2019/07/14

炎のランナー(1981)

ふと気になって数えてみたら、CINEMOREに書かせていただいた記事本数がこれでちょうど100本に達していました。

最初から「100本目指して頑張ろう」とか決め打ちしていたら多分途中で投げ出していたと思う。この媒体では新作のみならず、過去の名作について取り上げることも多く、これまで映画ライターとして「実はこの名作、観てないんですよ」とは口が裂けても言えなかった作品を一つずつ攻略していく日々でもあったように思います。本当に随分と勉強させてもらいました。

で、今回取り上げたのは『炎のランナー』。何もおのれの100本達成にふさわしい作品を選んだわけではなく(汗)、NHK大河ドラマ「いだてん」で7月7日に放送された回にいたく感銘を受けたからです。それで真っ先に思い出されたのが、1981年製作のこの映画でした。

Chariotsoffire

『炎のランナー』これぞスポーツ映画の傑作! ”走ること”に全てをかけた生き様/CINEMORE

2020年の東京オリンピックを迎えるまでに、ぜひ多くの人にご覧いただきたい作品です。イギリスでは2012年のロンドン・オリンピックに合わせて、この作品がデジタル・リマスタリングされて全国リバイバル公開されたり、また当然ながら街の至るところでこの映画のメインテーマが流れ、そして記憶に残っている方も多いでしょうが、オリンピック開会式ではMR.ビーンことローワン・アトキンソンが登場するくだりで世界中を大いに笑わせてくれました。そんなことにも思いを馳せつつ、お読みいただければと思います。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/01/10

喜望峰の風に乗せて

『喜望峰の風に乗せて』(原題The Mercy)は、『博士と彼女のセオリー』のジェームズ・マーシュ監督が、オスカー俳優コリン・ファースとレイチェル・ワイズと組んで送るヒューマンドラマだ。60年代の終わりにイギリスで実際に起こった出来事がベースとなっている。

The_mercy_3

続きを読む "喜望峰の風に乗せて"

|

2018/07/27

バトル・オブ・ザ・セクシーズ

CINEMOREにて映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』について二本の記事を書かせてもらいました。

Unnamed

・英国随一の脚本家&稀代の夫婦監督によるドリームチームがもたらしたもの『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』

・米大統領選に翻弄されながらも、作り手たちが貫いた想い『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』

本作は1973年にアメリカで開催された女子テニス・チャンピオンと元男子テニスチャンピオンによる奇想天外な”性別を超えた試合”(バトル・オブ・ザ・セクシーズ)の経緯を克明に記した映画です。製作はダニー・ボイル、脚本は『フル・モンティ』などで知られるサイモン・ボーフォイ、監督は『リトル・ミス・サンシャイン』の夫婦コンビという、まさにドリームチームのごとき組み合わせ。70年代にこんなことが起こったんだ!と驚きつつも、いまだに変わらぬ世の中の空気についても深く考えさせられる一作です。本編と併せて御覧頂ければ幸いです。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2012/08/08

【予告編】イーストウッド主演作Trouble With The Curve

『J.エドガー』に続く監督作として"A Star Is Born(スター誕生)"に取り掛かるはずだったイーストウッドは主演女優ビヨンセのご懐妊を受けてスケジュールの大幅な見直しを迫られた。だがそれは一度は『グラントリノ』で俳優引退を宣言したイーストウッドが再びカメラの前に復帰する思いがけないきっかけに―。イーストウッド監督作を長らくサポートしてきたプロデューサー、ロバート・ロレンツの初監督作となる"Trouble With The Curve"は、そういった映画製作のトラブルを好機に変えて前進してきた力強い雑草のような作品と言えるのかもしれない。

今回は主演に徹するイーストウッドの役どころはマイナーリーグの老スカウトマン。その人生最後となるかもしれない新人発掘の旅路に今回はエイミー・アダムス演じる娘が同伴することに。どちらも互角に負けん気の強そうなふたりだが、はてさて一体どんな道中が繰り広げられることやら。共演にはジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン。そしてイーストウッドの息子スコットも出演している。米公開は9月28日。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2012/06/01

【NEWS】スタローンとデ・ニーロがリングで対決?

