2019/11/11

『12モンキーズ』と『めまい』

ヒッチコックの『めまい』は、決して紋切り型の言葉で片付けることのできない映画だ。ある意味、掴みどころのない作品とも言えるのかもしれないが、その実、鑑賞中に受けとめたイメージの連続は知らず知らずのうちに深層心理に蓄積され、5年後、10年後、自分が思ってもみなかったタイミングで「ああ、そういうことなのか」と納得がいったりもする。ある程度の齢を重ねた人がしみじみと衝撃を受けるタイプの作品であるのは間違いない。

以前、『12モンキーズ』について調べていた時、テリー・ギリアム監督の「全然意識していなかった場面で、気がつくと『めまい』と同じ撮り方をしていた」という発言を目にしたことがあった。その他にも『めまい』と『12モンキーズ』は重要な場面でともに「セコイアの森」が登場するといった繋がりがある。(詳しくはCINEMOREで執筆した記事を御覧ください)

僕が『12モンキーズ』を観たのは、まだヒッチコックを一本も見たことのない学生時代で、まさかこのSF映画にヒッチコックの遺伝子が刻まれているとは知る由もなかった。これまた公開から20年以上が経過してようやく「ああ、そういうことなのか」と納得した次第。人生と同じく、映画の世界もそういう「遅れてやってくる気づき」で一杯なのだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/11/05

ヒッチコックの名作『めまい』

今年に入って、立て続けにヒッチコック作品を鑑賞している。最初は初心者にも等しい知識量だったのに、回を重ねるごとにハッとするポイントは増えた。なるほどこれはあの映画のアイディアが再活用されているのかとか、このモチーフは他の作品で何度も繰り返されたものだなとか、視点も徐々にディープになりつつある。

だが今改めて思うのは、ヒッチコックを観るのに小難しい知識など要らないということだ。何度見ても、どの作品を見ても、純粋な驚きが詰まっている。観客を極限まで驚かせようとするサービス精神が詰まっている。何と言っても「わかりやすい」ところが良い。同じことを表現するにしても、ヒッチコックはそれを最もわかりやすく、簡潔に描く方法を知っている。それが絶妙に歯切れの良いテンポとリズムを生む。

Vertigo

今回、CINEMOREで取り上げた『めまい』は、従来の小気味良いエンタメ作からするとやや印象の異なる映画かもしれない。まるで霧を思わせる空気感の中、昨日見た夢のような幻想的なストーリーが展開する。タイトルは極めて有名だが、ヒッチコック作品としては難度の高い方かと。精神的な浸食度も高いので、「危ない映画」だと個人的には思ってます。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/09/26

ヒッチコック「サボタージュ」(1936)

Sabotage-02ヒッチコック作品の中では、本作の知名度などほんの豆粒ほどにしか満たないかもしれない。が、小さいながらも、一本一本にドキッとさせるような仕掛けを潜めて観客を驚かせるのが英国時代のヒッチコックの常套手段。本作もなめてかかると痛い目を見る。タイトルからして注意が必要で、いわゆる労働者が意図的にその仕事を遅らせたりする行為のことではなく、ここでは「破壊活動」や「テロ行為」がその意味にあたる。第二次大戦前のきな臭さ漂う中、イギリス国内で大停電や爆破テロなどを画策する謎の集団に焦点を当てつつ、八百屋に扮して捜査する刑事や、容疑者の妻であり映画館の経営を切り盛りするヒロインなども絡めつつ、事態はますます複雑さを増していく。

 

中でも一つの見せ場となるのが、時限爆弾の仕掛けられたフィルム缶がロンドン中を移動し、今にも爆発しそうな緊張感が否応なく高まっていくところ。1936年の映画ゆえ、リアルな爆破シーンを活写しているわけではないが、その分、カット割りや編集の巧みさによって驚くべきシーンに仕上がっている。未見の方はぜひ一度、見ておいたほうがいい。そこからもつれ込むクライマックスの顛末も脚本が見事。いやはや恐れ入りました。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/09/16

マクガフィンの由来

ヒッチコックは「映画術」の中でマクガフィンという言葉の起源についてこう述べている————列車の中で二人の男が語り合っている。一方が「あの荷台の荷物はいったい何だね?」と尋ねると、もう一方は「あれはマクガフィンだよ。スコットランドのハイランド地方で、ライオンを獲るのに用いられる道具さ」。「でもあそこにはライオンなんていないぜ」「じゃあ、マクガフィンじゃないな」と続く。なんとも煙に巻かれたような気にさせる小話だが、「映画のマクガフィンは無意味なものに限る」というヒッチコックらしい主張が垣間見えるかのようだ。

翻って、メルヴィル監督作『サムライ』では「謎の依頼人」を探し求めるというマクガフィンが起動するものの、もう一段階、俯瞰すると、タイトルの「サムライ」もまた一つのマクガフィンであることに気づかされる。

我々は「サムライとは何ぞや?」との命題を浮かべつつ本作に真向かう。だが、確たる答えは用意されておらず、我々は想像力で補うしか術がない。こういった曖昧模糊なマクガフィンのあり方を貫いたからこそ、本来繋がるはずのない日本のサムライとフランスの殺し屋が繋がった。ある種のファンタジーが両者の切断面を綺麗に繋ぎ合わせてくれたのかもしれない。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/09/15

