2019/09/07

「歩け走るな!」(1966)

東京オリンピック開催まで一年を切り、期間中の宿泊場所の確保などが喫緊の課題と言われているが、今から50年も前にいち早くその問題を取り上げていた映画があった。

‘66年の米映画『歩け走るな!』は、前回のオリンピック期の東京を舞台にした物語だ。冒頭、クインシー・ジョーンズの音楽に乗せて60年代の街並みが軽快にスクリーンを駆け抜けると、そこにはホテルの空室がなく悩みに暮れるケーリー・グラントの姿。彼が掲示板で「同居人募集」の張り紙を見つけたことで、東京の空の下、外国人男女3人の奇妙なルームシェアが始まっていく。

Walkhuttongranteggar

「ヘンな日本」の描写もあるにはあるが、イヤな気はしない。それどころか、ソ連選手がKGBに行動を監視されたり、各国選手が夜な夜なパーティーを繰り広げたり、また英米の気質の違いが火種になるなど、オリンピック開催地ならではの“るつぼ感”がとても楽しく表現されている。

で、本作はグラントの最後の出演作でもある。すでに還暦を超えていた彼は「もうロマコメの主演を張る歳でもあるまい」ときっぱり引退を決意。その心根を象徴するように、本作には「あとは若い二人に任せて、私は御暇しますかね」というシーンがある。その小粋さがなんとも素敵だ。

Ebybrlucaa9h1g_20190907121701

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/08/02

『秘密』織田梨沙インタビュー

映画版『るろうに剣心』やNHK大河ドラマ「龍馬伝」などでもお馴染み、大友啓史監督が放つ最新作『秘密 THE TOP SECRET』。もうじき公開を迎える本作で映画初出演を果たした織田梨沙さんにお話を伺いました。これから一体どんな活躍を見せてくれるのか本当に楽しみです。

織田梨沙『秘密 THE TOP SECRET』インタビュー/NeoL

映画も、そしてインタビュー記事もぜひご覧ください。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/06/16

ラジオ出演2

今朝の「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」の中のワンコーナー、「TOKYO DICTIONARY」に出演させていただきました。今回は映画の新たな楽しみ方として注目を集める「ねぶくろシネマ」についてご紹介しています。

TOKYO MORNING RADIO/TOKYO DICTIONARY

コンセプトも上映作品も本当に素晴らし過ぎます。こんな環境で映画をご覧になった子供さん方は、既成の枠内にとらわれるのではなく、もっと自由に映画メディアと接していく感性を育んでいかれることでしょう。

映画は単なるコンテンツなどではなく、その環境、空気、気分、そのほか五感で触れた全てが構成要素となりうるもの。このイベントは映画鑑賞の最もコアなところ(そして最も基本的なところ)に気づかせてくれるかのようです。

映画館の客席で隣の人と肘掛けをめぐって攻防を繰り広げる自分の、なんと小さな人間であることか。。。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/06/13

ラジオ出演させていただきました

今朝のJ-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」のワンコーナー「TOKYO DICTIONARY」に出演させていただきました。

J-WAVE TOKYO MORNING RADIO/TOKYO DICTIONARY

今回解説させていただいたのは、全国的に少しずつ増え始めているとされる「ミニミニシアター」について。90年代に渋谷の町並みを彩ったミニシアター(個人的には96年に上京したので、ミニシアターの存在にはかなり衝撃を受けました)よりもさらに小さなミニミニシアターとは一体何なのか。そして人々は何を求めているのか。といった内容です。

映画にはまだまだいろんな可能性が眠っているんだなとつくづく。私の拙い語りを力強くフォローしてくださる別所さん、そして番組スタッフの皆様に心から感謝です。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/05/04

追憶の森

マシュー・マコノヒー、渡辺謙が共演する『追憶の森』についてレビューを執筆しました。

90

人気絶頂マシュー・マコノヒーは、なぜ異色作『追憶の森』出演を決めたのか?/リアルサウンド

舞台となるのは富士の樹海。てっきりダークな、あるいはホラーな内容になるのだろうと予想していたものの、ところがどっこい、生きる希望を模索する人間ドラマに仕上がっていました。ファンタジックな要素さえ兼ね備えた本作は、ある意味、大人のための寓話とも言えるのかもしれません。

『ダラス・バイヤーズクラブ』で晴れて主演男優賞オスカーを獲得したマコノヒーはなぜ今この映画を選んだのか。彼のフィルモグラフィーから見えてくる背景について触れています。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2016/01/28

ラジオ出演

今朝のJ-WAVE 「TOKYO MORNING RADIO」のワンコーナー「TOKYO DICTIONARY」に出演させていただきました。今回は、「映画と練馬」の深いつながりについてご紹介しました。

このエリアは1931年には「としまえん」のすぐそばに撮影所がオープンし、また1935年には大泉に現在の東映撮影所の元となる施設が誕生。黒澤明監督の『野良犬』や、高倉健主演の『網走番外地』などもここ練馬で誕生しています。

また近隣でもロケが多数行われ、例えば江古田駅では『Shall We ダンス?』で役所広司がダンス教室を見つめる場所として有名ですし、また『踊る大捜査線 the Movie』で日本映画史に残る名ゼリフとも言える「事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!」と叫ぶシーンも、練馬の光が丘団地で撮られたというのはファンの間ではおなじみの話です。

それに、もともと農業が盛んで畑が広がっていたこのエリアは、宅地開発される際に「ロマンティックな映画都市」などという売り文句も用いられたそうです。ほんと、土地に歴史ありですね。私も調べてみて驚きました。詳しくホームページ、およびポッドキャストをチェックしてみてくださいね!