『ロッキー』と『レイジング・ブル』。かつて一世を風靡したボクシング映画でそれぞれ身体を張った演技を見せたスタローンとデ・ニーロが、二人してリング対決に挑む可能性が浮上している。

Dreammatch
映画情報サイトThe Wrapによると、ふたりは『ゲット・スマート』のピーター・シーガル監督の新作コメディ"Grudge Match"の出演交渉に入っている模様。本作は引退した二人のボクサーが互いに積年の恨みをぶつけ合うためにもう一度リングに上がるといった物語らしい。

今のところ三者ともにコメントを避けている状態だと言うが、関係者によるとこの先順調にことが運べば来年の初頭にでも撮影入りできる構えだとか。スタローンは元より、かの有名なデ・ニーロアプローチが再び垣間見れることを期待したいものだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2012/05/18

【NEWS】ポール・グリーングラスがドキュメンタリー製作を予定

Greengrassポール・グリーングラスといえば、そのキャリアをジャーナリストとしてスタートさせた人物として知られている。彼が実際に目にしてきたリアルな現場の空気は、世界的に注目された『ブラディ・サンデー』のドキュメンタリー・タッチや、"ジェイソン・ボーン"シリーズの手持ちカメラを駆使した緊迫感あふれるアクション映像として生かされてきた。そんな彼が新たに初ドキュメンタリーを手がける企画が浮上しているという。

LAタイムズによると、そのタイトルは"Barca"。取材対象となるのは創立113年を数える伝説的サッカー・クラブ、FCバルセロナだ。昨年はスーペルコパ・デ・エスパーニャ制覇、FIFAクラブワールドカップやUEFAスーパーカップで優勝を果たすなど波に乗るこのチーム。グリーングラス監督らは2012年から13年という長い期間をかけて、ピッチ上での勝敗の行方のみならず、選手の素顔、チーム運営、そして首脳陣のビジネス戦略などにもカメラを向けていく。

Barca バルサと交流が深く『インビクタス』の原作ノンフィクション作家としても知られるジョン・カーリンがエグゼクティブ・プロデューサーとして参加。またドキュメンタリー『アイルトン・セナ~音速の彼方へ~』で高い評価を受けたクリス・キングが編集を手がけ、世界のサッカー人気が頂点に達するワールドカップ(2014年)開始時期にあわせて作品として形にしていく予定だ。

なお、ポール・グリーングラス監督はもう間もなく、『グリーンゾーン』以来となる新作"Captain Phillips"の撮影に入る。こちらはソマリア海賊の急襲を受けた米貨物船のリチャード・フィリップス船長が、乗組員の安全と引き換えに自らが人質となる物語。2009年に実際に起こった事件をベースとしている。主演はトム・ハンクス。2013年3月に米公開予定。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

その他のカテゴリー

500文字コラム 50音順タイトル awards BOOKS memo NEWS TOP trailer WORDS 【Hero】 【my French Film Festival 2011】 【おいしい映画】 【お年寄りが元気!】 【アート×映画】 【クラシック音楽はお好き?】 【ドキュメンタリー万歳】 【メモ】英国王のスピーチ 【レビュー】 【劇場未公開作】 【劇薬!】 【地域:TOKYO発】 【地域:アジア】 【地域:中東発】 【地域:仏国発】 【地域:北欧発】 【地域:南米発】 【地域:英国発】 【学園という名の社会】 【宇宙で逢いましょう】 【家族でがんばる!】 【文芸】 【新感覚アクション】 【映画×スポーツ】 【映画×偉人】 【生きるためのファンタジー】 【監督:クリント・イーストウッド】 【監督:ジョー・ライト】 【監督:ミシェル・ゴンドリー】 【紛争】 【素晴らしき、黙示録の世界】 【脚本:ピーター・モーガン】 【音楽×映画】 アウシュヴィッツ訪問 イベント、取材 クエンティン・タランティーノ ジョゼフ・ゴードン=レヴィット スティーヴン・キング スティーヴン・スピルバーグ ヒッチコックを観る メディア執筆原稿 一言レビュー 今年のベスト 今年のベスト(2013) 今年のベスト(2006) 今年のベスト(2007) 今年のベスト(2008) 今年のベスト(2009) 今年のベスト(2010) 今年のベスト(2011) 今年のベスト(2012) 全米BOX OFFICE 再起復活ベン・アフレック 旅の記録 映画業界