2018/09/14

福岡インディペンデント映画祭

福岡アジア美術館で開催された「福岡インディペンデント映画祭」の上映作を鑑賞すべく、福岡に3日間お邪魔しておりました。さすが157本もの出品作の中から選び抜かれただけあり、鑑賞した作品は秀作揃い。作家性のスパークする様を身体全体で味わせていただきました。

Img_3398

・グランプリ受賞の『センターライン』は、今から10年後の未来、AIが引き起こした自動車事故をめぐる捜査&法廷モノ。最新テクノロジーを題材に取りながらも、あえてその筆致は伝統的な刑事ドラマのノリを崩さず、反比例するかに見えたその相性を見事に調和させていくところに巧さが光る一品でした。何よりもコンセプトの強度が高く、すぐにでもTVドラマなどでシリーズ化されてもおかしくないように思えました。

・俳優賞や優秀作品賞を受賞した『カランコエの花』は、現在、渋谷のアップリンクでも上映中。今回の映画祭での2度の上映はどちらもお客さんが多く詰め掛け、ラストシーンでは多くの人が目頭を熱くさせていました。吹奏楽部の演奏でゆっくりと静かに空気を醸成していく幕開けや、教室での生徒たちの有機的な演技の構築、そこに突きつけられるLGBTというテーマ性の組み込み方が素晴らしい。セリフや表情が鑑賞後も次々と思い起こされ、胸の内側でじわじわと余韻が広がっていく名作でした。

・一方、100分部門最優秀作品賞受賞の『ハッピーアイランド』は、人生に何の目標もなくただ無造作に生きる青年が、知人の紹介で福島の農家で人生を見つめ直す物語。決して綺麗事だけで終わらない。かといって希望や情熱も失わない。日々の暮らしの中で主人公の目が徐々に変わる。生き様が変わる。そうやって主人公の中で何かが大きく動き出していく。その通過儀礼にも似たダイナミズムが観る者の心を大きく震わせます。今自分(というより、日本人みんな)が知りたかったこと、知らなければならなかったことが、巧みな人間描写と熱量で描き尽くされた秀作。終演後、ずっとこの感動に浸っていたくて、川端商店街を端から端まで歩き続けてしまったほど。

・19歳の監督が撮ったという『FIGHTINGCAMERAMAN』という10分の作品が壮絶でした。ここには誰もが経験したことのある表現の「初期衝動」が刻印されています。初めてカメラを手にした高校生が興奮のあまり「俺は最高のカメラマンになる!」と絶叫。でも次の瞬間には、しがない大人になった彼が、よりにもよって盗撮などに明け暮れる最悪の日々が描き出される。そんな中、カメラはついに「もう我慢ならない!」とばかりに持ち主(主人公)に反旗を翻して襲いかかる・・・。終始、なんだこりゃ!? 電流を帯びたようなハイ・ボルテージ。もはや発狂にも等しいほどの創造性への苦しみと喜び。何やら意味もわからず、ただただ圧倒されるばかりでした。同映画祭では「20分部門」の最優秀作品賞を受賞しています。

・さらにもう一本、『放蕩息子』 という、役者を目指す青年と故郷の家族の関係性を描いたドキュメンタリー映画が上映されたのですが、この作品を見ながら、なんだか胸をかきむしりたいほどに、青ざめてしまいました。なぜか?それは主人公の青年が、驚くほど自分自身と重なって見えたから(多少、甘ったれたところも含めて)。上映日、会場に来られていた主人公のご両親の佇まいも、それからご家庭の雰囲気も、なんだか自分が育ってきた環境と似ていました。もしかすると昭和50年代生まれで、今なお「あんた、まだ夢を追いかけてるの?」と言われ続けている人の多くは、この映画に無条件でゾワゾワさせられるのかもしれません。その意味で、本作には少なからず「時代を捉える」という側面があるーーー。今、映画祭サイトに掲載してある監督のコメントを読むと、「私と彼は似た者同士」「ずっと『彼は私だ』と思いながら撮影をした」とありました。そこにさらに「観客」というもう一つのファクターが加わることで、上映中、「He」は束の間の「We」となり、またそれぞれの「I」へと還元されていくことになるのでしょう。胸かきむしって青ざめながら観たけれど、(だからこそ)どこか忘れがたい。それが一人の同世代の観客としての率直な感想でした。