|

2016/01/08

『ピンクとグレー』菅田将暉さんインタビュー

1月9日より公開となる邦画『ピンクとグレー』。その主要キャストの一人、菅田将暉さんにインタビューさせていただきました。

『ピンクとグレー』菅田将暉インタビュー/ NeoL

15年はとにかく「民王」や「ちゃんぽん食べたか」、そして現在放送中のauのCM(鬼ちゃん)をはじめ様々なフィールドで大活躍だった彼。果たして16年はいかなる進化を見せてくれるのか。本当に楽しみでなりません。

取材中も常に周囲を魅了し、率直に胸のうちを語ってくれる素敵な方でした。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2015/11/22

恋人たち

現在公開中の邦画『恋人たち』について書いています。

橋口亮輔監督が傑作『恋人たち』で描く不安と絶望、そして微かな希望/リアルサウンド

同じ長崎県出身ということもあり、ずっと気になり続けてきた橋口監督。前作『ぐるりのこと。』から7年ぶりの新作ということもあって、時代と人間をじっくりと見つめた、研ぎ澄まされた傑作に仕上がっています。あらゆるスマートさをかなぐり捨てて、人間がいやがおうにも必死に這い上がって生きようとする姿を、微かなユーモアすら交えながら描いている。見終わった後、心の中にじっとりと汗とも澱ともつかない何かが、いまだに留まり続けているのを感じています。ほんとうに見応えのある迫真の人間ドラマでした。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2014/01/08

いちばんのお気に入り映画は?

三井住友銀行グループのクレジットカードCedynaの会員様サイトPremium webに「いちばんのお気に入り映画」についてコラム執筆させていただいております。私が選んだのは、2013年に観た映画で最も感銘を受けた『横道世之介』という作品。このチョイスに「そうか、そうか」と笑顔で納得してくださる方、逆に「なんで!?」と首を傾げる方、反応は様々でしょう。自分がなぜここまでこの映画に惹かれるのか。感化されるのか。おそらく私の年齢的なものも大いに関係しているのだと思います。

自分の能力に限界を感じたり、才能のなさに絶望したり、急に言い知れぬ不安が身体を貫いたり。そんな時に私は世之介のことを思い出します。すると、彼があたかも自分の学生時代の親友でもあったかのように、過去から現在に向けて一筋の光を放ってくれる。進むべき道を照らしてくれる。そんな気がするのです。

はたして10年後の自分は、そして30年後の自分は、変わらずこの映画を好きだと、胸を張ってそう言えるのでしょうか。そうであっても、そうでなくても一向に構わない。人は刻一刻と変わっていくものなのですから。ただ、2014年の自分の中で『横道世之介』という映画をめぐって瞬間最大風速が吹いていた事実だけは、これからも大切に抱きしめて生きていきたいと思います。

この記事が参考になりましたら、クリックのほどお願い致します。


TOP】【レビュー】【TWITTER

|

2013/07/25

【予告編】47 RONIN

キアヌ・リーヴスが主演し、その他数多くの日本人キャストを擁して贈る3Dアクション・アドベンチャー"47 Ronin"の第1弾予告編が公開された。タイトルから分かる通り、本作の原案となっているのは「忠臣蔵」。だが今回明らかになったその世界観からすると、どうやら舞台は我々の知る江戸時代などではなく、もっとファンタジー色あふれる設定になっているようだ。

メガホンを取るのは世界的なCM監督として知られるカール・リンシュ。脚本には『ワイルド・スピード』シリーズ4作目以降を手掛けて今ユニバーサルで最高の売れっ子脚本家とも言われるクリス・モーガンと、『ドライヴ』や『スノーホワイト』のホセイン・アミニが参加している。巨額を投資しながら製作が遅れに遅れ、もしやお蔵入りなのでは・・・とも囁かれてきた本作がここまで体制を整えて這い上がってきたことは特筆に値する。『ワールド・ウォーZ』と同じく、起死回生の鮮やかなヒットを手にしてもらいたいものだ。

TOP】【レビュー】【TWITTER

|

その他のカテゴリー

500文字コラム 50音順タイトル awards BOOKS memo NEWS TOP trailer WORDS 【Hero】 【my French Film Festival 2011】 【おいしい映画】 【お年寄りが元気!】 【アート×映画】 【クラシック音楽はお好き?】 【ドキュメンタリー万歳】 【メモ】英国王のスピーチ 【レビュー】 【劇場未公開作】 【劇薬!】 【地域:TOKYO発】 【地域:アジア】 【地域:中東発】 【地域:仏国発】 【地域:北欧発】 【地域:南米発】 【地域:英国発】 【学園という名の社会】 【宇宙で逢いましょう】 【家族でがんばる!】 【文芸】 【新感覚アクション】 【映画×スポーツ】 【映画×偉人】 【生きるためのファンタジー】 【監督:クリント・イーストウッド】 【監督:ジョー・ライト】 【監督:ミシェル・ゴンドリー】 【紛争】 【素晴らしき、黙示録の世界】 【脚本:ピーター・モーガン】 【音楽×映画】 アウシュヴィッツ訪問 イベント、取材 クエンティン・タランティーノ ジョゼフ・ゴードン=レヴィット スティーヴン・キング スティーヴン・スピルバーグ ヒッチコックを観る メディア執筆原稿 一言レビュー 今年のベスト 今年のベスト(2013) 今年のベスト(2006) 今年のベスト(2007) 今年のベスト(2008) 今年のベスト(2009) 今年のベスト(2010) 今年のベスト(2011) 今年のベスト(2012) 全米BOX OFFICE 再起復活ベン・アフレック 旅の記録 映画業界