2018/09/14

福岡インディペンデント映画祭

福岡アジア美術館で開催された「福岡インディペンデント映画祭」の上映作を鑑賞すべく、福岡に3日間お邪魔しておりました。さすが157本もの出品作の中から選び抜かれただけあり、鑑賞した作品は秀作揃い。作家性のスパークする様を身体全体で味わせていただきました。

Img_3398

・グランプリ受賞の『センターライン』は、今から10年後の未来、AIが引き起こした自動車事故をめぐる捜査&法廷モノ。最新テクノロジーを題材に取りながらも、あえてその筆致は伝統的な刑事ドラマのノリを崩さず、反比例するかに見えたその相性を見事に調和させていくところに巧さが光る一品でした。何よりもコンセプトの強度が高く、すぐにでもTVドラマなどでシリーズ化されてもおかしくないように思えました。

・俳優賞や優秀作品賞を受賞した『カランコエの花』は、現在、渋谷のアップリンクでも上映中。今回の映画祭での2度の上映はどちらもお客さんが多く詰め掛け、ラストシーンでは多くの人が目頭を熱くさせていました。吹奏楽部の演奏でゆっくりと静かに空気を醸成していく幕開けや、教室での生徒たちの有機的な演技の構築、そこに突きつけられるLGBTというテーマ性の組み込み方が素晴らしい。セリフや表情が鑑賞後も次々と思い起こされ、胸の内側でじわじわと余韻が広がっていく名作でした。

・一方、100分部門最優秀作品賞受賞の『ハッピーアイランド』は、人生に何の目標もなくただ無造作に生きる青年が、知人の紹介で福島の農家で人生を見つめ直す物語。決して綺麗事だけで終わらない。かといって希望や情熱も失わない。日々の暮らしの中で主人公の目が徐々に変わる。生き様が変わる。そうやって主人公の中で何かが大きく動き出していく。その通過儀礼にも似たダイナミズムが観る者の心を大きく震わせます。今自分(というより、日本人みんな)が知りたかったこと、知らなければならなかったことが、巧みな人間描写と熱量で描き尽くされた秀作。終演後、ずっとこの感動に浸っていたくて、川端商店街を端から端まで歩き続けてしまったほど。

・19歳の監督が撮ったという『FIGHTINGCAMERAMAN』という10分の作品が壮絶でした。ここには誰もが経験したことのある表現の「初期衝動」が刻印されています。初めてカメラを手にした高校生が興奮のあまり「俺は最高のカメラマンになる!」と絶叫。でも次の瞬間には、しがない大人になった彼が、よりにもよって盗撮などに明け暮れる最悪の日々が描き出される。そんな中、カメラはついに「もう我慢ならない!」とばかりに持ち主(主人公)に反旗を翻して襲いかかる・・・。終始、なんだこりゃ!? 電流を帯びたようなハイ・ボルテージ。もはや発狂にも等しいほどの創造性への苦しみと喜び。何やら意味もわからず、ただただ圧倒されるばかりでした。同映画祭では「20分部門」の最優秀作品賞を受賞しています。

・さらにもう一本、『放蕩息子』 という、役者を目指す青年と故郷の家族の関係性を描いたドキュメンタリー映画が上映されたのですが、この作品を見ながら、なんだか胸をかきむしりたいほどに、青ざめてしまいました。なぜか?それは主人公の青年が、驚くほど自分自身と重なって見えたから(多少、甘ったれたところも含めて)。上映日、会場に来られていた主人公のご両親の佇まいも、それからご家庭の雰囲気も、なんだか自分が育ってきた環境と似ていました。もしかすると昭和50年代生まれで、今なお「あんた、まだ夢を追いかけてるの?」と言われ続けている人の多くは、この映画に無条件でゾワゾワさせられるのかもしれません。その意味で、本作には少なからず「時代を捉える」という側面があるーーー。今、映画祭サイトに掲載してある監督のコメントを読むと、「私と彼は似た者同士」「ずっと『彼は私だ』と思いながら撮影をした」とありました。そこにさらに「観客」というもう一つのファクターが加わることで、上映中、「He」は束の間の「We」となり、またそれぞれの「I」へと還元されていくことになるのでしょう。胸かきむしって青ざめながら観たけれど、(だからこそ)どこか忘れがたい。それが一人の同世代の観客としての率直な感想でした。