他にも『戻る場所はもうない』、『予定は未定』、『デッドコップ』、『老ナルキソス』、『おんがえし』、『國の狗』、『直哉の結婚前夜』、『RICE BALL』など、いずれの作品も独創的で楽しませてもらいました(一作、一作の感想を書くことができず、すみません!また見逃してしまった作品も多く、悔やまれます)。すべての作り手や演者さん、映画祭のスタッフの皆さんに心から感謝したいです。

また、上映の合間には、前から一度は入ってみたかったレトロな雰囲気溢れる「大洋映画劇場」(映画祭の会場から5分ほど)にて朝十時から『プラトーン』を鑑賞したりも。また、天神のイムズのアートギャラリーで開催中の「バスキアとNYのアーティストたち」展も興味深く拝見しました。

私にとって約20年ぶりの博多、天神エリアでしたが、最高に充実したひと時を過ごさせていただきました。9月14日からはアジアフォーカス・福岡国際映画祭が始まるなど、9月の福岡は映画が充実しています。できれば一ヶ月くらいこの地に住み続けたいものだと夢見がちなことを思ってしまいました。また近いうちに訪れたいです。

Img_3397

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2017/04/21

レントン、シック・ボーイ、スパッド、ベグビーらのホームタウンへ

Img_1677

エディンバラの中心部からしばらく歩くと、『トレインスポッティング』の主人公、レントン、シック・ボーイ、スパッド、ベグビーたちのホームタウンが見えてきます。同じエディンバラ市内でもいささか雰囲気が異なるのは、港がすぐ近くに迫っているせいでしょうか。上空にはカモメの鳴き声が絶えず聞かれ、道端では年配の方が(カメラを構える私に対して)ちょっと怪訝そうなそぶりを見せながら横切っていきます。リース(Leith)には、ありふれているけれど忘れがたい街の記憶が刻まれていました。

続きを読む "レントン、シック・ボーイ、スパッド、ベグビーらのホームタウンへ"

|

2016/06/13

ラジオ出演させていただきました

今朝のJ-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」のワンコーナー「TOKYO DICTIONARY」に出演させていただきました。

J-WAVE TOKYO MORNING RADIO/TOKYO DICTIONARY

今回解説させていただいたのは、全国的に少しずつ増え始めているとされる「ミニミニシアター」について。90年代に渋谷の町並みを彩ったミニシアター(個人的には96年に上京したので、ミニシアターの存在にはかなり衝撃を受けました)よりもさらに小さなミニミニシアターとは一体何なのか。そして人々は何を求めているのか。といった内容です。

映画にはまだまだいろんな可能性が眠っているんだなとつくづく。私の拙い語りを力強くフォローしてくださる別所さん、そして番組スタッフの皆様に心から感謝です。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/05/02

スッキリできる名作5選

P&Gが提供するサイト「マイレピ」からお声掛けいただき、梅雨のシーズンの憂鬱な気分を吹き飛ばす映画を5本ご紹介しています。

気分爽快!梅雨の日に見たい映画5選/マイレピFOR MEN

コアな映画ファン向けではなく、あえて誰もが一度や二度そのタイトルを耳にしたことがあり、なおかつ近くのレンタル屋やネット配信などですぐに借りることのできる作品ばかりをピックアップ。

いつも監督さんや俳優さんに取材する側なので、自分が取材されるなんてなんだか勝手がわからないなあ、などと戸惑いながらお話しさせていただきました(スタッフの皆様、お世話になりました!)。GW中、お時間ある方はぜひリンク先を覗いてみていただければ嬉しいです。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/01/28

ラジオ出演

今朝のJ-WAVE 「TOKYO MORNING RADIO」のワンコーナー「TOKYO DICTIONARY」に出演させていただきました。今回は、「映画と練馬」の深いつながりについてご紹介しました。

このエリアは1931年には「としまえん」のすぐそばに撮影所がオープンし、また1935年には大泉に現在の東映撮影所の元となる施設が誕生。黒澤明監督の『野良犬』や、高倉健主演の『網走番外地』などもここ練馬で誕生しています。

また近隣でもロケが多数行われ、例えば江古田駅では『Shall We ダンス?』で役所広司がダンス教室を見つめる場所として有名ですし、また『踊る大捜査線 the Movie』で日本映画史に残る名ゼリフとも言える「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」と叫ぶシーンも、練馬の光が丘団地で撮られたというのはファンの間ではおなじみの話です。

