たちの思いを結集させ、表現技術の限界にまで迫った傑作であることに微塵も変わりはない。

 

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2020/01/29

『彼らは生きていた』がもたらす、かつてない映像体験

かつて映画界に一大旋風を巻き起こした『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ。この映像革命とも言える本作を手がけたピーター・ジャクソン監督がいかなる作品を仕掛けるのかは、新作発表のたびに世界中のファンが固唾をのんで見守ってきた関心事と言える。そんな彼が2019年に解き放った最新作はまさかの戦争ドキュメンタリー。今からほぼ100年前の第一次大戦、その戦場の最前線に焦点を当てた作品だ。そしてさすが、ピーター・ジャクソンというべきか、彼が本作で見せた執念のほどは凄まじいものだった。まずはBBCに保管されていた膨大なる映像資料を紐解く。もちろん音も色も付いていないものだ。この「モノクロ」と「サイレント」というあり方は、私たちの日常の中でも記号的に機能し、そこに映し出されたものを自ずと「歴史」として捉えるメカニズムが出来上がっているように思える。

だが、これを逆手に取ったかのようなピーター・ジャクソンの企てが始まる。彼は記録映像に「色」と「音」をつけ、これまで私たちが「歴史」として分類していた思考上の壁を取り払ってみせるのだ。

モノクロ映像で始まった本作は、冒頭を抜けたある地点から、ふとカラー映像に変わる。その刹那、自分の胸の中で沸き起こったかつてない「揺らぎ」の感覚は長らく忘れることがないだろう。戦場へと向かう兵士一人一人の表情が克明に伝わってきて、それは自ずと、彼らの感情そのものと対峙することにもつながっていく。歴史と対面するのではない。私たちは日常中でふとすれ違った若者の顔を直視するみたいに、驚くほどすぐそばにある存在に触れるのだ。彼らが映し出されるのは一瞬でしかないものの、その一瞬からリアルな「生」が飛び込んでくる。

新たな事実が解き明かされるわけでも、衝撃的な場面(戦場のシーンでは多くの死体が映し出されるものの)が描写されるわけでもないのだけれど、音と色を伴って歴史的映像に触れたこと、もっと言うと100年前の兵士たちの素顔に出会えたことは、自分の目で同時代的にそれらを目撃したかのように驚くべき体験だった。記録を記憶として受け継ぐこと。従来とは全く別の感覚を発動させながら歴史を感じ、触れること。『彼らは生きていた』はそういった映画の可能性を指し示してくれる極めて興味深い作品である。

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

 

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/12/01

「博士の異常な愛情」

スタンリー・キューブリック監督が1964年に公開したブラックコメディの傑作『博士の異常な愛情』。1999年に亡くなった巨匠はこの映画に一体どのような思いを詰め込んだのか、そしてケネディ暗殺事件がこの映画に与えた影響とは。詳しくはCINEMOREに書いた記事をご覧いただければと思います。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/09/12

荒野の誓い(2017)

クリスチャン・ベールは、たった一本の映画の中で、天と地ほどかけ離れたところへ向けた人間性の変移を体現できる数少ない俳優だ。これが並の俳優だと、一個の体の中で整合性が取れずバラバラに引き裂かれてしまうだろうし、観客の目にも演技が成立しているようには到底見えないはず。だが驚くべき表現性に魅入られたベールにはそれができる。たった一つの身体で破格のスケールの人生を物語ることができるのだ。

Hostiles

公開中の映画『荒野の誓い』で彼が演じるのは、過去にネイティブ・アメリカンと壮絶な戦いを繰り広げた男。多くの死を目にし、あの戦いの意味を今なお問い続けている人物だ。お互いに許し合うこと、憎しみを乗り越えることでしか、我々は失った人間性を回復することはできない。この地で平和に暮らし、愛する人たちを守りたいと願うのであれば、それはなおさらのこと。そんな彼が就いた新たな任務の中で、彼はさらなる試練と葛藤の時を迎える・・・。

何よりも見て欲しいのはラストである。現代を代表する俳優クリスチャン・ベールの一つの到達点というべき佇まいがそこには刻まれていて、思わず意表を突かれて涙してしまった。世界中で新たな時代の争いが絶えない中で、本作は人と人とが許し合いつながり合うための気づきを与えてくれる。まずはそこから始めるべきなのだと、彼らの歴史が教えてくれている。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/08/22

アラビアのロレンス(1962)

毎日、相変わらずの暑さが続いてますが、こんな映画はいかがでしょう。

映画史に燦然と輝く傑作『アラビアのロレンス』について書きました。

Lawrence

『アラビアのロレンス』スピルバーグに監督になることを決意させた圧倒的な映像世界/CINEMORE

私が『アラビアのロレンス』と出会ったのはもう随分と大人になってから。学生時代も、社会人になってからも、200分越えという長大する壁を前にただただビビり続けて、この映画にかじりつくことを避けてきたように思います。

でもこじらせ続けてきたものって、いざ必要に迫られて取っ組み合うと意外と怖くないし、これまで意識し続けてきた分だけ逆にすっと相手の懐へ入れる。あらゆるものに通底する当たり前のことに気付かされたような気がしたものです。

こんなにも贅沢な200分の過ごし方。しかも部屋の窓を開けると、そこから砂漠さながらの熱風と灼熱の陽光が射しこんでくるわけです。もはや暑さは幸運。臨場感あふれる4DX体験。夏にこの映画を見ずしていつ見るというのか。