他にも『戻る場所はもうない』、『予定は未定』、『デッドコップ』、『老ナルキソス』、『おんがえし』、『國の狗』、『直哉の結婚前夜』、『RICE BALL』など、いずれの作品も独創的で楽しませてもらいました(一作、一作の感想を書くことができず、すみません!また見逃してしまった作品も多く、悔やまれます)。すべての作り手や演者さん、映画祭のスタッフの皆さんに心から感謝したいです。

また、上映の合間には、前から一度は入ってみたかったレトロな雰囲気溢れる「大洋映画劇場」(映画祭の会場から5分ほど)にて朝十時から『プラトーン』を鑑賞したりも。また、天神のイムズのアートギャラリーで開催中の「バスキアとNYのアーティストたち」展も興味深く拝見しました。

私にとって約20年ぶりの博多、天神エリアでしたが、最高に充実したひと時を過ごさせていただきました。9月14日からはアジアフォーカス・福岡国際映画祭が始まるなど、9月の福岡は映画が充実しています。できれば一ヶ月くらいこの地に住み続けたいものだと夢見がちなことを思ってしまいました。また近いうちに訪れたいです。

Img_3397

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2012/12/06

【NEWS】ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞発表

ナショナル・ボード・オブ・レビューの各賞が発表され、先日のニューヨーク映画批評家協会賞に続きキャスリン・ビグロー監督による『ゼロ・ダーク・サーティ』が作品賞を勝ちとった。まだまだ賞レースは始まったばかりだが、果たしてこの先、ビグローにとって『ハートロッカー』に続くオスカー受賞への道が開けて行くのかどうか注目したいところだ。そして監督賞に関してもニューヨーク批評家協会賞と同じくビグローが受賞。そしてジェシカ・チャステインが主演女優賞を受賞している。同作はネイビーシールズによるオサマビンラディンの追跡計画を描いたもので、ビンラディンの殺害のニュースを受けた後に急遽内容を変え、その最期の瞬間までをも盛り込んだ作品へと方向転換を遂げたことでも話題を呼んだ。そして大統領選の時期においては共和党陣営から政府に対して「この映画の製作にあたって、重大な秘密漏洩が行われているのではないか」と調査を求める声も上がっていたほど内外を騒がせている作品でもある(製作者らはこの疑いについてはっきりと否定している)。米公開は今月の19日。

他部門にも触れておこう。デヴィッド・O・ラッセル監督作 Silver Linings Playbookからはブラッドリー・クーパーが主演男優賞、またラッセル監督自身が脚色賞を獲得。クエンティン・タランティーノ監督作Django Unchainedからは人生初の悪役に挑んだレオナルド・ディカプリオが助演男優賞に輝き、助演女優賞にはこれまであまり評判が聞こえてこなかったComplianceのアン・ドウドが選出されている。

オリジナル脚本賞には『LOOPER』のライアン・ジョンソン(監督/脚本)、長編アニメーション作品賞にはディズニーのWreck It Ralph、映画製作における目覚しい達成を讃えて贈られるSpecial Achielement in Filmmakingにはベン・アフレック監督作『アルゴ』が輝き、外国語映画賞にはミヒャエル・ハネケ監督作『アムール』、新人男優賞にはThe Impossibleのトム・ホランド、新人女優賞にはBeasts of the Southern Wildのクヴェンザネ・ワリス、新人監督賞にも〜Beastsのベン・ザイトリンが選ばれた。

なお、同賞では「今年のトップ・フィルムズ」と称して優秀作品10本も発表されている。リスト入りした作品はこちら。Argo, Beasts of the Southern Wild, Django Unchained, Les Miserables, Lincoln, Looper,The Perks of Being Wallflower,  Promised Land,  Silver Lining Playbook


この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2012/12/04

【NEWS】ニューヨーク映画批評家賞決定

ニューヨーク映画批評家協会賞が発表され、『ハートロッカー』でオスカー受賞したキャスリン・ビグロー監督の最新作『ゼロ・ダーク・サーティ』が作品賞に輝いた。同作はオサマビンラディンを追跡するネイビーシールズの奮闘を描いたもの。もともとは失敗に終わった作戦の詳細について描く予定だったが、ビンラディン殺害の報を受けてその最後の瞬間までをも盛り込んだ作品へと軌道修正されていった。同作はビグローが監督賞を、クレイグ・フレイザーが撮影賞を受賞している。