それに、もともと農業が盛んで畑が広がっていたこのエリアは、宅地開発される際に「ロマンティックな映画都市」などという売り文句も用いられたそうです。ほんと、土地に歴史ありですね。私も調べてみて驚きました。詳しくホームページ、およびポッドキャストをチェックしてみてくださいね!

|

2016/01/23

『サウルの息子』インタビュー

衝撃。苦悶。そして闇に差し込む一筋の光。映画の枠を超えたと言ってもいい衝撃作『サウルの息子』が公開中です。それは観客をアウシュヴィッツの現実へと突き落とし、「ゾンダーコマンド」という役割を担う男の目線に寄り添わせる物語。

ゴールデングローブ賞で外国語映画賞を受賞し、アカデミー賞の同部門でも最有力・・・そんな冠など正直どうでもいいと思えるほど、生涯忘れ得ぬ鮮烈ないかずちを打ち込まれる映像体験です。恐ろしいという感情など吹き飛びます。むしろこの一瞬一瞬を目に焼き付けたい。そう思わせる力強さを持った作品でもあります。

本作を手がけたユダヤ系ハンガリー人のネメシュ・ラースロー監督にお話しを伺いました。

7b8119d24e024a5a9ccbbe7e9bc7330162

人間が内に抱えた凶悪性ーアウシュヴィッツ収容所で「ゾンダーコマンド」は何をしたのか/ウートピ

どんな剛腕な巨匠かと思ったら、なんとこれが初長編作となる新米監督。そして私とおんなじ38歳。

「インタビュー中の撮影はやめてほしい。話すことに集中できなくなるから」

という一言から始まった今回の取材。なかなか目を見て話してくれないなど、ちょっとシャイでナイーブな印象さえ受けるラースロー監督でしたが、そんな彼がこんな強烈な映画をこしらえてしまうところがまた凄い。 ぜひぜひ彼の言葉に耳を傾けてほしいです。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/01/08

『ピンクとグレー』菅田将暉さんインタビュー

1月9日より公開となる邦画『ピンクとグレー』。その主要キャストの一人、菅田将暉さんにインタビューさせていただきました。

『ピンクとグレー』菅田将暉インタビュー/ NeoL

15年はとにかく「民王」や「ちゃんぽん食べたか」、そして現在放送中のauのCM(鬼ちゃん)をはじめ様々なフィールドで大活躍だった彼。果たして16年はいかなる進化を見せてくれるのか。本当に楽しみでなりません。

取材中も常に周囲を魅了し、率直に胸のうちを語ってくれる素敵な方でした。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2015/12/23

アントン・コービン監督インタビュー

「SW」や「妖怪ウォッチ」旋風の真っ只中で、まるでその対極にいるかのような心に沁み入る名作『ディーン、君がいた瞬間』が公開中。伝説の俳優ジェームズ・ディーンと、彼にカメラを向けた写真家デニス・ストックの物語。映画史に埋もれた一瞬を、実力派の若手俳優たちがなんとも味わい深く演じています。

また、この映画で興味深いのは、世界的なフォトグラファー、アントン・コービンが監督を務めているところ。U2、ビョーク、デペッシュ・モード、ボブ・ディラン、ジョイ・デヴィヴィジョン、トム・ウェイツ、エルヴィス・コステロをはじめ、とにかく名だたるアーティストたちを撮影し続ける彼だからこそ写し取ることのできた「一瞬」がしっかりと刻まれています。

そんなコービン監督にインタビューさせてもらいました。

Lifeposter

『ディーン、君がいた瞬間』アントン・コービン監督インタビュー/NeoL

常に穏やかで、彼の周辺には常にリラックスした空気が流れている。と同時に室内にいる一人一人のことをしっかりと把握して、時間があるとピンポイントで声をかけてくれる。「その携帯、いいね!」とか「オランダ(監督の母国)語のTシャツを着てきてくれてありがとう」(←僕が言われました)とか、取るに足らないことなんだけど、なんだかその気遣いが現場をホッコリと温かい雰囲気に包んでいく。。。 ほんの30分だけでしたが、名だたるアーティストたちが彼を心から愛し、なおかつ絶大なる信頼を寄せる理由が、ほんの一瞬だけ垣間見えたような気がしました。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2015/09/06