マクガフィンなるもの

マクガフィンという専門用語がある。別に知らなくても映画を楽しむのになんら支障をきたすものではないが、でも知っておくとストーリーを構造的に見つめることができる。例えば、金塊探しをめぐって大冒険が巻き起こる物語ではその金塊がマクガフィンとなり、また謎の人物を探し求める映画では人物そのものがマクガフィンとなる。かくも物語や登場人物たちに行動の動機付けを与える要素をそう呼ぶのである。

この言葉を大々的に広めたのはヒッチコックだが、彼は「マクガフィンは無意味なものに限る」との考え方で、彼の映画ではいつも、書類だとか暗号だとか、別のものでも代用可能なシンプルさが重視された。そこに意味を与え過ぎると物語の道筋がかえって見えにくくなるからだ。

ここで、昨日取り上げたジャン=ピエール・メルヴィル監督作『サムライ』を引き合いに出してみよう。主人公が追う「謎の依頼人」とはいったい何者だったのか。その正体についてメルヴィルは当初「秘密機関の長」を想定していたらしいが、結果的に「私は彼が何者なのか知らないし、知りたくもない」というほど全く特徴のない人物となった。そして書籍「サムライ ジャン=ピエール・メルヴィルの映画人生」の中ではっきりこう述べている。「彼はヒッチコックが(「映画術」という本の中で)トリュフォーに語っている”マクガフィン”なんだよ」。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/07/21

引き裂かれたカーテン(1966)

アルフレッド・ヒッチコックが1966年に監督したスパイ・サスペンス『引き裂かれたカーテン』を鑑賞。鉄のカーテンを超えて東ドイツへと亡命する物理学者役(ポール・ニューマン)と、そのフィアンセ役(ジュディ・アンドリュース)をめぐる、謎が謎を呼ぶストーリー。果たして主人公の真の狙いとは!?

続きを読む "引き裂かれたカーテン(1966)"

|

2019/07/11

ヒッチコック『鳥』(1963)

アルフレッド・ヒッチコック監督の代表作といっても過言ではない『鳥』について書きました。

ヒッチコックの『鳥』が映画史に輝く傑作である3つの理由/CINEMORE

もしかしたら有名すぎて逆に未見の方も多いのではないでしょうか。今なお古臭さなど微塵も感じさせず、観る者を強烈な磁力でひきつけ、さらには阿鼻叫喚の混沌へと叩きおとす、怪作。

ヒッチコック作品を観るときはいつも「定本 映画術」という教科書的な書籍を携えているのですが、今回も多くの舞台裏のエピソード、そして巨匠ならではのこだわりを学ぶことができました。ヒッチコックについて書くのはこれで5作品目ですが、本当に勉強になります。このペースだと全作品を鑑賞し終えるまでにすっかり年老いてしまいそうなので、時間があればこちらのブログでも取り上げてまいりたいと思います。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2019/06/26

ヒッチコック『海外特派員』(1940)

これまでの人生でヒッチコックをきちんと観てこなかったことを恥入りつつ、今この機会に一作ずつ、出来るだけ丁寧に紐解いてみようと奮闘中の私。『北北西に進路を取れ』『三十九夜』『裏窓』に続く5作品目として取り上げたのは『海外特派員』という作品でした。各シークエンスごとに何か必ず「これは!」と目を見開かせる何かがある、ファンの間でも人気の高い傑作です。

Foreign_correspondent

アルフレッド・ヒッチコック、ハリウッド進出第二弾『海外特派員』の尋常ではない面白さ/CINEMORE

Mv5bzjgwywe3yjgtodbmms00ymnhlwezzjktowu5

観てから読むか、はたまた読んでから観るか。未だに古びることなく映画史に輝き続けるヒッチコック作品を、一緒に紐解いてみませんか?

Foreigncorrespondent

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

その他のカテゴリー

500文字コラム 50音順タイトル awards BOOKS memo NEWS TOP trailer WORDS 【Hero】 【my French Film Festival 2011】 【おいしい映画】 【お年寄りが元気!】 【アート×映画】 【クラシック音楽はお好き?】 【ドキュメンタリー万歳】 【メモ】英国王のスピーチ 【レビュー】 【劇場未公開作】 【劇薬!】 【地域:TOKYO発】 【地域:アジア】 【地域:中東発】 【地域:仏国発】 【地域:北欧発】 【地域:南米発】 【地域:英国発】 【学園という名の社会】 【宇宙で逢いましょう】 【家族でがんばる!】 【文芸】 【新感覚アクション】 【映画×スポーツ】 【映画×偉人】 【生きるためのファンタジー】 【監督:クリント・イーストウッド】 【監督:ジョー・ライト】 【監督:ミシェル・ゴンドリー】 【紛争】 【素晴らしき、黙示録の世界】 【脚本:ピーター・モーガン】 【音楽×映画】 アウシュヴィッツ訪問 イベント、取材 クエンティン・タランティーノ ジョゼフ・ゴードン=レヴィット スティーヴン・キング スティーヴン・スピルバーグ ヒッチコックを観る メディア執筆原稿 一言レビュー 今年のベスト 今年のベスト(2013) 今年のベスト(2006) 今年のベスト(2007) 今年のベスト(2008) 今年のベスト(2009) 今年のベスト(2010) 今年のベスト(2011) 今年のベスト(2012) 全米BOX OFFICE 再起復活ベン・アフレック 旅の記録 映画業界