また、男優賞にはスピルバーグ監督作『リンカーン』にてタイトルロールを演じたダニエル・デイ=ルイス、女優賞にはThe Deep Blue Seaのレイチェル・ワイズ、助演男優賞にはMagic Mikeのマシュー・マコノヒー、助演女優賞には『リンカーン』のサリー・フィールド。アニメーション作品賞にはティム・バートン監督作『フランケンウィニー』、外国語映画賞にはカンヌ最高賞受賞作でもあるミヒャエル・ハネケ監督作『愛、アムール』。ドキュメンタリー作品賞にはThe Central Park Five、初監督作品賞にはデヴィッド・フランス監督作How to Survive a Plagueがそれぞれ輝いている。


この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

| | トラックバック (0)

2012/11/27

【NEWS】ゴッサム賞決定

インディペンデント系の映画の祭典としては東海岸のゴッサム・アワードと西海岸のインディペンデント・スピリット・ワードというふたつの賞が有名だが、そのゴッサムの2012年の各賞が発表された。今年の注目どころはやはり、キャリア最高作を生み出したウェス・アンダーソンの"Moonrise Kingdom"。はたして勝利の女神は彼に微笑んだのか・・・?受賞結果は以下の通り。

●Best Feature
"Moonrise Kingdom" Wes Andrson

●Best Documentary
"How to Survive a Plague" David France

●Best Ensemble Performance
"Your Sister's Sister"
Emilly Blunt/Rosemarie Dewitt/Mark Duplass

●Breakthrough Actor
Emayatzy Corinealdi "Middle of Nowhere"

●Breakthrough Director
Benn Zeitlin "Beasts of the Southern Wild"

●Best Film Not Playing at a Theatre Near You
"An Oversimplification of her Beauty" Terrence Nance

●Audience Award
"Artifact" Bartholomew Cubbins

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2012/09/17

【NEWS】トロント映画祭最高賞はこの作品に!

毎年、トロント映画祭で注目された作品は必ずアカデミー賞でも台風の目となることで知られている。『スラムドッグ・ミリオネア』や『英国王のスピーチ』、『アメリカン・ビューティー』などその例は多数。そして新たにそこに名を連ねるこの作品は、オスカー獲りにいかなる訴求力を発揮することができるのか―。

というわけで、今年のトロント映画祭の最高賞にあたるピープルズ・チョイス・アワード(観客賞)を受賞したのは『ザ・ファイター』や『スリー・キングス』で知られるデヴィッド・O・ラッセル監督作"Silver Linings Playbook"だった。

Silverlinings_a
本作はブラッドリー・クーパー演じる心の病を抱えた主人公が元妻との関係を修復しようとする一方で、ミステリアスな女性と出逢い惹かれていく物語。『ウィンターボーン』や『ハンガーゲーム』で一躍注目の的となったジェニファー・ローレンスがこのヒロイン役を演じ、また名優ロバート・デ・ニーロが主人公を支える父親役で登場しているのも見どころ。

これまでも人間の痛みや孤独、複雑性といったものを深刻になりすぎない程度に見つめ続け、そこから温かな笑いが生じるほどの親密な空気を創り上げていくデヴィッド・O・ラッセル節は今回も上映後に非常に高い評価を得ていた。

その他の賞には、ミッドナイト・マッドネス部門の観客賞にマーティン・マクドナー監督作"Seven Psychopaths"、ドキュメンタリー部門の観客賞には"Artifact"、最優秀カナダ映画賞には"Lawrence Anyways"、短編カナダ映画賞には"Keep A Modest Head"、新人カナダ監督賞には"Antiviral"と"Blackbird"、国際批評家連盟賞のディスカバリー賞には"Call Girl"、スペシャル・プレゼンテーション部門には"In The House"。また園子温監督の『希望の国』はNETPAC賞を受賞している。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2012/09/09

【NEWS】ヴェネツィア国際映画祭受賞結果

第69回を数えるヴェネツィア国際映画祭が閉幕した。マイケル・マン率いる審査員団が最終的に金獅子賞にふさわしいとみなしたのはキム・ギドク監督による"Pieta"だった。

しかしながらこの結果には疑問の声も噴出している。各メディアが関係者の証言として発しているのは次のようなもの。

「もともと審査員団はポール・トーマス・アンダーソン監督作"The Master"に金獅子賞を授与する予定だったのだが、1作品が複数の賞を独占することを避けたいとする映画祭ルールによりこの受賞リストは差し戻され、再び審査員内で激しい議論が交わされた結果、"The Master"の受賞は監督&男優賞の2部門となり、最高賞はトータル的に評価の高かった"Pieta"の手に納まった」