『ヴィンセントが教えてくれたこと』インタビュー

『ヴィンセントが教えてくれたこと』でビル・マーレイとの名コンビぶりを披露したジェイデン・リーベラーくんが緊急来日。おはなしを伺ってきました。

こちらが質問を投げかけると、自分の心に浮かんだ思いや感情をとてもナチュラルな言葉にしてサッと返してくれる。しっかりしてるとか、賢いとか、大人びているとかいう様々な褒め言葉がありますが、そのどれとも一線を画した、まさに「逸材」という印象を受けました。

0007_box

『ヴィンセントが教えてくれたこと』ジェイデン・リーベラーくんインタビュー/NeoL

尊敬している俳優はディカプリオなのだそう。これから10年後、いや5年後には早くもその域に達していそうで、楽しみでなりません。すでにキャメロン・クロウやジェフ・ニコルズの新作などを経て、今後は『ジュラシック・ワールド』のコリン・トレボロウ監督の新作(『スター・ウォーズ』最終章ではなく、そのひとつ前に手掛ける"The Book of Henry")にも出演予定とのこと。

映画の撮影からおよそ2年が経過し、ジェイデンくんもだいぶ成長しています。すでに映画をご覧になった方も、これからご覧になられる方も、上記リンクから彼の“現在”を覗いてみてくださいね。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2015/09/05

『ボーイ・ソプラノ』監督インタビュー

リアルサウンドにて、『ボーイ・ソプラノ』(原題 Boychoir)のフランソワ・ジラール監督へのインタビューの模様を執筆しております。

Trailerboychoir2

美声に包まれた音楽映画『ボーイ・ソプラノ』監督が語る、映画作りで才能よりも大切なこと

ジラール監督といえば、映画にとどまらず、演劇やオペラ、そしてシルク・ドゥ・ソレイユの巨大なステージまで演出してしまう底知れぬ才人なのですが、とにかく謙虚な人で、「あなたの才能の源泉は何ですか?」といった質問をしても「いやいや、僕には才能なんてものがあるのかどうか。毎日が自問自答の連続で、ほんとうに嫌になるほどなんだ・・・」と率直に胸のうちを語ってくれたのが印象的でした。

9月11日公開となるこの『ボーイ・ソプラノ』。男子たるもの誰もが“声変わり”の瞬間を経験するわけで、とするとこのボーイ・ソプラノの歌声は、ほんの束の間、神様から許された奇跡の瞬間とも言えるのかもしれません。

きっと誰もがこの歌声のように唯一無二の才能に恵まれているはず。本作を観ながらつくづく「ああ、人生って無駄遣いできないものだなあ」と思い知らされました。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

その他のカテゴリー

50音順タイトル | awards | BOOKS | memo | NEWS | TOP | trailer | WORDS | 【Hero】 | 【my French Film Festival 2011】 | 【おいしい映画】 | 【お年寄りが元気!】 | 【アート×映画】 | 【クラシック音楽はお好き?】 | 【ドキュメンタリー万歳】 | 【メモ】英国王のスピーチ | 【レビュー】 | 【劇場未公開作】 | 【劇薬!】 | 【地域:TOKYO発】 | 【地域:アジア】 | 【地域:中東発】 | 【地域:仏国発】 | 【地域:北欧発】 | 【地域:南米発】 | 【地域:英国発】 | 【学園という名の社会】 | 【宇宙で逢いましょう】 | 【家族でがんばる!】 | 【文芸】 | 【新感覚アクション】 | 【映画×スポーツ】 | 【映画×偉人】 | 【生きるためのファンタジー】 | 【監督:クリント・イーストウッド】 | 【監督:ジョー・ライト】 | 【監督:ミシェル・ゴンドリー】 | 【紛争】 | 【素晴らしき、黙示録の世界】 | 【脚本:ピーター・モーガン】 | 【音楽×映画】 | アウシュヴィッツ訪問 | イベント、取材 | クエンティン・タランティーノ | ジョゼフ・ゴードン=レヴィット | スティーヴン・キング | スティーヴン・スピルバーグ | 一言レビュー | 今年のベスト | 今年のベスト(2013) | 今年のベスト(2006) | 今年のベスト(2007) | 今年のベスト(2008) | 今年のベスト(2009) | 今年のベスト(2010) | 今年のベスト(2011) | 今年のベスト(2012) | 全米BOX OFFICE | 再起復活ベン・アフレック | 旅の記録 | 映画業界