そんなわけでこれまでご覧になったことのない方はこの機会に是非。

そして今日一日、ラクダに乗って砂漠を横断するような気持ちで、頑張ってまいりましょう。

 

過去のCINEMORE執筆記事はこちらから。

映画.comの執筆記事はこちらから。

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/08/03

スパイ・ゲーム(2001)

トニー・スコット監督が2001年に手がけたサスペンス・アクション『スパイ・ゲーム』について書きました。

Spy_game

ヘリ撮影シーンから垣間見えるトニー・スコットの意匠/CINEMORE

CINEMOREでは先々週にロバート・レッドフォードの俳優引退作『さらば愛しきアウトロー』について取り上げ、先週はブラッド・ピット主演の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』について書き、その流れで私の中で二人に関する興味関心が高まっていたこともあり、あまたあるトニー・スコット作品の中から本作をチョイスさせて頂くことに。他の作品について読みたかったと思われる方もいらっしゃるかもしれません。またの機会がありましたら書いてみたいと思います。

その他、CINEMORE執筆記事はこちらから。

映画.comの執筆記事はこちらから。

 

 

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/01/03

ボーダーライン ソルジャーズ・デイ

もともと記憶力はあまり良い方ではないが、40代を超えるといよいよ人名が覚えられなくなってきた。日々、多くの作品名や俳優・監督名に触れねばならない身としては致命的だ。だが、2018年に「これはぜったいに忘れるまい」と心にきめた人名が二つあった。ひとつは『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』のメガホンを取ったステファノ・ソッリマ監督だ。

大ヒット映画の続編でよく見られるのが、前作監督の続投がままならず、まったく別の監督(それも明らかに格下の選考)が続編を担うことで、ビジョンや精神性が損なわれてしまうパターン。こうやって観客が求めていた目的地とやや異なる場所へといざなわれてしまう経験を、我々はどれだけしてきただろう。

Soldado

今回の『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』もてっきりそちらのパターンかと思って、はなからガッカリに対応するだけの精神的な余裕を持って試写に臨もうとする自分がいた。しかしどうだ。そのクオリティは予想をはるかに超えるもので、個人的には前作よりも激しい感動と衝撃とでガツンとやられた。手がけたソッリマ監督の力量は本当にすごい。鬼気迫るものを感じずにいられなかった。そんな本作について2本の記事を執筆しています。

・『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』エミリー・ブラントを続投させなかった理由とは?

・ヴィルヌーブに匹敵する逸材現る。イタリア人監督が魅せた圧巻の映像世界

イタリアで作られたソッリマ監督の過去作2作を鑑賞したが、これらもやっぱり濃密で、甘さが一切ない。これからこの監督がイタリアで、そしてハリウッドで、どのような新風を吹かせてくれるのか本当に楽しみだ。前作のヴィルヌーブ監督のように世界の映画界を牽引するようなビッグな存在になってほしい。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2018/08/29

トゥモロー・ワールド

『ブレード・ランナー』が描いた未来世界2019年を間近に控え、何かと「未来」や「技術」というものを問い直す機会が多くなってきた昨今。もちろん映画史には『ブレード・ランナー』という揺るぎない金字塔が存在する一方、個人的にはさらに高くそびえる山として、いつもこの傑作映画『トゥモロー・ワールド』の事を思い出さずに入られません。これほど胸に突き刺さって抜けない未来映画は他にないでしょう。そんな「知る人ぞ知る」この一作について、二本の記事を書かせていただきました。

0115

・時を重ね存在意義を増す『トゥモロー・ワールド』式リアルな未来

・圧倒的な”状況”を描き尽くした長回しの裏側

ちなみに本作の舞台となるのは2027年のロンドン。2006年の公開から数えるとすでに折り返し地点を越えましたが、いまだにこんな未来が本当に訪れるのではないかと怖くなります。微塵も古びることのないリアルなビジョンもまた秀逸です。是非、映画本編をもう一度見直しながらご覧頂ければ幸いです。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

その他のカテゴリー

500文字コラム 50音順タイトル awards BOOKS memo NEWS TOP trailer WORDS 【Hero】 【my French Film Festival 2011】 【おいしい映画】 【お年寄りが元気!】 【アート×映画】 【クラシック音楽はお好き?】 【ドキュメンタリー万歳】 【メモ】英国王のスピーチ 【レビュー】 【劇場未公開作】 【劇薬!】 【地域:TOKYO発】 【地域:アジア】 【地域:中東発】 【地域:仏国発】 【地域:北欧発】 【地域:南米発】 【地域:英国発】 【学園という名の社会】 【宇宙で逢いましょう】 【家族でがんばる!】 【文芸】 【新感覚アクション】 【映画×スポーツ】 【映画×偉人】 【生きるためのファンタジー】 【監督:クリント・イーストウッド】 【監督:ジョー・ライト】 【監督:ミシェル・ゴンドリー】 【紛争】 【素晴らしき、黙示録の世界】 【脚本:ピーター・モーガン】 【音楽×映画】 アウシュヴィッツ訪問 イベント、取材 クエンティン・タランティーノ ジョゼフ・ゴードン=レヴィット スティーヴン・キング スティーヴン・スピルバーグ ヒッチコックを観る メディア執筆原稿 一言レビュー 今年のベスト 今年のベスト(2013) 今年のベスト(2006) 今年のベスト(2007) 今年のベスト(2008) 今年のベスト(2009) 今年のベスト(2010) 今年のベスト(2011) 今年のベスト(2012) 全米BOX OFFICE 再起復活ベン・アフレック 旅の記録 映画業界