特別なケースの場合のみ、(映画祭ディレクターなどの許諾などを得た上で)ひとつの作品がふたつの賞にまたがることが許されるが、それらは技術的な部門に留まり、最高賞となる金獅子賞が他部門をも獲得することは許されていない(下記に規約の抜粋を掲載)。

この土壇場での受賞結果シャッフルは一昨年のクエンティン・タランティーノ率いる審査員団によるソフィア・コッポラ監督作"SOMEWHERE"への金獅子賞授与(ソフィアはタランティーノの元彼女だったゆえに、この受賞結果には近しい者への優遇があったのではないかとする疑惑)に続くトラブルとしてちょっとした禍根を残しそうだ。最終的な審査結果は以下の通り。

●Golden Lion (最優秀作品賞)
“Pieta” Kim-Ki Duk

●Silver Lion (最優秀監督賞)
Paul Thomas Anderson  “The Master”

●Volpi Cup (男優賞)
Joaquin Phoenix  Philip Seymour Hoffman “The Master”

●Volpi Cup (女優賞)
Hadas Yaron “Fill The Void”

●Special Jury Award (審査員特別賞)
Ulrich Seidl “Paradise: Faith”

●Mastroianni Award (新人俳優賞)
Fabrizio Falcone “Dormant Beauty,” “It Was The Son”

●Best Screenplay (脚本賞)
Olivier Assayas “Something In The Air”

●Technical Achievement (技術賞)
Daniele Cipri “Il Stato E Figlio”

There will be no joint winners. Exceptions can be made for the two Coppa Volpi awards and the Marcello Mastroianni award. In addition, individual films may only receive one of the awards mentioned in the Regulations. However, in exceptional cases, and after consultation with the Festival Director, the Jury may bestow the Coppa Volpi and Marcello Mastroianni awards on actors or actresses featured in films which have won the Silver Lion, the Special Jury Prize or the awards for Best Technical Contribution and Best Screenplay.

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2012/07/26

【NEWS】ヴェネツィア映画祭ラインナップ発表

Imagescajdxrhi 今年で69回目を迎えるヴェネツィア国際映画祭のラインナップ第1弾が発表された。映画祭の最大の見せ場となるコンペティション部門では昨年のカンヌ映画祭最高賞受賞者のテレンス・マリックが新作"To The Wonder"を送りこんでくる。主演はベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、レイチェル・ワイズ。ナイーヴなことで知られるマリック監督は今度こそはマスコミ陣の前に姿を現すのだろうか?

またコンペに参戦するもうひとりの巨匠にはブライアン・デ・パルマがそびえ立つ。ヴェネツィア銀獅子賞受賞の『リダクテッド』以来となる彼の新作"Passion"はレイチェル・マクアダムスとノーミ・ラパスらを従えたセクシャル・サスペンスだ。

そしてザック・エフロン主演の"At Any Price"ハーモニー・コリン監督がジェームズ・フランコを擁して送る"Spring Breakers"、また日本からはヴェネツィアと深い関係を持った北野武が『アウトレイジ・ビヨンド』をぶちかますことが決定しているほか、同じアジア勢には前作『アリラン』で復活を遂げたキム・ギドクの"Pieta"がある。

今年の審査員団を率いるのはアメリカの映画監督マイケル・マン。いったいどのような骨太なジャッジを下すのかこちらも見ものだ。映画祭は8月29日から9月8日まで開催される。

続きを読む "【NEWS】ヴェネツィア映画祭ラインナップ発表"

|

2012/06/02

【NEWS】ヴェネツィア審査員長にマイケル・マン

カンヌが終わったかと思えば、もうヴェニスだ。8月29日から9月8日まで開催される第69回ヴェネツィア国際映画祭のコンペ審査員長に米映画監督のマイケル・マンが就任する運びとなった。『インサイダー』や『ヒート』といった骨太な作品で知られるマン監督が国際映画祭の審査員を率いるのは今回が初となる。

Michael_mann
実は昨年の同映画祭コンペにはマンの娘、アミ・カナーン・マンが監督を務めた『キリング・フィールズ 失踪地帯』が出品されており、マイケル・マンは同作のプロデュースも担っていた。映画祭での受賞は叶わなかったものの、父と映画祭がこのような形で結びついてしまうのだから縁というのは不思議なものだ。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2012/05/28

【カンヌ】コンペティション受賞結果

Logo いよいよカンヌ国際映画祭も授賞式と最終上映を残すのみとなりました。65年目のこの節目、ナンニ・モレッティ率いる審査員団はいったいにどの作品にパルムドールを授けるのか。ハネケ?カラックス?いよいよ運命の瞬間が訪れます。

■受賞結果■
・パルムドール "Amour" ミヒャエル・ハネケ監督作
・審査員特別賞(グランプリ) "Reality" マッテオ・ガローネ監督作
・女優賞 クリスティーナ・フルテュール、コスミーナ・ストラータン "Beyond the Hills"
・男優賞 マッツ・ミケルセン "The Hunt"
・監督賞 カルロス・レイガダス "Post Tenebras Lux"
・脚本賞 クリスチャン・ムンギウ "Beyond the Hill"
・審査員賞 ケン・ローチ監督作 "The Angel's Share"
・カメラドール(新人監督賞) "Beasts of the southern wild"
・短編パルムドール  "Silent"

●コンペでは米国勢が総崩れ。一部で高評価を獲得していたカラックス作品、ジェフ・ニコルズ監督の"Mud"も受賞ならず。

●ハネケの「アムール」に関しては男優賞&女優賞の呼び声も高かったが、そちらの受賞はならず。それには理由があり、カンヌのコンペ規約によると、パルムドールとグランプリに輝いた作品は他部門で受賞することができないからだ。ただし脚本賞、審査員賞の受賞作が演技部門と重複することは可能で、それゆえクリスチャン・ムンギウ作"Beyond the Hill"は2冠となった。

続きを読む "【カンヌ】コンペティション受賞結果"

|

2012/05/27

【カンヌ】パルムドッグ決定 

Sightseers毎年、カンヌ映画祭に出品された全作品の中から最高に輝いていたワンちゃんを選出する“パルムドッグ賞”。

昨年は『アーティスト』のアギーがまさに一世を風靡する活躍ぶりだったわけだが、今年の受賞犬には「監督週間」にて上映されたイギリス映画"Shightseers"のスマーフとガッドが輝いた。本作は国内旅行に出かけたカップルが何をやってもうまくいかない日々を送る、実に英国映画らしい鬱々とした空気が魅力の奇妙でおかしな物語だ。両犬は双子の役を演じている。

Soir02審査員特別賞にはベルギー映画"Le Grand Soir"に出演したビリー・ボブに贈られた。「ある視点」部門に出品された本作は、商業施設でレストランを経営する兄弟の奮闘物語。ビリー・ボブは年季の入ったパンク男でもある長男の愛犬として登場する。

両作品ともにまさか同賞を受賞するなんて予想だにしていなかったようで、残念ながらワンちゃんのアップ画像などが全く見つからない。まあ、ともかく、おめでとうございます。今晩は骨付き高級肉でもお召し上がりください。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

50音順タイトル | awards | BOOKS | memo | NEWS | TOP | trailer | WORDS | 【Hero】 | 【my French Film Festival 2011】 | 【おいしい映画】 | 【お年寄りが元気!】 | 【アート×映画】 | 【クラシック音楽はお好き?】 | 【ドキュメンタリー万歳】 | 【メモ】英国王のスピーチ | 【レビュー】 | 【劇場未公開作】 | 【劇薬!】 | 【地域:TOKYO発】 | 【地域:アジア】 | 【地域:中東発】 | 【地域:仏国発】 | 【地域:北欧発】 | 【地域:南米発】 | 【地域:英国発】 | 【学園という名の社会】 | 【宇宙で逢いましょう】 | 【家族でがんばる!】 | 【文芸】 | 【新感覚アクション】 | 【映画×スポーツ】 | 【映画×偉人】 | 【生きるためのファンタジー】 | 【監督:クリント・イーストウッド】 | 【監督:ジョー・ライト】 | 【監督:ミシェル・ゴンドリー】 | 【紛争】 | 【素晴らしき、黙示録の世界】 | 【脚本:ピーター・モーガン】 | 【音楽×映画】 | アウシュヴィッツ訪問 | イベント、取材 | クエンティン・タランティーノ | ジョゼフ・ゴードン=レヴィット | スティーヴン・キング | スティーヴン・スピルバーグ | 一言レビュー | 今年のベスト | 今年のベスト(2013) | 今年のベスト(2006) | 今年のベスト(2007) | 今年のベスト(2008) | 今年のベスト(2009) | 今年のベスト(2010) | 今年のベスト(2011) | 今年のベスト(2012) | 全米BOX OFFICE | 再起復活ベン・アフレック | 旅の記録 | 映画業界